瀧川政次郎とは?

瀧川政次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/28 02:11 UTC 版)

瀧川 政次郎(たきかわ まさじろう、1897年5月26日 - 1992年1月29日)は、日本法学者。専門は法制史法律学の立場から法制史の体系化に尽力する。学位法学博士國學院大學名誉教授。大阪府大阪市西区出身。


  1. ^ 『第一高等学校一覧 自大正9年至大正10年』第一高等学校、1921年、p.110
  2. ^ 東京帝国大学要覧 従大正11年 至大正12年』 東京帝国大学、1923年、(3)頁。 
  3. ^ 九州帝国大学一覧 : 附・第八臨時教員養成所一覧 大正14年』 九州帝国大学、1925年、241頁。 
  4. ^ a b 九州帝国大学一覧 昭和5年』 九州帝国大学、1930年、117頁。 
  5. ^ 書誌事項(CiNii Dissertations)”. 国立情報学研究所. 2017年5月4日閲覧。
  6. ^ 荊木美行「瀧川政次郎博士と中国法制史」『金石文と古代史料の研究』燃焼社、2014年、276-278頁。
  7. ^ 荊木美行「瀧川政次郎博士と中国法制史」『金石文と古代史料の研究』燃焼社、2014年、278-280頁。
  8. ^ 荊木美行「瀧川政次郎博士と中国法制史」『金石文と古代史料の研究』燃焼社、2014年、279、280頁。
  9. ^ a b 荊木美行「瀧川政次郎博士と中国法制史」『金石文と古代史料の研究』燃焼社、2014年、280、282頁。
  10. ^ 満洲国国務院総務庁人事処編『満洲国官吏録 康徳7年4月1日現在』1940年、p.39
  11. ^ 荊木美行「瀧川政次郎博士と中国法制史」(『金石文と古代史料の研究』燃焼社、2014年)280頁。
  12. ^ 荊木美行「瀧川政次郎博士と中国法制史」『金石文と古代史料の研究』燃焼社、2014年、281頁。
  13. ^ 『三木鶏郎回想録2 冗談音楽スケルツォ』p.416
  14. ^ 地方史研究所編「余市」に瀧川政次郎「後方羊蹄」=余市説など
  15. ^ 『評伝高橋和巳』


「瀧川政次郎」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「瀧川政次郎」の関連用語

瀧川政次郎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



瀧川政次郎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの瀧川政次郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS