河村建夫とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 河村建夫の意味・解説 

河村建夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/17 13:50 UTC 版)

河村 建夫(かわむら たけお、1942年昭和17年〉11月10日 - )は、日本政治家である。自由民主党所属の衆議院議員(10期)。




  1. ^ 衆議院会議録情報 第140回国会 文教委員会 第21号 第21号 平成9年7月10日
  2. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査
  3. ^ <11・7決起大会特集>各激励辞 「参政権」付与は当然 民団新聞2007年11月14日
  4. ^ a b 永住外国人の地方参政権 日本各界に聞く<3> 衆議院議員・河村建夫さん(自民) 民団新聞1998年9月9日
  5. ^ <Special Wide>韓日友好の熱気凍らせない(04.7.14)”. 民団新聞 (2004年7月14日). 2011年11月26日閲覧。
  6. ^ 朝鮮通信使400周年 「江戸天下祭」彩る 再現行列に歓声、拍手 民団新聞2007年10月10日
  7. ^ 韓日修復へ布石となるか…朴・安倍両首脳初の公式会談 民団新聞 2014年3月26日
  8. ^ 自民党たばこ議員連盟臨時総会(出席者)”. 2018年4月11日閲覧。
  9. ^ http://kamimoto-mieko.net/wordpress/wp-content/uploads/2015/03/6c8624497ac0f7a469717ae059db29b3.pdf
  10. ^ 2008年9月25日 読売新聞
  11. ^ 事務所費:河村官房長官政治団体、元秘書使用住居で計上 毎日新聞2008年10月1日(2008年10月2日時点のアーカイブ
  12. ^ 河村官房長官に事務所費疑惑 元秘書宅 3政治団体が計上 しんぶん赤旗2008年10月3日
  13. ^ 事務所費問題について官房長官記者発表、首相官邸公式サイト、平成20年10月3日
  14. ^ a b 労働保険:5閣僚事務所が未加入 強制知らず秘書分など - 毎日jp(毎日新聞) 毎日新聞社2009年1月26日。(2009年1月29日時点のアーカイブ
  15. ^ a b 労働保険未加入:自民本部の指示を放置 - 毎日jp(毎日新聞) 毎日新聞社2009年1月26日。(2009年2月15日時点のアーカイブ
  16. ^ 官房機密費:河村・前官房長官引き出し 市民団体が告発状「詐欺か背任」 毎日.jp 2010年1月18日(2010年1月21日時点のアーカイブ
  17. ^ 官房機密費:麻生政権時の使途公開を 大阪の市民団体提訴 毎日.jp 、2010年1月7日[リンク切れ]
  18. ^ 河村官房長官:自殺対策の「お涙ちょうだい」発言で陳謝 毎日新聞 2009年7月11日[リンク切れ]
  19. ^ 若者の覚せい剤対策強化=河村官房長官 時事通信 2009年8月8日[リンク切れ]
  20. ^ “自民・河村氏「大震災は天誅」…その後、釈明”. 読売新聞. (2012年7月18日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120718-OYT1T01017.htm 2012年7月21日閲覧。 
  21. ^ 河村建夫元官房長官から仰天の擁護論が飛び出した!? 「気持ちは分かる」「男性なら、あんなのはいっぱいいる」 産経新聞 2017年6月22日
  22. ^ “「男性議員ならあんなのいっぱいいる」 自民・河村氏が擁護も後に撤回”. 東京新聞社. (2017年6月23日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201706/CK2017062302000130.html 2017年6月25日閲覧。 


「河村建夫」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「河村建夫」の関連用語

河村建夫のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



河村建夫のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの河村建夫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS