天智天皇とは?

てんじ てんのう てんぢてんわう天智天皇 ○

626671日本書紀」で第三八代天皇漢風諡号しごう)(在位668671)。名は葛城かずらき皇子一名開別(ひらかすわけの皇子とも。中大兄(なかのおおえの皇子は他の「大兄」と区別するための呼び名和風諡号天命開別(あめみことひらかすわけ)。舒明天皇第二皇子645年大化1)中臣鎌足と図って蘇我そが)氏を滅ぼし、皇太子として改新政治主導即位後、都を大津移し近江令制定。また庚午年籍こうごねんじや)を作り律令体制基礎を築いた。万葉集に歌を収める

てんち てんのう -てんわう天智天皇 ○

てんじてんのう天智天皇

天智天皇

読み方てんじてんのう(626671)

626年飛鳥生まれる。即位前は中大兄皇子同母弟に大海人皇子大友皇子天智の子645年中臣鎌足とはかり、当時権力握りつつあった蘇我入鹿暗殺したことは有名。663年白村江の戦い(唐・新羅連合軍との戦い)で敗れた中大兄は、戦後唐の侵攻備えるため、近江大津宮大津京)に遷都667年)、その翌年即位し、天智天皇となった。大津京時代庚午年籍日本最初戸籍)の作成や時を告げ漏刻設置で知られる。即位4年後の671年崩御。その翌年壬申の乱勃発し、大津京廃絶した。



天智天皇

天智天皇は、名を葛城皇子といい、皇位継承者とされたときに中大兄皇子と称した。
中大兄皇子には異母兄弟古人大兄皇子がおり、古人大兄皇子は、645年大化の改新の際の政変(「乙巳の変(いっしのへん)」)のときに吉野逃れ出家したがのちに謀反のかどで中大兄皇子の兵に捕らえられ殺された。
中大兄皇子にとって蘇我本宗家の蘇我入鹿暗殺に次ぎ、皇位継承最大ライバルを葬ったことになる。
661年斉明天皇崩御したがその後皇太子のまま(称制)政務をみた。
朝鮮半島百済救援するため斉明朝のときに派遣されていた百済遠征軍を阿倍比羅夫らに命じこれを救援させたが、663年白村江(はくすきのえ・「はくそんこう」ともいう)の戦い倭国軍と百済軍は唐・新羅連合軍大攻勢を受けて大敗北した。
しかし、この戦い数多く百済難民渡来日本文化少なからず影響与えることになる。
白村江の戦いに敗れた天智朝は国防重視して、対馬壱岐筑紫防人(主として東国兵士徴発したと考えられている)を設置した。
また、九州福岡大野城大宰府境界堤防造りを注ぎ(水城)外敵備えた。
中大兄皇子667年大和飛鳥から近江大津遷都し、668年に即位して天智天皇となった。
皇后には古人大兄皇子遺児倭姫とした。
のち669年中大兄皇子補佐をし政策全般にわたって関与し、「白村江の戦い」で敗れて緊迫した国内情勢引締め大化の改新推進律令制基礎を築いた中臣鎌足死去した。
この臨終のとき天智天皇は大織冠を賜え藤原姓を名乗ることを許した。
天智天皇は律令整備に力を入れ、律令制度による中央集権国家制度目指したとされているが、「近江令」の成立には疑問視されている。
天智天皇のもとで民の掌握のために日本最初戸籍とされる庚午年籍」(こうごねんじゃく)が670年作成された。
天智晩年皇位につくことを迫られたといわれる同母弟の大海人皇子吉野出家するなど「壬申の乱」が芽生えていた。
それはあたかも天智殺害した吉野古人大兄皇子亡霊みるようだ
671年近江大津宮にて崩御する。


天智天皇 山科陵
(てんじてんのう やましなのみささぎ)

御陵写真 陵印
代   数 :第38
天 皇 名 :天智天皇
てんじてんのう
御   父 舒明天皇
御   母 齊明天皇
御 陵 名 山科
やましなみささぎ
陵   形 :上円下方
所 在 地 京都府京都市山科区御陵上御廟野町
交通機関等 京阪市営地下鉄「御陵」下車  東へ0.4km
陵印保管場所 月輪陵墓監区事務所

天智天皇

読み方:テンジテンノウ(tenjitennou)

分野 浄瑠璃

年代 江戸中期

作者 近松門左衛門


天智天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/16 18:24 UTC 版)

天智天皇(てんぢてんのう、てんじてんのう、626年推古天皇34年〉- 672年1月7日〈天智天皇10年12月3日〉)は、日本の第38代天皇(在位:668年2月20日〈天智天皇7年1月3日〉- 672年1月7日〈天智天皇10年12月3日〉)。




注釈

  1. ^ 扶桑略記』では病死説の後一説として「一云 天皇駕馬 幸山階鄕 更無還御 永交山林 不知崩所 只以履沓落處爲其山陵 以往諸皇不知因果 恒事殺害」とあり山中で行方不明になったとされている。これには四国の山中で崩御した説があり、愛媛県の大生院郷土誌では「天智天皇が京都をお立ちになった後、ひそかに当国へ行幸なされたが、この地に崩御あそばされ、おそれおおくも御陵地とせられた所で、後世の人が神社としたものである。」と記されている。 この他にも天武天皇側による暗殺説もあり、「日本書紀は天武天皇側が編纂したものなので自分たちに都合の悪いことは書かない」と扶桑略記の信憑性は高いとの見解もある。
  2. ^ よく似た「秋田刈る仮庵を作りわが居れば衣手寒く露そ置きにける」というのが万葉集に詠み人知らずと収められている。内容から農民が詠んだ歌で、その辛さを思いやる慈悲深い天皇の心を示す歌として語り継がれるようになった[4]

出典

  1. ^ 漏刻について”. 近江神宮時計館宝物館. 2018年8月19日閲覧。
  2. ^ 高島正人『藤原不比等』吉川弘文館〈人物叢書〉、1997年、62頁。
  3. ^ 森鷗外「帝諡考」による説。
  4. ^ 田辺聖子『田辺聖子の古典まんだら』上、新潮社〈新潮文庫〉、2013年、65頁。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「天智天皇」の関連用語

天智天皇のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



天智天皇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
大津市歴史博物館大津市歴史博物館
Copyright (C) OTSU CITY MUSEUM OF HISTORY
歴史浪漫歴史浪漫
Copyright(C)2020.1.1 ~@Hinet Suzuki Minoru  All Rights Reserved Since-1998.11.21
宮内庁宮内庁
Copyright © 2020 Imperial Household Agency. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの天智天皇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS