博士とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 博士 > 博士の意味・解説 

はか‐せ【博士】

読み方:はかせ

学問その道知識にくわしい人。「お天気—」「物知り—」

学位の「博士(はくし)」の俗称。「—号」「文学—」

律令制官名大学寮明経(みょうぎょう)・紀伝(のちに文章(もんじょう))・明法(みょうぼう)・算・音・書陰陽(おんよう)寮に陰陽・暦天文漏刻典薬寮に医・呪禁(じゅごん)などの各博士が置かれそれぞれ専門学業教授した

(「墨譜」とも書く)声明(しょうみょう)の経文傍ら記して音の高低長短を示す記号上がり下がりなど音の動きを線で視覚的に表した目安(めやす)博士と、音階(宮・商・角・徴(ち)・羽)を文字または記号表した五音(ごいん)博士とに大別される節博士(ふしはかせ)。


はく‐し【博士】

読み方:はくし

学位の一。大学院博士課程修了し博士論文審査および試験合格した者に授与されるもの(課程博士)と、博士論文審査合格して博士課程修了同等上の学力があると認められた者に授与されるもの(論文博士)がある。ドクター

⇒はかせ(博士)


博士

読み方:ハカセ(hakase)

その方面のことに詳しい人


博士

読み方:ハカセ(hakase)

古代官職大学博士別称


博士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/29 09:14 UTC 版)

博士 (はくし、はかせ: Ph.DまたはD.Ph : Doctor's degree ドクター・ディグリー)(日本学位は「はくし」、昔の大学寮の官職名は「はかせ」であった)は、多くの国の高等教育機関・体系の中で与えられる学位のうち最高位のものである(博士の学位参照)。国によっては事実上博士より上位の学位が存在することもある(例:明治31年廃止された[1]大博士)。英語からドクターともいい[2]、世界の教育レベルを分類しているISCEDでは最高位のレベル8、欧州資格フレームワーク (EQF) でも最高位のレベル8と定義されている。


注釈

  1. ^ 体裁が悪いという理由で後に「返仁会」に改称されている。

出典

  1. ^ a b 16 我が国の学位制度の主な変遷|文部科学省
  2. ^ 新村出広辞苑 第六版』(岩波書店2011年)2236頁および松村明編『大辞林 第三版』(三省堂2006年)2018頁参照。
  3. ^ a b 「博士」の末は…就職難 かつては名誉、変わりゆく境遇:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル. 2021年3月20日閲覧。
  4. ^ a b c d e 井原望「技術者のための社会人ドクターのススメ」『生物工学会誌』第94巻第8号518頁(2016年)
  5. ^ 前期2年の課程を除く
  6. ^ 大学改革支援・学位授与機構より、大学院の博士課程に相当する教育を行なうと認められたもの(防衛大学校防衛医科大学校国立看護大学校
  7. ^ 前期2年の課程を含む
  8. ^ 大学改革支援・学位授与機構より、大学院の修士課程に相当する教育を行なうと認められたもの(防衛大学校防衛医科大学校国立看護大学校水産大学校職業能力開発総合大学校
  9. ^ 専門職大学を除く。また学部に置かれる学科のうち、専門職学科を除く
  10. ^ a b 専門職短期大学を除く
  11. ^ a b 大学改革支援・学位授与機構より、大学の学部を卒業した者と同等以上の学力を有すると認められた者
  12. ^ 大学改革支援・学位授与機構より、大学の学部に相当する教育を行なうと認められたもの(防衛大学校防衛医科大学校国立看護大学校水産大学校職業能力開発総合大学校海上保安大学校気象大学校
  13. ^ 専門職学科を除く
  14. ^ a b c 学位規則(昭和28年文部省令第9号) 第5条の2
  15. ^ オックスフォード大学. “University of Oxford answers”. 2015年9月1日閲覧。
  16. ^ オックスフォード大学. “University of Oxford”. 2015年9月1日閲覧。
  17. ^ Research Doctorate Programs”. americangraduateeducation.com. 2015年9月1日閲覧。
  18. ^ The page cannot be found (404 Error), EPSRC website”. epsrc.ac.uk. 2015年9月1日閲覧。
  19. ^ 文部省令 学位規則「第10条 大学及び独立行政法人大学改革支援・学位授与機構は、学位を授与するに当たっては、適切な専攻分野の名称を付記するものとする。同 第11条 学位を授与された者は、学位の名称を用いるときは、当該学位を授与した大学又は独立行政法人大学改革支援・学位授与機構の名称を付記するものとする。」
  20. ^ 内務省衛生局編『日本医籍』忠愛社明22
  21. ^ 中央教育審議会大学分科会大学院部会(第62回)資料4-1 学位論文の「公表」に係る法令上の取扱いについて(2012年10月5日)
  22. ^ 国立国会図書館「博士論文の国立国会図書館への送付等について」(2013年3月11日)
  23. ^ 国立国会図書館リサーチ・ナビ「国内博士論文」
  24. ^ 朝日新聞』2009年6月6日、東京版朝刊、37頁
  25. ^ The AQF Second Edition, Department of Education and Training, (2013-01), http://www.aqf.edu.au/aqf/in-detail/2nd-ed-jan-2013/ 
  26. ^ 「日立返仁会とは」(HITACHI)
  27. ^ 【科学記者の目】「博士は就職できない」に変化/優秀な即戦力に企業動く『日経産業新聞』2019年10月26日(先端技術面)
  28. ^ 食べていけない博士を量産、国内の博士人材追跡調査”. 大学ジャーナルオンライン (2022年2月2日). 2022年2月25日閲覧。
  29. ^ 工学・理学・社会・人文…日本で「博士号」取得後に待ち受ける“リアルな格差””. 現代ビジネス (2022年2月23日). 2023年3月22日閲覧。
  30. ^ 朝日新聞』2008年1月6日朝刊、東京版、34面。
  31. ^ 博士の学位授与の取消しについて”. 東京大学. 2022年2月25日閲覧。
  32. ^ 京大が初の博士号取り消し 論文盗用を認定|文化・ライフ|地域のニュース|京都新聞”. 京都新聞. 2022年2月25日閲覧。
  33. ^ 東京大学、論文に関する不正行為で3名の博士号取り消し”. リセマム. 2022年2月25日閲覧。
  34. ^ 学位授与の取消しについて”. 国立大学法人 東京医科歯科大学. 2022年2月25日閲覧。
  35. ^ 学位授与の取消し及び学位記の返還について”. 広島大学. 2022年2月25日閲覧。



博士(はかせ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/21 14:20 UTC 版)

美少女戦隊ペタリコン」の記事における「博士(はかせ)」の解説

国立正義秘密部隊司令で、自称純粋な変態眼帯付けている。周囲からは「エロジジイ」と認識されている。

※この「博士(はかせ)」の解説は、「美少女戦隊ペタリコン」の解説の一部です。
「博士(はかせ)」を含む「美少女戦隊ペタリコン」の記事については、「美少女戦隊ペタリコン」の概要を参照ください。


博士(ドクター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/23 04:42 UTC 版)

七年目のかぞえ唄」の記事における「博士(ドクター)」の解説

心霊研究所(Psychic Research Center)の所長ポーラ相談受けて話を聞き今回事件現在のセシリーの心の在り方にあり、彼女の潜在意識憎しみ化身である「喪服の少女」を動かし怪異引き起こしていると指摘する

※この「博士(ドクター)」の解説は、「七年目のかぞえ唄」の解説の一部です。
「博士(ドクター)」を含む「七年目のかぞえ唄」の記事については、「七年目のかぞえ唄」の概要を参照ください。


博士(はかせ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/16 07:47 UTC 版)

第三世界の長井」の記事における「博士(はかせ)」の解説

秘密防衛組織ドングリーズ」の博士を自称する男。『科学忍者隊ガッチャマン』南部博士酷似し容貌をしているがほぼ常に直立不動正面向き表情も全く変わらず、まるでコピー様に動じない仰々しい話し方で、長井宇宙人との戦闘命じる。長井同様「アンカー」の設定改変され存在であり、話す内容支離滅裂である。頭頂部に巨大なトゲ生やしている。一人称は「わい」。

※この「博士(はかせ)」の解説は、「第三世界の長井」の解説の一部です。
「博士(はかせ)」を含む「第三世界の長井」の記事については、「第三世界の長井」の概要を参照ください。


博士(声:吉良克哉)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/13 01:40 UTC 版)

はりきり体育ノ介」の記事における「博士(声:吉良克哉)」の解説

フルネームは博士博士(はくし ひろし)天才科学者自称するがやや抜けた部分もある。体育ノ介体育の力をつけさせるため日夜研究している。様々な運動のプロ」のデータ所有し体育ノ介鍛錬活かす

※この「博士(声:吉良克哉)」の解説は、「はりきり体育ノ介」の解説の一部です。
「博士(声:吉良克哉)」を含む「はりきり体育ノ介」の記事については、「はりきり体育ノ介」の概要を参照ください。


博士(ドクター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/17 07:33 UTC 版)

イナズマン (漫画)」の記事における「博士(ドクター)」の解説

桜山高校4人組1人他の人間物体人形)に乗り移る超能力を持つ。揮大坊玲次郎サブロウ戦わせた後揮大坊ごとサブロウ爆弾殺そうとしたり、サブロウの母親に似せた機械人形使いサブロウたちを襲わせ敗北後機械人形爆破するなど、二重三重の手を打つが、その結果、揮大坊コングサブロウ仲間になってしまう。最後チカメネズミと共にサブロウ超能力封じられた。

※この「博士(ドクター)」の解説は、「イナズマン (漫画)」の解説の一部です。
「博士(ドクター)」を含む「イナズマン (漫画)」の記事については、「イナズマン (漫画)」の概要を参照ください。


博士(「ジキル・ルパンとハイド・ルパン」)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/11 06:38 UTC 版)

ルパン三世 新冒険」の記事における「博士(「ジキル・ルパンとハイド・ルパン」)」の解説

偽ルパン共謀し、ある時間となると人間精神容姿変貌する「変身病」という架空の病をでっち上げルパンに「ジキルとハイド」のように自分非道知らぬ間に犯しているように思いこませたルパンとは長年付き合いであり、ルパンも博士の事を信用していたため一度騙されてしまった。

※この「博士(「ジキル・ルパンとハイド・ルパン」)」の解説は、「ルパン三世 新冒険」の解説の一部です。
「博士(「ジキル・ルパンとハイド・ルパン」)」を含む「ルパン三世 新冒険」の記事については、「ルパン三世 新冒険」の概要を参照ください。


博士(「両面まち!」)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/11 06:38 UTC 版)

ルパン三世 新冒険」の記事における「博士(「両面まち!」)」の解説

優れた頭脳を持つ博士。仲間加わって欲しルパン勧誘拒否し神経毒ガスや特殊ゴムなどの装置備えた部屋立て籠もる無類麻雀好きであり、イカサマを嫌う。ルパン策略により部屋から連れ出され「千点負けるごとに1ヵ月ルパン研究所で働く」というルパン賭け麻雀提案乗るが、結局二十万点負け百年ルパンの元で働くことになった

※この「博士(「両面まち!」)」の解説は、「ルパン三世 新冒険」の解説の一部です。
「博士(「両面まち!」)」を含む「ルパン三世 新冒険」の記事については、「ルパン三世 新冒険」の概要を参照ください。


博士(本名不明)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 08:30 UTC 版)

すすめ!!ダイナマン」の記事における「博士(本名不明)」の解説

ダイナマンが住む町の科学者雨の日に人に傘を貸して勝手に人体実験として研究をしたり、自爆装置付きのレーシングカー・スパイセットを作ったり、生きた解剖しようとするとんでもない人物透明人間になれる薬小さくなる薬惚れ薬等を開発したりと科学者としての腕は本物で、技術も高いが、それを活かせていない

※この「博士(本名不明)」の解説は、「すすめ!!ダイナマン」の解説の一部です。
「博士(本名不明)」を含む「すすめ!!ダイナマン」の記事については、「すすめ!!ダイナマン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「博士」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

博士

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 11:43 UTC 版)

名詞

ハクシ ハカセ

  1. 一般に「はかせ」)律令制における官職大学寮などで、学生教授する職又はその職に就いている者。
  2. 現代日本における、学位最高位、又は、その位を有する者。
  3. 各国における、"doctor"など高位学位訳語
  4. 一般に「はかせ」)ある分野関し豊富な知識を持つ人に対する称。

発音(?)

は↘くし
は↘かせ

関連語

熟語

翻訳

学位


「博士」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



博士と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「博士」の関連用語

博士のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



博士のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの博士 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの美少女戦隊ペタリコン (改訂履歴)、七年目のかぞえ唄 (改訂履歴)、第三世界の長井 (改訂履歴)、はりきり体育ノ介 (改訂履歴)、イナズマン (漫画) (改訂履歴)、ルパン三世 新冒険 (改訂履歴)、すすめ!!ダイナマン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの博士 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS