小松原英太郎とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 政治家 > 国会議員 > 貴族院勅選議員 > 小松原英太郎の意味・解説 

小松原英太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/11 06:59 UTC 版)

小松原 英太郎(こまつばら えいたろう、嘉永5年2月16日1852年3月6日) - 大正8年(1919年12月26日)は、戦前官僚政治家錦鶏間祗候枢密顧問官埼玉県知事静岡県知事長崎県知事司法次官内務次官文部大臣農商務大臣貴族院勅選議員、東洋協会会長、皇典講究所長、大阪毎日新聞社社長、日華学会長、斯文会会長、國學院大學学長、内務省警保局長等、ベルリン公使館駐在を歴任。 拓殖大学第2代総長。




  1. ^ 『官報』第5005号、明治33年3月12日。
  2. ^ 『官報』第1035号、大正5年1月17日。
  3. ^ 『官報』第5682号、明治35年6月14日。
  4. ^ 『官報』第301号「叙任及辞令」1884年7月1日。
  5. ^ 『官報』第2207号「叙任及辞令」1890年11月6日。
  6. ^ 『官報』第3737号「叙任及辞令」1895年12月11日。
  7. ^ 『官報』第5234号「叙任及辞令」1900年12月11日。
  8. ^ 『官報』第8424号「叙任及辞令」1911年7月21日。
  9. ^ 『官報』第2221号「叙任及辞令」1919年12月27日。
  10. ^ 『官報』第1932号「叙任及辞令」1889年12月5日。
  11. ^ 『官報』第4051号「叙任及辞令」1896年12月28日。
  12. ^ 『官報』第5962号「叙任及辞令」1903年5月20日。
  13. ^ 『官報』第5964号「叙任及辞令」1903年5月22日。
  14. ^ 『官報』第205号・付録「辞令」1913年4月9日。
  15. ^ 『官報』第1188号「叙任及辞令」1887年6月16日。


「小松原英太郎」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「小松原英太郎」の関連用語

小松原英太郎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



小松原英太郎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小松原英太郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS