朝日新聞社とは? わかりやすく解説

朝日新聞社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/18 14:58 UTC 版)

株式会社朝日新聞社(あさひしんぶんしゃ、: The Asahi Shimbun Company)は、全国紙朝日新聞』を発行する日本新聞社である。ニュースサイトの「朝日新聞デジタル」の運営も行う。


注釈

  1. ^ 1919年(大正8年)に株式会社化して以来、「村山家」(初代当主 村山龍平紀州藩出身の士族だが、娘の藤子の結婚相手として、岸和田藩藩主の岡部家(子爵)から村山長挙を婿養子にした。その岡部家に連なるのが、三菱財閥創業家「岩崎家」である。長挙の実兄は、創業者岩崎弥太郎の娘婿の加藤高明の娘と結婚、さらに末弟は岩崎本家直系と結婚した。村山家を裏から支えてきた岡部家の当主、岡部長職は、鳩山和夫(鳩山家初代当主)とともに、1875年(明治8年)、第一回官費留学生としてイェール大学ブッシュ親子の母校であり、二人が入会していた秘密結社スカル・アンド・ボーンズ」がある)に留学している。岡部と鳩山が同大学で学んでいたのは、アメリカ憲法と国際関係法だった)で4割強、「上野家」(初代当主 上野理一:実兄が豊田善右衛門といい、三井財閥で、当時の主力輸出商品、生糸を生産する三井系店の当主(社長)をしていた)で2割強、合わせて7割近くの株が両家によって保有されてきた[7]
  2. ^ 資本金150万円。株主は村上龍平/藤子、上野理一/清一などで、村山家が全体の58%、上野家が30%、そして社員が12%を所有していた。
    定款22条「株主総会は本社発行の新聞紙の記事論説に干渉することを得ざるものとす」は、白虹事件を機会に書かれたもので、現在にも継承されている。 奥村宏 『徹底検証 日本の五大新聞』 七つ森書館 2009年3月 P 38-39
  3. ^ 輸送上の問題による。ただし、2011年4月から中日新聞北陸本社が石川・富山両県で発行される分の印刷を受け持つことになった(いわゆる、受託印刷。なお、福井県で発行される分については2011年4月以降も京都工場で印刷)関係から大阪本社管轄に戻った
  4. ^ a b c d e f g 1951年3月15日に朝日放送(ABC)として会社設立。同11月11日にラジオ単営局として開局。1959年6月に大阪テレビ放送(OTV)を合併しラジオ・テレビ兼営局となる。2018年4月に朝日放送グループホールディングスへと社名変更・放送持株会社化し、ラジオ放送業務は朝日放送ラジオ(ABCラジオ)、テレビ放送業務は朝日放送テレビ(ABCテレビ)としてそれぞれ子会社の運営に移行。アナウンサーの配属先はABCテレビに移行した。
  5. ^ 野村秋介
  6. ^ なお、石見地区に発送される大阪本社発行版は2008年4月1日以降も従来通り、西部本社管轄の朝日プリンテック北九州工場で印刷されていたが、2010年4月5日からは広島県廿日市市中国新聞社広島制作センターでの印刷に変更された。
  7. ^ この時点での株保有状況を括弧内の2007年3月時点のものと併記する。
    村山美知子 - 14.61%(36.46%)
    上野尚一 - 12.82%(12.82%)
    朝日新聞社従業員持株会 - 12.67%(12.03%)
    テレビ朝日 - 11.88%(0%)
    香雪美術館 - 9.97%(0%)この増加は村山美知子からの寄付。これに対しテレビ朝日の株主構成は下記の通りである。株式持ち合いをするようになったのが分かる。
    朝日新聞社 - 28.85%(33.85%)
    東映 - 16.09%(16.09%)
    香雪美術館 - 5.00%(0%)
    みずほ信託退職給付信託大日本印刷口 - 4.01%(4.01%)
    九州朝日放送 - 3.20%(3.20%)
    奥村宏 『徹底検証 日本の五大新聞』 七つ森書館 2009年3月 P 40
  8. ^ 富山県・石川県の新聞を石川県金沢市にある北陸中日新聞の工場に委託印刷されることによるもの。
  9. ^ 1989年9月〜2011年3月までは東京本社管轄
  10. ^ フランスインターナショナル・ヘラルド・トリビューンと提携した英字紙。
  11. ^ 1950年から1976年まで朝日新聞社単独主催、その後毎日新聞社単独主催を経て、2007年からは毎日新聞社との共催となった。
  12. ^ ただし、中日新聞社との提携が発表された当初は、福井県向けの新聞についても印刷を委託させる予定だった(福井県向けの印刷委託が見送られた理由については不明)
  13. ^ 他の報道機関からの依頼により、有償で航空取材を受託するケースはある。
  14. ^ 大日本除虫菊・キンチョールのホーロー看板のコラージュ

出典

  1. ^ 役員・組織図 - 株式会社朝日新聞社
  2. ^ アクセスマップ”. 朝日新聞社. 2023年8月11日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k 株式会社朝日新聞社『第170期(2022年4月1日 - 2023年3月31日)有価証券報告書』(レポート)2023年6月29日。 
  4. ^ 株式会社朝日新聞社の情報”. 法人番号公表サイト. 国税庁. 2022年9月23日閲覧。
  5. ^ ABC協会 新聞発行社レポート 22年下半期平均部数 全国紙の部数大幅減続く”. 文化通信デジタル (2023年2月28日). 2023年3月20日閲覧。
  6. ^ 作曲家・古関裕而もうひとつの世界。貴重な社歌を集めたCDが遂にリリース!”. PRTIMES. 日本コロムビア (2020年12月23日). 2023年7月19日閲覧。
  7. ^ ベンジャミン・フルフォード『ステルス・ウォー』 講談社 2010年 ISBN 9784062161244
  8. ^ 本社とテレ朝、新たな提携枠組み合意 株式相互持ち合い - asahi.com 2008年6月6日(2008年6月7日時点のアーカイブ
  9. ^ 「報道界の赤色分子解雇」『日本経済新聞』昭和25年7月29日3面
  10. ^ 朝日新聞百年史編修委員会『朝日新聞社史 昭和戦後編』朝日新聞社、1994年、257頁。 
  11. ^ 朝日新聞百年史編修委員会『朝日新聞社史 昭和戦後編』朝日新聞社、1994年、257-259頁。 
  12. ^ 「ベルマーク」は個人で集めたものも交換可能なの?交換の仕組みって?”. ファイナンシャルフィールド (2022年7月27日). 2022年10月11日閲覧。
  13. ^ a b 朝日新聞百年史編修委員会『朝日新聞社史 昭和戦後編』朝日新聞社、1994年、322頁。 
  14. ^ 朝日新聞名古屋本社五十年史編修委員会 編『朝日新聞名古屋本社五十年史』朝日新聞名古屋本社、1985年、419頁。 
  15. ^ 報道と人権委員会 朝日新聞、朝日新聞社インフォメーション > 朝日新聞社CSR報告書・会社案内 > 報道と人権 > 報道と人権委員会/国連グローバル・コンパクト
  16. ^ 朝日新聞社からのお知らせ 2007年4月2日(2007年4月21日時点のアーカイブ
  17. ^ 2,619 CIA Sources: The Crowley Files
  18. ^ 朝日新聞社が「Twitter」開始、日本対カタール戦を中継
  19. ^ 中日新聞社と相互委託印刷で提携します 2009年10月15日(2009年10月18日時点のアーカイブ
  20. ^ 朝日新聞社が紀伊民報と業務提携 2010年1月18日(2010年1月19日時点のアーカイブ
  21. ^ 「電子書籍のオープンプラットフォーム構築へ」 ソニー、KDDI、凸版、朝日新聞が新会社 iPad、Kindle対応の可能性も
  22. ^ ソニー・KDDI陣営の電子書籍配信事業会社 「ブックリスタ」発足
  23. ^ 朝日新聞2014年8月5日13版1面、16面・17面、6日12版16面・17面、7日7面
  24. ^ 読売新聞2014年9月12日13S2・3・4・6・38・38面
  25. ^ 読売新聞夕刊2014年9月13日3版12面
  26. ^ 朝日新聞の慰安婦報道 第三者委初会合 2014年10月10日
  27. ^ 報道と人権委員会、朝日新聞報道を審理へ 吉田調書 2014年9月12日
  28. ^ 信頼回復と再生のための委員会発足 社外から4氏 2014年10月14日
  29. ^ 読売新聞2014年10月16日13S版38面
  30. ^ 読売新聞2014年12月6日13S版1面
  31. ^ 朝日新聞のPCがウイルス感染 メール一部流出(ANN)
  32. ^ 森友・加計問題の著書巡り文芸評論家らを提訴 朝日新聞”. 朝日新聞デジタル. 2017年12月25日閲覧。
  33. ^ 小川榮太郎氏ならびに飛鳥新社に対する訴訟提起について”. 朝日新聞社. 2017年12月25日閲覧。
  34. ^ 朝日新聞「希望退職100人募集」のリストラ事情【社外秘の労組アンケート結果付き】”. ダイヤモンド・オンライン (2021年3月27日). 2022年7月7日閲覧。
  35. ^ a b 朝日新聞社、道新グループに包括委託 印刷・輸送・代金回収業務など”. 朝日新聞 (2023年3月17日). 2023年3月17日閲覧。
  36. ^ a b 本紙購読料改定のお知らせ”. 朝日新聞社インフォメーション (2023年4月5日). 2023年4月5日閲覧。
  37. ^ 朝日新聞が5月から値上げ 朝夕刊セット4900円に”. 共同通信 (2023年4月5日). 2023年4月5日閲覧。
  38. ^ 信濃毎日新聞に朝日新聞の印刷委託 長野全域で来年春から:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2024年2月2日). 2024年2月7日閲覧。
  39. ^ 朝日新聞、北海道内の夕刊を休止へ…経費上昇やデジタルサービスの利用者増”. 読売新聞オンライン (2024年2月7日). 2024年2月7日閲覧。
  40. ^ グループ企業 | 朝日新聞社の会社案内”. 朝日新聞社インフォメーション. 2022年9月23日閲覧。
  41. ^ <お知らせ>Aプロ社に社名変更 朝日マリオン21:朝日新聞デジタル”. web.archive.org (2016年4月1日). 2016年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月23日閲覧。
  42. ^ 会社情報 - 朝日新聞メディアプロダクション(Aプロ社)”. a-production.co.jp. 2022年9月23日閲覧。
  43. ^ トッパンメディアプリンテック東京の会社概要と沿革”. www.toppan-mpt.co.jp. 2022年9月23日閲覧。
  44. ^ 会社概要|組織図|朝日産業”. www.ask-sangyo.co.jp. 2022年9月23日閲覧。
  45. ^ 大株主の状況”. 博報堂DYホールディングス. 2021年7月26日閲覧。
  46. ^ 株式の状況”. WOWOW. 2021年7月26日閲覧。
  47. ^ 総務省 電波利用ホームページ|その他|地上系放送事業者”. 総務省. 2022年9月23日閲覧。
  48. ^ 朝日新聞社長 木村伊量氏に名誉大英勲章CBE GOV.UK - 2014年10月21日
  49. ^ 東大・朝日シンポジウム
  50. ^ 東大・朝日共同調査(2009年12月13日時点のアーカイブ
  51. ^ 航空部小史”. 朝日新聞社の会社案内. 2022年8月29日閲覧。
  52. ^ 春原昭彦. “朝日の隆盛と航空事業の発展に貢献 美土路昌一(みどろ・ますいち)”. ニュースパーク(日本新聞博物館). 2022年8月29日閲覧。
  53. ^ 空に生き、空に死す〜法政と航空の発展に尽力した中野勝義〜”. 法政大学 (2020年3月2日). 2022年8月29日閲覧。
  54. ^ 2016年 報道パイロット採用募集要項
  55. ^ 全国高校野球開幕 本社ヘリからボール投下 第94回全国高校野球選手権大会の開幕試合 朝日新聞デジタル 2012-08-09
  56. ^ a b c 航空部”. 朝日新聞社の会社案内. 2022年8月29日閲覧。
  57. ^ 朝日新聞社航空部格納庫見学ツアー | 特集ページ | 朝日カルチャーセンター
  58. ^ 深川孝行 (2024年3月31日). “ANAの生みの親は「朝日新聞」だった? 日本を代表する航空会社と大新聞社の知られざる蜜月関係とは”. Merkmal(メルクマール). 2024年4月6日閲覧。
  59. ^ 片岡正巳 1991, pp. 61–64.
  60. ^ 「乱暴の朝日記者逮捕 酔って警察署長に取材強要」『産経新聞』、1980年5月12日、東京朝刊、19面。
  61. ^ 「朝日記者、署長に乱暴で逮捕 夜の警察公舎、酔って取材強要」『読売新聞』、1980年5月12日、東京夕刊、10面。
  62. ^ 「取材でもめ、朝日新聞記者逮捕 富坂署長宅で」『日本経済新聞』、1980年5月12日、東京夕刊、11面。
  63. ^ 「朝日新聞記者を逮捕 取材先の署長に乱暴」『毎日新聞』、1980年5月12日、東京夕刊、7面。
  64. ^ 「警察公舎で本社記者逮捕さる 取材でトラブル」『朝日新聞』、1980年5月12日、東京夕刊、10面。
  65. ^ 片岡正巳 1991, pp. 64–68.
  66. ^ 「大手建設会社首脳会議場に盗聴器仕掛ける ホテルで、不審な若い男逃走」『読売新聞』、1981年2月17日、東京朝刊、23面。
  67. ^ 「盗聴器取材は朝日記者 建設業界首脳会で仕掛け 退社処分」『読売新聞』、1981年2月19日、東京朝刊、23面。
  68. ^ 「ニューオータニの盗聴器事件 仕掛けたのは朝日記者 「取材倫理にもとる」 退社処分に 警察も書類送検へ」『産経新聞』、1981年2月19日、東京朝刊、17面。
  69. ^ 「ホテル会議場に盗聴器」『朝日新聞』、1981年2月18日、東京朝刊、22面。
  70. ^ 「おわび」『朝日新聞』、1981年2月19日、22面。
  71. ^ 裏切りの朝日記者…内部告発を無断録音 - ZAKZAK 2004年8月6日(2004年10月12日時点のアーカイブ
  72. ^ 「朝日新聞社記者を退社処分 取材の録音外部に流す」 『朝日新聞』 2004年08月06日朝刊
  73. ^ 朝日からウィキペディア修正820件! 厚労省の8倍の仰天事実 - Jcastニュース 2007年9月12日
  74. ^ 朝日新聞の編集局員が2ちゃんねるに差別的な書き込み”. Impress Watch. インプレス (2009年4月1日). 2022年9月23日閲覧。
  75. ^ 朝日新聞社員 2ちゃんねるに差別表現の書き込み”. J-CAST ニュース. J-CAST (2009年4月1日). 2022年9月23日閲覧。
  76. ^ 本社編集局員、差別表現をネットに投稿”. asahi.com (2009年4月3日). 2009年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月23日閲覧。
  77. ^ 朝日新聞中国版ツイッターが謝罪 石原氏関連記事に「小鬼子」で炎上 j-cast news 2012年11月6日
  78. ^ 「日本人をジャップと呼んで」とつぶやいた朝日新聞の説明
  79. ^ 実物画像
  80. ^ 韓国人差別ステッカーを議員会館で販売 自民議員側は関係否定して困惑顔 ジェイ・キャスト 2013年5月14日
  81. ^ 沖縄対策本部■【緊急報告】朝日新聞社会部、西銘事務所へ謝罪、石橋英昭記者注意、ツイッター削除
  82. ^ “共同、朝日記者ら書類送検へ=メール不正アクセス容疑-PC遠隔操作取材で・警視庁”. 時事通信. (2013年6月25日). https://web.archive.org/web/20140421105247/https://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013062500123 2013年6月25日閲覧。 
  83. ^ 共同、朝日記者を起訴猶予 取材でサーバーにアクセス
  84. ^ YouTube「維新なチャンネル 〜橋下徹代表も出演〜 投票前夜スペシャル」 24:40秒より。
  85. ^ 朝日編集委員、首相にレッテル「ナチ支援者は安倍支持者」 ツイート削除し謝罪
  86. ^ 朝日記者ツイート:カギ十字写真に「安倍政権の支持者」
  87. ^ 朝日新聞 2015年8月5日朝刊
  88. ^ “朝日新聞記者がツイッターで不適切な投稿 同社が謝罪”. 中日新聞. (2020年3月14日). https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2020031402100036.html 2020年3月14日閲覧。 
  89. ^ “朝日編集委員、新型コロナは「ある意味で痛快な存在」…謝罪”. 読売新聞. (2020年3月15日). https://www.yomiuri.co.jp/national/20200314-OYT1T50256/ 2020年3月15日閲覧。 
  90. ^ 黒川検事長、記者と賭けマージャンか 週刊文春報道 (写真=共同) :日本経済新聞”. archive.is (2020年5月20日). 2020年6月27日閲覧。
  91. ^ 黒川検事長 賭けマージャン報道「事実関係承知せず」官房長官 | NHKニュース”. archive.is (2020年5月21日). 2020年6月27日閲覧。
  92. ^ 黒川検事長、緊急事態宣言中にマージャン 週刊誌報道:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル. 2020年6月27日閲覧。
  93. ^ 黒川検事長が今月、産経記者や朝日社員と「賭けマージャン」か…週刊文春報道 : 国内 : ニュース”. 読売新聞オンライン (2020年5月20日). 2020年6月27日閲覧。
  94. ^ 賭けマージャン問題に関する懲戒処分”. 朝日新聞社インフォメーション. 2020年6月27日閲覧。
  95. ^ 朝日新聞社員を停職1カ月 前検事長賭けマージャン問題:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル. 2020年6月27日閲覧。
  96. ^ 朝日新聞が経営企画室社員を停職1カ月の懲戒処分 黒川前検事長と賭けマージャン”. 毎日新聞. 2020年6月27日閲覧。
  97. ^ 日本放送協会. “朝日新聞社 賭けマージャン問題で社員を停職1か月の懲戒処分”. NHKニュース. 2020年6月27日閲覧。
  98. ^ MBCニュース | 屋久島 強要罪の疑いで新聞記者の告発状提出”. archive.is (2020年4月21日). 2020年6月27日閲覧。
  99. ^ MBCニュース | 新聞記者が強要の疑い 警察が告発状を受理 屋久島町”. archive.is (2020年6月26日). 2020年6月27日閲覧。
  100. ^ 「女子挺身隊」の写真に「コピペ」指摘→朝日新聞アカウントが「説明不足」を謝罪も... 止まぬ疑問の声”. J-CAST ニュース (2020年12月20日). 2020年12月23日閲覧。
  101. ^ 朝日新聞フォトアーカイブのツイートについて説明とお詫び”. 朝日新聞社インフォメーション. 2020年12月23日閲覧。
  102. ^ Hatachi, Kota. “朝日新聞、戦時中の写真めぐり謝罪。「工場に出勤する女子挺身隊」は合成、Twitterに掲載”. BuzzFeed. 2020年12月23日閲覧。
  103. ^ 朝日新聞が謝罪 戦時中の写真、合成と気付かずTwitter投稿 「同じ顔がある」など指摘相次ぐ”. ITmedia NEWS. 2020年12月23日閲覧。
  104. ^ 朝日新聞が「お詫び」…戦時中の「女子挺身隊」写真は合成 「十分に確かめず投稿」/デイリースポーツ online”. デイリースポーツ online. 2020年12月23日閲覧。
  105. ^ “朝日新聞カメラマンを書類送検、立てこもり中の容疑者宅敷地に無断で立ち入った疑い”. 読売新聞. (2023年6月23日). https://www.yomiuri.co.jp/national/20230623-OYT1T50242/ 2023年6月23日閲覧。 
  106. ^ “朝日カメラマンを書類送検 立てこもり容疑者宅侵入容疑―長野県警”. 時事通信. (2023年6月23日). https://web.archive.org/web/20230623125056/https://www.jiji.com/amp/article?k=2023062300997 2023年6月23日閲覧。 
  107. ^ “朝日元カメラマンを略式起訴 長野発砲立てこもり現場に侵入―飯山区検”. 時事通信. (2024年4月9日). https://www.jiji.com/sp/article?k=2024040900876 2024年4月9日閲覧。 
  108. ^ “朝日元写真記者に罰金10万円の略式命令 長野4人殺害の被告宅に侵入”. 産経新聞. (2024年4月22日). https://www.sankei.com/article/20240422-TBIIDV4QDFMUZELA6THU5QXVOQ/ 2024年4月22日閲覧。 
  109. ^ 映画往來1929年1月号118~119頁



朝日新聞社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 00:48 UTC 版)

宇垣一成」の記事における「朝日新聞社」の解説

宇垣日記』朝日新聞社、1954年8月全国書誌番号:54010222。NCID BN07686040。

※この「朝日新聞社」の解説は、「宇垣一成」の解説の一部です。
「朝日新聞社」を含む「宇垣一成」の記事については、「宇垣一成」の概要を参照ください。


朝日新聞社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 10:01 UTC 版)

いだてん〜東京オリムピック噺〜」の記事における「朝日新聞社」の解説

緒方竹虎おがた たけとら) 演:リリー・フランキー 朝日新聞編成局長明治天皇崩御した際、新元号大正」をスクープした部下である田畑言動振り回されながらも、仕事後に日本橋バーローズ」にたびたび連れて行ったり、酒井見合い相手として紹介するなど田畑可愛がる。厳しくなってゆく言論統制抵抗し続けるが、二・二六事件将校たちに新聞社占拠され社員を守るために屈する村山龍平むらやま りょうへい) 演:山路和弘 朝日新聞社長。当初不採用予定だった田畑を「顔がいいから」との理由採用する尾高(おだか) 演:じろう 朝日新聞運動部員。アムステルダムロサンゼルスオリンピック取材を行う。田畑とは、犬猿の仲細田(ほそだ) 演:政修二朝日新聞政治部員。

※この「朝日新聞社」の解説は、「いだてん〜東京オリムピック噺〜」の解説の一部です。
「朝日新聞社」を含む「いだてん〜東京オリムピック噺〜」の記事については、「いだてん〜東京オリムピック噺〜」の概要を参照ください。


朝日新聞社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/04 18:17 UTC 版)

水田文雄」の記事における「朝日新聞社」の解説

1930年朝日新聞入社南京上海欧州主にドイツ駐在で、ロシア含み欧州各国取材で回る。 自由言論弾圧にあい朝日新聞退社

※この「朝日新聞社」の解説は、「水田文雄」の解説の一部です。
「朝日新聞社」を含む「水田文雄」の記事については、「水田文雄」の概要を参照ください。


朝日新聞社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 15:42 UTC 版)

靖国神社問題」の記事における「朝日新聞社」の解説

としての式見解は、靖国神社対す批判派靖国神社参拝反対派

※この「朝日新聞社」の解説は、「靖国神社問題」の解説の一部です。
「朝日新聞社」を含む「靖国神社問題」の記事については、「靖国神社問題」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「朝日新聞社」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「朝日新聞社」の例文・使い方・用例・文例

  • 朝日新聞社員だ
  • 朝日新聞社
Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「朝日新聞社」の関連用語

朝日新聞社のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



朝日新聞社のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの朝日新聞社 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの宇垣一成 (改訂履歴)、いだてん〜東京オリムピック噺〜 (改訂履歴)、水田文雄 (改訂履歴)、靖国神社問題 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS