リカレント教育とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > リカレント教育の意味・解説 

リカレント教育

読み方:リカレントきょういく
別名:学び直し教育回帰教育社会人の学び直しリカレントエデュケーション
英語:recurrent education

社会に出た者(社会人)が教育機関入り直し改め教育を受けるということ、および、そうした活動支援する制度取り組み考え方のこと。

リカレント教育の概念1960年代ヨーロッパにおいて提唱された。いわゆる生涯学習具体あり方一つとして認知されている。

リカレント教育には、高等教育機関大学大学院)で教養深める学び方も含まれれば、職業訓練含まれる教育を受ける時期年齢は問わず、いちど妊娠出産などの事情離職した者や、定年退職した者なども該当し得る

2017年11月現在、日本では政府推進する「人生100年時代構想のもと、定年退職者出産のため離職した女性主な対象とするリカレント教育の拡充議論されている。



リカレント‐きょういく〔‐ケウイク〕【リカレント教育】

《リカレント(recurrent)は、反復循環回帰の意》経済協力開発機構OECD)が提唱する生涯教育構想社会人必要に応じて学校へ戻って再教育を受ける、循環反復型の教育体制


リカレント教育 recurrent education

OECD経済協力開発機構)が提唱した生涯教育構想のひとつ。リカレントは、「循環する」ことを意味し、従来教育学校から社会へという方向で動いていたのに対し、一度社会に出た者の学校への再入学保障し、学校教育社会教育循環的にシステム化することを課題とする。
文部科学省文部省)では、「リフレッシュ教育」という用語で、社会人職業人新たな知識技術修得したり、陳腐化していく知識再生するため、大学院大学等高等教育機関において行う教育推進している。リフレッシュ教育はリカレント教育の一部であり、職業人対象とし、職業上の知識技術内容とし、大学院・大学等で実施される教育をさすとされる。「大学制度改革」の中でもリフレッシュ教育意識した夜間大学院社会人別選入試などの試みが行われている。

リカレント教育

「リカレント教育」とは、経済協力開発機構OECD)が1970年代提唱した生涯教育の一形態で、フォーマル学校教育を終えて社会の諸活動従事してからも、個人必要に応じて教育機関戻り繰り返し再教育を受けられる循環反復型の教育システム指します。リカレント(recurrent)は、反復循環回帰の意味で、日本語では回帰教育循環教育と訳されます。教育制度もとより労働関連政策企業雇用慣行なども併せて再編し、教育機関での学びとそれ以外の労働主とする活動とを、個人生涯通じて交互に行えるように、社会体制改革するのが「リカレント教育」の目指す戦略的構想です。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「リカレント教育」の関連用語

リカレント教育のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



リカレント教育のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
財団法人和歌山県人権啓発センター財団法人和歌山県人権啓発センター
Copyright (C) 2020 財団法人和歌山県人権啓発センター All rights reserved.
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2020 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS