皇極とは?

こう‐きょく クヮウ‥ 【皇極】

〔名〕

政治根本である、かたよりのない中正道。大中至正道。

経国集(827)二〇・紀真象対策文「七十二君。皇極之猷可験」

翁問答(1650)下「そのすすむるところの善、皇極(クヮウキョク)の至善にあらず」〔書経洪範

天皇の位。帝位。〔干宝‐晉紀総論


斉明天皇

(皇極 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/27 15:27 UTC 版)

皇極天皇(こうぎょくてんのう)、重祚して斉明天皇(さいめいてんのう、齊明天皇594年推古天皇2年〉- 661年8月24日〈斉明天皇7年7月24日〉)は、日本の第35代天皇(在位:642年2月19日〈皇極天皇元年1月15日〉- 645年7月12日〈皇極天皇4年6月14日〉)および第37代天皇(在位:655年2月14日〈斉明天皇元年1月3日〉- 661年8月24日〈斉明天皇7年7月24日〉)。


注釈

  1. ^ この62歳での即位は光仁天皇と並ぶ高齢記録だが、斉明天皇は重祚であるため最高齢記録として捉えられることは稀である。
  2. ^ 百済の大使は余宜受、副使は調信仁で、総員100余人であった。
  3. ^ 新羅は弥武を人質にし、別に12人を才伎人にしたが、弥武は病死。
  4. ^ 地方史研究所編「余市」に瀧川政次郎「後方羊蹄」=余市説
  5. ^ 北海道歴史家協議会編「歴史家―第四号」河野廣道 胆振鉏=勇払又は江別、後方羊蹄=江別と苫小牧の間とする説など。

出典

  1. ^ 『ビジュアル日本史ヒロイン1000人』20頁
  2. ^ 木下正史『古代の漏刻と時刻制度』(吉川弘文館、2020年)P363-375.
  3. ^ 苫小牧駒澤大学:駒大在学生応援:インターネット講座■ 第4回 北海道と胆振地方の古代史アーカイブ
  4. ^ 余市町でおこったこんな話 その158「『余市』の刊行と阿倍比羅夫(その2)」|まちの紹介 |北海道余市町ホームページ
  5. ^ 西鶴定嘉 「樺太史の栞」
  6. ^ 消えた北方民族の謎追う 古代「オホーツク人」北大が調査。朝日新聞2009年2月4日
  7. ^ オホーツク人のDNA解読に成功ー北大研究グループー 北海道新聞2012年6月18日朝刊
  8. ^ 直木孝次郎『神話と歴史』(2006年吉川弘文館)
  9. ^ 奈良県立図書情報館長・帝塚山大学特別客員教授 千田稔 (2014年4月8日). “斉明天皇(3)「狂心」と非難された無謀な運河開削”. 産経WEST. 産経新聞. 2016年2月3日閲覧。
  10. ^ “帝斉明天皇の陵墓と特定 奈良・牽牛子塚古墳” (日本語). 47NEWS (共同通信). (2010年9月9日). http://www.47news.jp/CN/201009/CN2010090901000532.html 2010年9月9日閲覧。 
  11. ^ a b 『古代政治史における天皇制の論理』(吉川弘文館、1986年)P54-60
  12. ^ a b 佐藤長門「七世紀における倭王権の展開過程」(初出:『国学院大学研究紀要』39号、2001年/所収:佐藤『日本古代王権の構造と展開』吉川弘文館、2009年 ISBN 978-4-642-02471-6




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「皇極」の関連用語

皇極のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



皇極のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの斉明天皇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS