博士とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 博士 > 博士の意味・解説 

はか‐せ【博士】

学問その道知識にくわしい人。「お天気—」「物知り—」

学位の「博士(はくし)」の俗称。「—号」「文学—」

律令制官名大学寮明経(みょうぎょう)・紀伝(のちに文章(もんじょう))明法(みょうぼう)・算・音・書陰陽(おんよう)寮に陰陽・暦天文漏刻典薬寮に医・呪禁(じゅごん)などの各博士が置かれ、それぞれ専門学業教授した。

(「墨譜」とも書く)声明(しょうみょう)の経文傍らに記して、音の高低長短を示す記号上がり下がりなど音の動きを線で視覚的表し目安(めやす)博士と、音階(宮・商・角・徴(ち)・羽)を文字または記号表し五音(ごいん)博士とに大別される。節博士(ふしはかせ)。


はく‐し【博士】

学位の一。大学院博士課程修了し、博士論文審査および試験合格した者に授与されるもの(課程博士)と、博士論文審査合格して博士課程修了同等以上の学力があると認められた者に授与されるもの(論文博士)がある。ドクター

⇒はかせ(博士)


博士

読み方:ハカセ(hakase)

その方面のことに詳しい人


博士

読み方:ハカセ(hakase)

古代官職大学博士の別称。


博士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 00:32 UTC 版)

博士 (はくし、: Ph.DまたはD.Ph : Doctor's degree ドクター・ディグリー)(日本学位は「はくし」、昔の大学寮の官職名は「はかせ」)は、多くの国の高等教育機関・体系の中で与えられる学位のうち最高位のものである(博士の学位参照)。国によっては事実上博士より上位の学位が存在することもある(例:明治31年廃止された[1]大博士)。英語からドクターともいい[2]、世界の教育レベルを分類しているISCEDでは最高位のレベル8、欧州資格フレームワーク (EQF) でも最高位のレベル8と定義されている。


注釈

  1. ^ 体裁が悪いという理由で後に「返仁会」に改称されている。

出典

  1. ^ a b 16 我が国の学位制度の主な変遷|文部科学省
  2. ^ 新村出広辞苑 第六版』(岩波書店2011年)2236頁および松村明編『大辞林 第三版』(三省堂2006年)2018頁参照。
  3. ^ a b 「博士」の末は…就職難 かつては名誉、変わりゆく境遇:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年3月20日閲覧。
  4. ^ 食べていけない博士を量産、国内の博士人材追跡調査” (日本語). 大学ジャーナルオンライン (2022年2月2日). 2022年2月25日閲覧。
  5. ^ 工学・理学・社会・人文…日本で「博士号」取得後に待ち受ける“リアルな格差”(現代ビジネス)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年2月25日閲覧。
  6. ^ a b c d e 井原望「技術者のための社会人ドクターのススメ」『生物工学会誌』第94巻第8号518頁(2016年)
  7. ^ オックスフォード大学. “University of Oxford answers”. 2015年9月1日閲覧。
  8. ^ オックスフォード大学. “University of Oxford”. 2015年9月1日閲覧。
  9. ^ Research Doctorate Programs”. americangraduateeducation.com. 2015年9月1日閲覧。
  10. ^ The page cannot be found (404 Error), EPSRC website”. epsrc.ac.uk. 2015年9月1日閲覧。
  11. ^ 文部省令 学位規則「第10条 大学及び独立行政法人大学改革支援・学位授与機構は、学位を授与するに当たっては、適切な専攻分野の名称を付記するものとする。同 第11条 学位を授与された者は、学位の名称を用いるときは、当該学位を授与した大学又は独立行政法人大学改革支援・学位授与機構の名称を付記するものとする。」
  12. ^ 内務省衛生局編『日本医籍』忠愛社明22
  13. ^ 【NHK】2014年4月16日付「笹井氏「論文は撤回が適切」」
  14. ^ 朝日新聞』2009年6月6日、東京版朝刊、37頁
  15. ^ The AQF Second Edition, Department of Education and Training, (2013-01), http://www.aqf.edu.au/aqf/in-detail/2nd-ed-jan-2013/ 
  16. ^ 「日立返仁会とは」(HITACHI)
  17. ^ 【科学記者の目】「博士は就職できない」に変化/優秀な即戦力に企業動く『日経産業新聞』2019年10月26日(先端技術面)
  18. ^ 朝日新聞』2008年1月6日朝刊、東京版、34面。
  19. ^ 博士の学位授与の取消しについて” (日本語). 東京大学. 2022年2月25日閲覧。
  20. ^ 京大が初の博士号取り消し 論文盗用を認定|文化・ライフ|地域のニュース|京都新聞” (日本語). 京都新聞. 2022年2月25日閲覧。
  21. ^ 東京大学、論文に関する不正行為で3名の博士号取り消し” (日本語). リセマム. 2022年2月25日閲覧。
  22. ^ 学位授与の取消しについて” (日本語). 国立大学法人 東京医科歯科大学. 2022年2月25日閲覧。
  23. ^ 学位授与の取消し及び学位記の返還について” (日本語). 広島大学. 2022年2月25日閲覧。



博士

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 11:43 UTC 版)

名詞

ハクシ ハカセ

  1. 一般に「はかせ」)律令制における官職大学寮などで、学生教授する職又はその職に就いている者。
  2. 現代日本における、学位最高位、又は、その位を有する者。
  3. 各国における、"doctor"など高位学位訳語
  4. 一般に「はかせ」)ある分野に関し豊富な知識を持つ人に対する称。

発音(?)

は↘くし
は↘かせ

関連語

熟語

翻訳

学位


「博士」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



博士と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「博士」の関連用語

博士のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



博士のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの博士 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの博士 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS