仙谷由人とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 仙谷由人の意味・解説 

仙谷由人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/23 07:57 UTC 版)

仙谷 由人(せんごく よしと、1946年昭和21年)1月15日 - 2018年平成30年)10月11日)は、日本政治家弁護士位階従三位勲等旭日大綬章




注釈

  1. ^ ただし、前掲水内記事によれば仙谷は現役合格・入学だったのに対し、谷垣は一浪での合格・入学だったという。
  2. ^ 東大同級生で後年、社会党でも同僚となった松原脩雄によれば、「彼は東大全共闘でも、端の方にいた。安田講堂に立て籠もって機動隊逮捕された学生もいましたが、仙谷は逮捕された人たちの救援活動をする側だったんです。弁護士の手配や、弁当の差し入れをしたりしていた。彼らは“弁当運び”と呼ばれていましたが、仙谷もその中の1人でした」という(『週刊新潮』(2010年10月28日号)「仙谷由人の研究(前編)」29頁)。
  3. ^ 司法試験に合格しながら大学を中退するのは異例だが、1969年は東大紛争の影響で東大の卒業が6月に遅れたため、司法研修所が特例で7月入所を認めた。この特別措置に反発したり、通常通り4月から研修所入りしたいといった理由で、当時在学中に合格していた東大生のうち1/3程度が中退を選んでいる。『週刊新潮』(2010年10月28日号)「仙谷由人の研究(前編)」29頁には「東大紛争の混乱により、69年の卒業式は夏に順延となる異例の事態となったが、“東大だけ特別扱いはおかしい”と彼は中退して弁護士への道を歩みはじめたのだった」とある。
  4. ^ おなじ徳島県出身・選出で、元警察官僚で官房長官をつとめた後藤田正晴にちなむ。
  5. ^ 元サハリン再会支援会代表の新井佐和子は、サハリンに韓国人が「強制連行」されたというのは高木健一弁護士らが、安保闘争延長の反政府運動として利用し、主張してきたもので捏造であるとし、仙谷が2010年に内閣官房長官となった際に「仙谷氏は高木氏とずっとコンビを組んでいた」ので、この問題を再度、戦後補償問題にしてしまうことに懸念を表明した(サハリン残留韓国人問題「政治利用こうして始まった」 元支援会会長が指摘 産経新聞 2010/08/15)

出典

  1. ^ a b c “強面”の面影なく…仙谷氏、マイク持つ手震え「完敗」と敗戦の弁 徳島1区MSN産経ニュースwest(2012年12月17日00:51配信(配信日に閲覧)) 
  2. ^ a b c d e 週刊新潮』(2010年10月28日号)「仙谷由人の研究(前編)」
  3. ^ 「谷垣氏『亡妻愛した店で誓う来年解散』」(2/7ページ) MSN産経ニュース(産経新聞)のプレミアム特集コーナー「水内茂幸の夜の政論」第5回記事
  4. ^ 仙谷氏「暴力装置」発言 謝罪・撤回したものの…社会主義夢見た過去、本質あらわに 産経ニュース 2010年11月18日
  5. ^ 小川薫は暴力団幹部十数名と2週間のヨーロッパ旅行に行ったと週刊新潮に報道された。小川薫は著書『実録総会屋』(ぴいぷる社)234ページで、「たしかに、このツアーは私が費用を全部持って、週刊新潮が言うヤクザ組織の最高幹部が同行していたのは事実だ。美能組の組長夫妻、浅野組の組長夫妻、共政会の組長夫妻、共政会の三代目夫妻も参加していた。しかし、別にヤクザだけを連れて行ったわけではなくて、お世話になっている弁護士の先生も一緒だった。現在、民主党の有力代議士の仙谷由人先生も一緒だった。仙谷先生には、私や小池隆一君の弁護をお願いしていたのだ。この仙谷先生とは旅程の間、ずっと同室だった」と記している。
  6. ^ a b c d 仙谷由人元官房長官死去、72歳=民主政権の屋台骨 - 時事ドットコム 2018年10月16日
  7. ^ 「人事異動」『官報』号外特20号、国立印刷局2009年9月16日、1面。
  8. ^ 官邸占領! 陰の総理・「赤い後藤田」仙谷由人でござる
  9. ^ これが官邸情報網の実態だ 秘書官10人「チーム仙谷」は省益優先官僚と思惑が一致 ZAKZAK 2010年11月30日
  10. ^ 異例…仙谷氏、官邸以外の首脳会談に同席
  11. ^ 共同通信2010年10月16日
  12. ^ 「一刻も早く辞すことが国益損失を少しでも抑えることにつながる」仙谷官房長官問責決議案の理由全文。詳細「1、尖閣諸島沖中国漁船衝突事件」における極めて不適切な対応 2、国権の最高機関たる国会を愚弄する暴言、失言を繰り返した 3、日本国憲法に抵触する発言を繰り返し、憲法順守の義務に違反した 4、国会同意人事案件に対する怠慢 5、北朝鮮による韓国延坪島砲撃事件における危機管理能力の欠如」
  13. ^ 共同通信2010年11月29日
  14. ^ 仙谷氏、東電怒鳴る=混乱にいら立ち
  15. ^ 仙谷氏、15日から訪韓
  16. ^ 仙谷氏が官房副長官 内閣の体制を強化 産経新聞 2011年3月17日閲覧
  17. ^ 経済財政社会調査会長に仙谷氏起用 民主政策調査会 2011年10月4日
  18. ^ a b 「前原氏、グループ会長に就任」『時事ドットコム:前原氏、グループ会長に就任時事通信社2011年11月10日
  19. ^ a b c d 「前原氏、グループ会長に…党代表選の反省踏まえ」『前原氏、グループ会長に…党代表選の反省踏まえ : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)読売新聞グループ本社2011年11月10日
  20. ^ a b 「前原氏がグループ会長に――凌雲会、仙谷氏は顧問 」『前原氏がグループ会長に 凌雲会、仙谷氏は顧問 :日本経済新聞日本経済新聞社2011年11月10日
  21. ^ 「ファイル:前原グループ新体制決定」『ファイル:前原グループ新体制決定 - 毎日jp(毎日新聞)毎日新聞社2011年11月11日
  22. ^ 日本経済新聞2012年10月5日
  23. ^ 民主・仙谷由人元官房長官が比例復活できず落選確実にMSN産経ニュース2012年12月17日00:15配信(配信日に閲覧))
  24. ^ 民主・仙谷副代表、比例も復活ならず…徳島1区読売新聞2012年12月17日
  25. ^ [1]
  26. ^ 故仙谷由人氏に従三位 - 時事ドットコム 2018年11月2日
  27. ^ 「仙谷氏に旭日大綬章」『読売新聞』2018年11月3日朝刊
  28. ^ 『官報』7387号、平成30年11月12日
  29. ^ “重み増す公明票 自民とバーター協力”. 徳島新聞. (2007年7月24日). http://www.topics.or.jp/election/2007/07/11852605301.html 2007年7月24日閲覧。 
  30. ^ 比護義則 (2010年1月6日). “「脱官僚依存」政権に官僚の嘆き、戸惑い”. 産経新聞: p. 2. http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100106/plc1001062113012-n2.htm 2010年3月24日閲覧。 
  31. ^ 2008年7月23日 閣議決定
  32. ^ “社保庁職員28人、年金機構は採用せず 民間斡旋か分限免職へ”. 産経新聞. (2009年5月19日). http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090519/plc0905191926011-n1.htm 2010年3月24日閲覧。 
  33. ^ “社保庁職員の雇用確保と年金記録問題に関して舛添厚労大臣に要請” (プレスリリース), 全日本自治団体労働組合, (2009年4月27日), http://www.jichiro.gr.jp/news/2009/04/090427.html 2010年3月24日閲覧。 
  34. ^ 朝日新聞社:議員歳費の大幅カット法案 仙谷官房長官は否定的[2]
  35. ^ きさらぎ会臨時例会 2010年1月12日 共同通信社
  36. ^ 2010年1月6日 読売新聞「消費税率、大幅引き上げやむなし。20%にしてもまだ足りぬ」-仙谷行政刷新相
  37. ^ 国会会議録検索システム-3”. kokkai.ndl.go.jp. 2018年10月16日閲覧。
  38. ^ http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-14788620100413 需給ギャップ解消による脱デフレはマイナス=仙谷国家戦略相]ロイター 2010年4月13日
  39. ^ 大下英治『郵政大乱!小泉魔術(マジック)』徳間書店〈徳間文庫〉(原著2005年11月)、p. 333。ISBN 9784198923310
  40. ^ “民主党よ、そんなに中国に国土を譲りたいのか 外国人参政権がもたらす当然の帰結、再び沖縄は火の海に | JBpress(日本ビジネスプレス)” (日本語). JBpress(日本ビジネスプレス). http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/3801 2018年10月16日閲覧。 
  41. ^ 衆議院会議録情報 第156回国会 憲法調査会基本的人権の保障に関する調査小委員会 第5号”. kokkai.ndl.go.jp. 2018年10月16日閲覧。
  42. ^ 時事ドットコム2010年9月25日
  43. ^ 民主党ホームページ:野党有志議員の「小泉首相の靖国参拝反対の集い」ひらく [3]
  44. ^ 日韓戦後処理は不十分=「改めて決着必要」-官房長官
  45. ^ http://www.47news.jp/CN/201007/CN2010072701001155.html 韓国に配慮、防衛白書了承先送り 竹島で反発受け] 共同通信 2010/07/28
  46. ^ “船長釈放は検察判断=日中関係修復に努力-官房長官”. 時事通信. (2010年9月24日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010092400669 
  47. ^ http://news.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/200925005.html
  48. ^ http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100926/t10014200901000.html
  49. ^ a b c d e 2010年10月18日 読売新聞[4]
  50. ^ a b c “丸山参院議員:「仙谷氏、APEC吹っ飛ぶと話す」と暴露”. 毎日新聞. (2010年10月18日). オリジナルの2010年10月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101021010407/http://mainichi.jp/select/seiji/news/20101019k0000m010071000c.html 
  51. ^ “尖閣ビデオの投稿者「sengoku38」とは? 飛び交う憶測”. ロケットニュース24. (2010年11月5日). http://rocketnews24.com/2010/11/05/%E5%B0%96%E9%96%A3%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%AA%E3%81%AE%E6%8A%95%E7%A8%BF%E8%80%85%E3%80%8Csengoku38%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F-%E9%A3%9B%E3%81%B3%E4%BA%A4%E3%81%86%E6%86%B6%E6%B8%AC/ 2012年9月23日閲覧。 
  52. ^ 「船長釈放へ当局と調整」=仙谷元長官、政治関与を証言-尖閣沖漁船衝突事件時事ドットコム 2013年9月23日
  53. ^ 仙谷元官房長官インタビュー要旨時事ドットコム 2013年9月23日
  54. ^ 仙谷元長官、中国人船長釈放促す 10年の漁船衝突事件で法務省に 山陰中央新報 2013年9月24日
  55. ^ 国会議員署名これまでと今後の展望”. 空港建設凍結・国会議員署名. 空港はいらない静岡県民の会. 2009年3月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年3月24日閲覧。
  56. ^ 仙谷由人 (2004年9月30日). “仙谷由人政調会長/定例記者会見要旨”. 仙谷由人ホームページ. 2010年3月24日閲覧。
  57. ^ “「政府に不満なら首相官邸へ」=乗用車突入事件で仙谷民主政調会長”. 時事通信社. (2004年9月30日) 
  58. ^ “毎日フォーラム:民主政権の課題と自民再生への展望”. 毎日新聞. (2009年11月12日). オリジナルの2012年7月11日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20120711172310/http://mainichi.jp/select/shakai/ 
  59. ^ ヤンヤン (2009年12月9日). “【ワイドショー通信簿】「独法新設おかしい!」 仙谷大臣の反論は…”. J-CASTテレビウォッチ (ライブドア). http://news.livedoor.com/article/detail/4494734/ 2010年3月24日閲覧。 
  60. ^ “「独裁」容認、「貧乏人は麦を食え」/菅内閣3人組の危ない思想”. しんぶん赤旗 (日本共産党). (2010年7月27日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-07-27/2010072702_02_1.html 2010年7月27日閲覧。 
  61. ^ a b 参議院会議録情報 第176回国会 予算委員会 第3号”. kokkai.ndl.go.jp. 2018年10月16日閲覧。
  62. ^ 天下り批判の官僚に「将来に傷」 仙谷長官の“恫喝”で審議紛糾 産経ニュース 2010年10月15日
  63. ^ 2010年10月15日 日経新聞「現役経産官僚、予算委で異例の政府批判」
  64. ^ 参議院会議録情報 第176回国会 決算委員会 第1号”. kokkai.ndl.go.jp. 2018年10月16日閲覧。
  65. ^ スポニチ2010年11月30日
  66. ^ 2011年7月13日 朝日新聞
  67. ^ 朝日新聞 2012年9月12日
  68. ^ 2010.10.20 産経新聞仙谷氏、リベラルに左派という意味はないと強調 かつて「天皇陛下は日本で最もリベラル」と発言
  69. ^ 仙谷官房長官:予算委で資料「盗撮された」 新聞掲載を批判
  70. ^ a b c 衆議院会議録情報 第176回国会 内閣委員会 第4号”. kokkai.ndl.go.jp. 2018年10月16日閲覧。
  71. ^ http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101113/plc1011130013000-n1.htm
  72. ^ 公明・山口代表「予想以上に政権は厳しい」と倒閣の動き示唆
  73. ^ こんなにある無責任内閣ぶり 誰か辞めたら「辞任ドミノ」に2010年11月11日
  74. ^ a b c 参議院会議録情報 第176回国会 予算委員会 第6号”. kokkai.ndl.go.jp. 2018年10月16日閲覧。
  75. ^ “「自衛隊は暴力装置」仙谷官房長官、撤回し謝罪”. 読売新聞. (2010年11月18日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101118-OYT1T00489.htm 2010年11月19日閲覧。 
  76. ^ 2010年11月18日 時事通信
  77. ^ “「非常に残念」「いい気持ちしない」「むなしい」 仙谷氏「暴力装置」発言で自衛官から失望の声 (1/2ページ)”. MSN産経ニュース(産経新聞). (2010年11月18日). http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101118/plc1011181837017-n1.htm 2010年11月20日閲覧。 
  78. ^ “「非常に残念」「いい気持ちしない」「むなしい」 仙谷氏「暴力装置」発言で自衛官から失望の声 (2/2ページ)”. MSN産経ニュース(産経新聞). (2010年11月18日). http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101118/plc1011181837017-n2.htm 2010年11月20日閲覧。 
  79. ^ 2010年11月18日 産経新聞
  80. ^ “仙谷官房長官「暴力装置でもある自衛隊」に菅首相「『やや』問題」 野党から批判相次ぐ”. FNNニュース (フジテレビジョン). (2010年11月18日). http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00188150.html 2010年11月19日閲覧。 
  81. ^ nikkansports.com2010年11月19日
  82. ^ 石破氏「シン・ゴジラは全然、リアルじゃない」
  83. ^ YOMIURI ONLINE2010年11月19日
  84. ^ a b c 参議院会議録情報 第176回国会 予算委員会 第8号”. kokkai.ndl.go.jp. 2018年10月16日閲覧。
  85. ^ 共同通信2010年11月22日
  86. ^ 「暴力装置」は「差別用語」か?WEBRONZA 2010年11月19日
  87. ^ 参議院会議録情報 第176回国会 予算委員会 第6号”. kokkai.ndl.go.jp. 2018年10月16日閲覧。
  88. ^ 仙谷氏、民間人も表現の自由制限 自衛隊施設で、野党は反発
  89. ^ 全私保連シンポジウムでの仙谷由人大臣の講演内容 幼稚園情報センター 2010年4月29日
  90. ^ 仙谷氏「専業主婦は病気」と問題発言か 本人は「記憶にない」と釈明 産経ニュース 2010年12月27日
  91. ^ “仙谷セクハラ裁判で女性記者証言「65歳だからもう立たないとおっしゃいました」”. J-CASTテレビウォッチ. (2012年6月22日). https://www.j-cast.com/tv/2012/06/22136762.html 2018年10月16日閲覧。 
  92. ^ “セクハラ報道で仙谷氏側が敗訴 東京地裁” (日本語). 日本経済新聞 電子版. https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1202M_S2A610C1CR8000/ 2018年10月16日閲覧。 
  93. ^ “田原総一朗のタブーに挑戦!(10.07.06)”. JFN. (2010年7月6日). http://www.ustream.tv/recorded/8105327 
  94. ^ 共同ニュース2011年1月17日
  95. ^ “仙谷氏、セクハラ発言報道めぐり敗訴 東京地裁 - 社会”. 朝日新聞. (2012年6月12日). http://www.asahi.com/national/update/0612/TKY201206120449.html 
  96. ^ 公式プロフィール
  97. ^ 週刊朝日』2007年2月2日号
  98. ^ [5]NPO法人日中国会議員書画展実行委員会


「仙谷由人」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「仙谷由人」の関連用語

仙谷由人のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



仙谷由人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの仙谷由人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS