入試とは? わかりやすく解説

にゅう‐し〔ニフ‐〕【入試】

読み方:にゅうし

入学試験」の略。


入学試験

(入試 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/07 11:19 UTC 版)

入学試験(にゅうがく しけん。旧字体入學試驗)とは、入学志願者の中から入学を許可すべき者を決定するために実施される試験[1][2][3][4][5][6]。略して入試(にゅうし)ともいう[2][3]。また、複数の団体が試験内容と実施方法を共通させて一斉に行う入学試験は共通入学試験(きょうつう - )という。


注釈

  1. ^ Common Entrance Examination for Design(en. 頭字語:CEED)は、インドにおける技術設計分野の大学院のための共通入学試験で、全てのインド工科大学 (IIT) とインド理科大学院 (IISc) で毎年実施される。試験はインド政府の人材開発省英語版に代わってインド工科大学ボンベイ校 (en. IITB) の旧インダストリアルデザインセンター (en) が主催している。
  2. ^ 日本語音写例:エントゥランス イグザミネイション、エントランス エグザミネーション。[7][8]
  3. ^ 日本語音写例: - イグザム、- エグザム。[10]
  4. ^ CECommon Entrance (examination) ]
  5. ^ CEEDCommon Entrance Examination for Design ]
  6. ^ ただし、21世紀の日本では俳句を始めとする詩歌以外で使われることはほとんど無い。
  7. ^ 東山中学校・高等学校
  8. ^ 「天に手が届くように見えて決して届かない見えざる壁」の意。
  9. ^ 歳時記によって用語が異なるが、要するに、「人が生活するなかで行うこと」を指す。
  10. ^ マントを翻しながら街灯をゆく受験生はかなり古風なイメージ。
  11. ^ 作者は高校の国語教師であり、1970年代前半の入学試験の頃の日、無事に受験し終えて母校への報告も済ませた生徒達の、すっかり緊張を解いて仲良く帰路に着く様子を、ほっとした心持ちで職員室から眺めた情景を詠んでいる[34]
  12. ^ 「かなしめる」は「愛かなしめる」を意すると同時に「悲かなしめる」でもある。漢字を使っていないのは、「かなしむ」の原義どおりにどちらも含意させているということ。この句では、受験を控えた大変な時期のやり場の無い重圧感のなかで愛犬をいつにも増して可愛がっている少年の、その心の内をおもんばかって詠んでいる。[35]

出典

  1. ^ a b c d e ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』. “入学試験”. コトバンク. 2020年2月7日閲覧。
  2. ^ a b 小学館『デジタル大辞泉』. “入学試験”. コトバンク. 2020年2月7日閲覧。
  3. ^ a b 三省堂大辞林』第3版. “入学試験”. コトバンク. 2020年2月7日閲覧。
  4. ^ a b c d 日立デジタル平凡社世界大百科事典』第2版. “入学試験”. コトバンク. 2020年2月7日閲覧。
  5. ^ a b 小学館『精選版 日本国語大辞典』. “入学試験”. コトバンク. 2020年2月7日閲覧。
  6. ^ 桑原敏明[1]、広瀬義徳[2]、小学館『日本大百科全書(ニッポニカ)』. “試験制度”. コトバンク. 2020年2月7日閲覧。
  7. ^ entrance”. 英辞郎 on the WEB. アルク. 2020年2月7日閲覧。
  8. ^ examination”. 英辞郎 on the WEB. アルク. 2020年2月7日閲覧。
  9. ^ entrance examination”. Weblio英和辞書. ウェブリオ株式会社. 2020年2月7日閲覧。
  10. ^ exam”. 英辞郎 on the WEB. アルク. 2020年2月7日閲覧。
  11. ^ entrance exam”. 英辞郎 on the WEB. アルク. 2020年2月7日閲覧。
  12. ^ a b 受験”. コトバンク. 2020年2月15日閲覧。
  13. ^ 東日本大震災 合格祈願で人気「オクトパス君」宮城・南三陸、復興のシンボル」『産経フォト』産経デジタル、2019年2月4日。2019年2月16日閲覧。
  14. ^ 【変わる進学 大学入試 新時代へ】中学受験 増える「午後入試」日程集中、同日の併願可能に」『朝日新聞デジタル朝日新聞社、2019年2月2日朝刊(第2東京面)。2019年2月16日閲覧。
  15. ^ 井奈波朋子(取材協力) (2013年12月5日). “大学入試の「過去問」 自分のサイトに無断で掲載したら「著作権侵害」になる?”. 弁護士ドットコム. 弁護士ドットコム株式会社. 2019年2月28日閲覧。
  16. ^ 岡田有花「センター試験「リスニング四天王」の衝撃 コラ画像、3D化……止まらない2次創作」『ITmedia News』アイティメディア株式会社、2019年1月21日。2019年2月28日閲覧。
  17. ^ 122校で採点ミス「意識が甘い」と教育長 兵庫県立高校入試」『産経ニュース』産業経済新聞社、2009年4月20日。2020年2月6日閲覧。Archived 2009-04-24 at the Wayback Machine.
  18. ^ 大阪府立高入試、54校採点ミス 4人の不合格取り消し」『朝日新聞デジタル朝日新聞社、2013年6月15日。2020年2月6日閲覧。
  19. ^ 学科なし入試、女子師範でスタート(昭和15年2月25日 大阪毎日新聞(夕刊))『昭和ニュース辞典第7巻 昭和14年-昭和16年』p54 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年
  20. ^ 崔碩栄韓国の大学入試騒ぎに見る「学歴偏重社会」」『WEDGE Infinity』株式会社ウェッジ、2016年11月22日。2019年2月16日閲覧。
  21. ^ a b c 日外アソシエーツ『季語・季題辞典』[3]. “入学試験”. Weblio辞書. ウェブリオ株式会社. 2020年2月7日閲覧。
  22. ^ a b c d 入学試験”. きごさい歳時記. NPO法人 きごさい(季語と歳時記の会) (2010年3月25日). 2020年2月7日閲覧。
  23. ^ 『季語・季題辞典』. “受験”. Weblio辞書. ウェブリオ株式会社. 2020年2月7日閲覧。
  24. ^ 『季語・季題辞典』. “受験生”. Weblio辞書. ウェブリオ株式会社. 2020年2月7日閲覧。
  25. ^ 『季語・季題辞典』. “受験子”. Weblio辞書. ウェブリオ株式会社. 2020年2月7日閲覧。
  26. ^ 『季語・季題辞典』. “受験期”. Weblio辞書. ウェブリオ株式会社. 2020年2月7日閲覧。
  27. ^ 『季語・季題辞典』. “受験禍”. Weblio辞書. ウェブリオ株式会社. 2020年2月7日閲覧。
  28. ^ 『季語・季題辞典』. “受験苦”. Weblio辞書. ウェブリオ株式会社. 2020年2月7日閲覧。
  29. ^ 『季語・季題辞典』. “合格”. Weblio辞書. ウェブリオ株式会社. 2020年2月7日閲覧。
  30. ^ a b 今月の季語(3月) 受験”. カフェきごさい. NPO法人 きごさい(季語と歳時記の会) (2013年2月28日). 2020年2月7日閲覧。
  31. ^ 『季語・季題辞典』. “及第”. Weblio辞書. ウェブリオ株式会社. 2020年2月7日閲覧。
  32. ^ 『季語・季題辞典』. “落第”. Weblio辞書. ウェブリオ株式会社. 2020年2月7日閲覧。
  33. ^ a b c d e f g h i 試験 の俳句”. 575筆まか勢 (2015年3月). 2020年2月7日閲覧。
  34. ^ a b 清水哲男 (2001年1月29日). “受験生呼びあひて坂下りゆく”. 新・増殖する俳句歳時記(公式ウェブサイト). 2020年2月7日閲覧。
  35. ^ a b c 清水哲男 (2000年2月27日). “受験期や少年犬をかなしめる”. 新・増殖する俳句歳時記(公式ウェブサイト). 2020年2月7日閲覧。
  36. ^ a b c d 受験のゲン担ぎは本当に効果がある!?本末転倒にならないジンクスの総まとめ‼ | 中学受験ママのお悩みあれこれ… プロ家庭教師の総合進学セミナー”. www.sougousingaku.co.jp. 2020年6月3日閲覧。
  37. ^ 『勉強頑張れ!』は禁句!受験生に言ってはいけない禁句5選と対処法を東大生が解説!” (日本語). 東大BKK(勉強計画研究)サークル (2018年7月27日). 2020年6月3日閲覧。



入試 (Ipsi)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/05 09:43 UTC 版)

科学高等学校 (韓国)」の記事における「入試 (Ipsi)」の解説

最初の10年ほどは、全国科学高等学校連合問題出題し筆記試験実施し、ここでは一般高校入試に使用する体力章 (身体能力検査結果に応じて与えられるメダル) の点数20点加え、その合計点学生選抜したその後連合筆記試験廃止され学校長推薦・競時大会国内外科学オリンピック受賞者英才教育施設修了生国家有功の子女および海外移民の子女のための特別選考、そして一般選考面接を通じ学生選抜したが、2011年度新入生選抜から自己主導学習選考科学創造性選考選考方法大きく変わったこれらの入試では、私教育誘発する各種競時大会英才教育院の実績などはすべて排除される選考方式詳細は、各科高校ごとに少しずつ異なっている。

※この「入試 (Ipsi)」の解説は、「科学高等学校 (韓国)」の解説の一部です。
「入試 (Ipsi)」を含む「科学高等学校 (韓国)」の記事については、「科学高等学校 (韓国)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「入試」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

入試

出典:『Wiktionary』 (2021/08/06 12:26 UTC 版)

名詞

にゅうし

  1. 入学試験の略。

発音(?)

にゅ↗ーし; nyushi

翻訳

関連語


「入試」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「入試」の関連用語

入試のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



入試のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの入学試験 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの科学高等学校 (韓国) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの入試 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS