生涯教育とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 哲学 > 考え方 > 生涯教育の意味・解説 

しょうがい‐きょういく〔シヤウガイケウイク〕【生涯教育】


生涯教育/生涯学習

乳幼児から老年にいたるまでの教育あり方を、実社会遊離しがちな学校教育社会に結びついたものにするとともに社会の諸制度教育的整序しつつ、両者のもつ教育的機能作用を、人間発達成熟過程段階に応じて統合し、教育組織化を進めるべきであるとする教育
1965年ユネスコで、技術発達情報化進展を軸として急激に変動する現代社会に対応する教育計画のための教育観として再評価されて脚光を浴びるようになりました。日本70年代初めに、世界に先がけてこの教育論を受け入れました。政府レベルでは81年には中教審が「生涯教育について」を答申し、臨教審がその答申21世紀にむけての生涯学習体系への移行基本にすえた教育改革論を展開し、生涯教育論は、公教育政策基本理念になりました。臨教審答申に基づき88年文部省文部科学省)は、これまでの社会教育局を廃止して生涯学習局を筆頭局として設置し、生涯学習政策推進してきました。さらに中教審の「生涯学習基盤整備について」の答申90年に基づき生涯学習振興法」が制定され、また、生涯学習審議会答申今後社会動向に対応した生涯学習振興方策について」(92年)が提出されました。

生涯学習

(生涯教育 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/06 01:55 UTC 版)

生涯学習(しょうがいがくしゅう、英語:lifelong learning)とは、が生涯にわたり学び学習活動を続けていくこと。日本においては、「人々が自己の充実・啓発や生活の向上のために、自発的意思に基づいて行うことを基本とし、必要に応じて自己に適した手段・方法を自ら選んで、生涯を通じて行う学習」という定義(昭和56年の中央教育審議会答申「生涯教育について」より)が広く用いられている。類似概念に、継続教育がある。




「生涯学習」の続きの解説一覧



生涯教育と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「生涯教育」の関連用語

生涯教育のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



生涯教育のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
財団法人和歌山県人権啓発センター財団法人和歌山県人権啓発センター
Copyright (C) 2020 財団法人和歌山県人権啓発センター All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生涯学習 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS