下村宏とは?

下村宏 しもむら ひろし

下村宏の肖像 その1
明治8年5月11日昭和32年12月9日1875~1957)

和歌山生まれ、官僚、ジャーナリスト。東京帝国大学卒業後、逓信省入り為替貯金局長等を務める。大正4年(1915)明石元二郎台湾総督に招かれ、台湾総督府民政長官(後に総務長官)となり植民地行政携わる8年(1919法学博士10年(1921)に大阪朝日新聞社入社昭和5年(1930)副社長となる。11年(1926)に退職し、12年(1927)貴族院議員となる。18年1943日本放送協会会長20年19454月鈴木貫太郎内閣国務大臣情報局総裁として入閣した。同年戦犯容疑者として拘留21年(1946)から26年(1951)にかけて公職追放著作に『新聞入りて』(1915)や『終戦秘史』(1950)があり、エッセイ歌集も多い。

キーワード 官僚, ジャーナリスト
号・別称 海南(かいなん)
著作等(近代デジタルライブラリー収載
  1. 郵便法規要義 / 下村宏著 交通学館, 明33.9 <YDM38212>
  2. 財政学 / 下村宏著 明法堂, 明35.10 <YDM40579>
  3. 財政学 / 下村宏著 . 3版 中外出版社〔ほか〕, 明38.9 <YDM40580>
  4. 財政学 / 下村宏述 法政大学, 〔明39〕 (法政大学39年度第2学年講義録) <YDM40581>
  5. 富と貯蓄 / 下村宏著 同文館, 明44.5 <YDM41226>

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

下村宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/12 16:28 UTC 版)

下村 宏(しもむら ひろし、1875年明治8年)5月11日 - 1957年昭和32年)12月9日)は、明治大正昭和官僚、新聞経営者、政治家歌人。号は海南(かいなん)。




  1. ^ 早稲田大学百年史第三巻 P484
  2. ^ 『官報』第1310号・付録、「辞令」1916年12月13日。
  3. ^ 『官報』第5654号、「叙任及辞令」1945年11月15日。


「下村宏」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「下村宏」の関連用語

下村宏のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



下村宏のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2018 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2018 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの下村宏 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS