岡田克也とは?

岡田克也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/22 04:18 UTC 版)

岡田 克也(おかだ かつや、1953年(昭和28年)7月14日 - )は、日本政治家衆議院議員(10期)、会派「無所属の会」代表。




[ヘルプ]
  1. ^ “都市伝説 岡田代表誕生でイオン特売!?”. 夕刊フジ (産業経済新聞社). (2009年5月15日). http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/retail/253906/ 2009年10月29日閲覧。 [リンク切れ]
  2. ^ “どうなる民主党総裁選 株式市場→鳩山支持!? イオンは岡田効果否定”. 日本証券新聞. (2009年5月18日). http://www.nsjournal.jp/column/detail.php?id=157725&dt=2009-05-18 2009年10月29日閲覧。 
  3. ^ 滋賀報知新聞2010年10月5日
  4. ^ 『岡田克也父と子の野望』121頁
  5. ^ 父の岡田卓也は中部西小学校のPTA会長を務めていた
  6. ^ 『岡田克也父と子の野望』122頁
  7. ^ 『岡田克也父と子の野望』125頁
  8. ^ 『岡田克也父と子の野望』126頁
  9. ^ 『岡田克也のズバリ直球』2013年3月14日の記事
  10. ^ 小売業の繁栄は平和の象徴 私の履歴書 日経文芸文庫 / 岡田卓也 〔文庫〕 2013年10月25日日本経済新聞出版
  11. ^ 岡田克也父と子の野望163頁〜164頁
  12. ^ (生い立ちについての参考文献は著書「岡田語り」の引用である。平成22年6月24日発売)
  13. ^ 奥野修司「ポスト鳩山を狙う 岡田と菅「新権力者」の肖像」、『文藝春秋』第87巻第12号、文藝春秋、2009年10月、 pp. 138-148。
  14. ^ 日テレNEWS242009年5月17日
  15. ^ 【民主党役員・閣僚人事】幹事長、岡田氏に決定 Archived 2010年9月18日, at the Wayback Machine. 産経新聞 2010年9月16日閲覧
  16. ^ asahi.com asahi.com2010年9月17日
  17. ^ [1]
  18. ^ 毎日jp2011年9月2日
  19. ^ AFP2011年8月31日
  20. ^ a b c d e 「人事異動」『官報』号外特1号、国立印刷局2012年1月13日、1面。
  21. ^ 平成24年4月17日 岡田副総理記者会見要旨
  22. ^ 民主党が2000年から維持してきた同選挙区の議席を失う。
  23. ^ [2]
  24. ^ http://www.zaikei.co.jp/article/20141218/227252.html 1月18日代表選出 党員ら郵便投票参加 民主、財経新聞2014年12月18日
  25. ^ [3]
  26. ^ このほかに改革結集の会に所属していた4名と無所属の1名が参加。
  27. ^ “民進・岡田代表、9月で退任へ 都知事選への影響は否定”. 朝日新聞. (2016年7月30日). http://www.asahi.com/articles/ASJ7Z4T89J7ZUTFK002.html 
  28. ^ “「神通力衰えた」 民進党“岡田王国”崩壊 四日市市長選で民進系候補がまさかの敗退”. 産経新聞. (2016年12月13日). http://www.sankei.com/politics/news/161213/plt1612130002-n2.html 
  29. ^ “民進王国に動揺 岡田氏の地元、三重・四日市市長選敗北”. 朝日新聞. (2016年11月29日). http://www.asahi.com/articles/ASJCX4VX4JCXOIPE00Z.html 
  30. ^ “民進、人事大幅刷新へ 野田氏の後任、調整続く”. テレビ朝日. (2017年7月21日). http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000105862.html 
  31. ^ “民進党の蓮舫代表、野田佳彦幹事長ら交代の方針 25日に人事の大幅刷新を表明へ”. 産経新聞. (2017年7月22日). http://www.sankei.com/politics/news/170722/plt1707220006-n1.html 
  32. ^ 岡田克也オフィシャルブログ「蓮舫代表の辞任表明─大変残念だが、次の代表が決まるまで全力投球で」より(2017-07-28閲覧)
  33. ^ “【民進党代表選】菅直人、有田芳生氏ら 枝野幸男氏推薦人”. 産経新聞. (2017年8月21日). http://www.sankei.com/politics/news/170821/plt1708210019-n1.html 
  34. ^ “岡田克也元民進代表が10選 無所属出馬、三重3区”. 産経新聞. (2017年10月22日). http://www.sankei.com/politics/news/171022/plt1710220120-n1.htmll 
  35. ^ 民進系、「無所属の会」結成=13人参加、野党第3会派に”. 時事ドットコム (2017年10月26日). 2017年10月26日閲覧。
  36. ^ 「民進党が真ん中に立って立憲民主党・希望の党と連携深めていくべき」全国幹事会で岡田常任顧問
  37. ^ 両院議員総会を開催、増子幹事長ら新役員を承認
  38. ^ “国民民主党、来月7日旗揚げ=60人規模、岡田氏ら不参加”. 時事ドットコム. (2018年4月26日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2018042600783&g=pol 2018年4月28日閲覧。 
  39. ^ “岡田氏が新党不参加=民進に離党届、安住氏も”. 時事ドットコム. (2018年4月27日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2018042700481&g=pol 2018年4月28日閲覧。 
  40. ^ “民進・岡田氏、地域政党「三重新政の会」結成へ”. 朝日新聞. (2018年4月28日). https://www.asahi.com/articles/ASL4X3RZ0L4XONFB007.html?ref=yahoo 2018年4月28日閲覧。 
  41. ^ “岡田克也氏も…三重の地域政党「新政の会」結成発表 民進の地元国会議員や地方議員ら参加”. 産経新聞. (2018年5月1日). http://www.sankei.com/west/news/180501/wst1805010064-n1.html 2018年5月1日閲覧。 
  42. ^ “民進党三重県連、新党に参加せず…岡田氏と連携”. 読売新聞. (2018年4月29日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/20180429-OYT1T50022.html 2018年5月1日閲覧。 
  43. ^ 2004年6月におこなわれたウリ党議長(当時)辛基南との会談
  44. ^ 2009年10月7日、東京外国特派員協会の講演
  45. ^ 読売新聞』2004年7月16日。
  46. ^ [インタビュー]岡田克也・民進党代表「日韓両政府は慰安婦合意を履行すべき」 ハンギョレ新聞 2016-04-28
  47. ^ 林建良 (2004年9月28日). “台湾を苛めて中国の機嫌を取る岡田代表:時局コメンタリー”. 時局コメンタリー. 時局心話會. 2009年10月25日閲覧。
  48. ^ 国会会議録2005年6月2日
  49. ^ 岡田副総理が東京都の「尖閣買収」をあらためて批判!-「領土係争」を認める発言に中国は大歓喜!
  50. ^ a b 岡田克也. “東北アジア非核兵器地帯条約(案) (PDF)”. 岡田かつや ホームページ. 2009年10月25日閲覧。
  51. ^ 2010/07/16 09:02 朝鮮日報 韓国併合100周年:日本政府が「謝罪談話」を検討
  52. ^ 丹羽大使、尖閣購入支持「おかしい」 外交軽視の実害 与党からも批判 産経新聞 2012.6.8 01:27
  53. ^ “離島奪還訓練を断念 日米、沖縄近海で模擬訓練”. 産経新聞. (2012年10月23日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121023/plc12102301190001-n1.htm 2013年2月11日閲覧。 
  54. ^ “【岡田克也】公私混同か、日米合同離島奪還訓練を潰した男[桜H24/11/5]”. チャンネル桜. (2012年11月3日). http://www.youtube.com/watch?v=i0EKOStCc00 2013年2月11日閲覧。 
  55. ^ “岡田氏、中国に配慮「決定は駄目だ」 離島奪還訓練断念の舞台裏 首相も追認、米は強い不快感”. 産経新聞. (2012年11月3日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121103/plc12110309020008-n1.htm 2013年2月11日閲覧。 
  56. ^ “尖閣侵犯、野田内閣“弱腰”で中国エスカレート 「関係悪くなる」岡田氏主導、曳光弾封印”. 産経新聞. (2013年2月4日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130204/plc13020408060007-n1.htm 2013年2月11日閲覧。 
  57. ^ 貴紙掲載記事について2013年2月4日
  58. ^ メルケル独首相「和解が重要」発言「事実はない」 独政府、日政府に説明 民主・岡田氏と食い違い」 産経ニュース、2011年3月13日。
  59. ^ メルケル「和解」発言 独政府報道官も「正しくない」 産経ニュース、2011年3月13日。
  60. ^ メルケル「和解」発言 民主・岡田氏は「紛れもない事実」と反論 産経ニュース、2011年3月13日。
  61. ^ 「櫻井よしこ氏招き勉強会 外国人地方参政権で民主推進派」 (産経新聞) 2008年03月12日
  62. ^ 公式ブログ2008年5月20日
  63. ^ 衆議院予算委員会 平成16年02月10日
  64. ^ 岡田克也 (2008年4月30日). “暫定税率の再議決…あまりに便宜主義、国民は怒りを”. 岡田かつや TALK-ABOUT. 2009年10月28日閲覧。
  65. ^ 岡田克也 (2007年6月26日). “過去最高の国の借金…歳出削減努力の緩みを懸念”. 岡田かつや TALK-ABOUT. 2009年10月28日閲覧。
  66. ^ 「民主党代表候補討論会」 13頁。
  67. ^ 岡田克也 (2006年5月11日). “格差社会”. 岡田かつや TALK-ABOUT. 2009年10月28日閲覧。
  68. ^ 「民主党代表候補討論会」 5-6頁。
  69. ^ 日銀正副総裁人事―デフレ脱却と経済成長をやり抜く静かな闘志を(岡田克也)BLOGOS(ブロゴス) 2013年03月13日
  70. ^ “民主党代表就任演説(岡田 克也)” (プレスリリース), 民主党, (2004年9月13日), http://www.dpj.or.jp/news/?num=788 2009年10月29日閲覧。 
  71. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  72. ^ 「選択的夫婦別姓『立法に向け通常国会での積極議論を与党に求める』岡田代表」、民主党ニュース、 2015年11月05日。
  73. ^ 産経新聞、2015年11月5日
  74. ^ 「(教えて!結婚と法律:5)夫婦別姓、各政党の立場は?」朝日新聞、2015年12月2日
  75. ^ 『読売新聞』2009年10月12日23時00分。
  76. ^ 笠原健 (2009年10月13日). “岡田外相「アジア非核地帯構想」を提唱 パキスタン大統領と会談”. 産経新聞. http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091013/plc0910130025001-n1.htm 2009年10月29日閲覧。 
  77. ^ 笠原健 (2009年10月12日). “岡田外相、カットオフ条約交渉促進とCTBTの早期批准を求める パキスタン外相に”. 産経新聞. http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091012/plc0910121802005-n1.htm 2009年10月29日閲覧。 
  78. ^ “岡田氏「制裁決議採択なら従う」 イラン議長と会談”. 47NEWS(共同通信社. (2010年2月24日). http://www.47news.jp/CN/201002/CN2010022401000982.html 2010年3月18日閲覧。 
  79. ^ “非核三原則 法制化の考えない 岡田外相”. MSN産経ニュース(産経新聞). (2010年3月14日). http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100314/plc1003141302008-n1.htm 2010年3月18日閲覧。 
  80. ^ “非核三原則、法制化は困難=岡田外相”. 時事ドットコム(時事通信社. (2010年3月17日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010031700712 2010年3月18日閲覧。 
  81. ^ “有事の核持ち込み 将来の容認も 岡田外相「時の政権が判断」”. MSN産経ニュース(産経新聞). (2010年3月17日). http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100317/plc1003172319018-n1.htm 2010年3月18日閲覧。 
  82. ^ ロイター2008年6月18日
  83. ^ 共同通信2010年1月17日
  84. ^ “竹島、「不法占拠」の表現使わぬ意向 岡田外相”. 日経新聞 (日本経済新聞). (2010年4月7日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0702C_X00C10A4000000/ 2010年4月13日閲覧。 
  85. ^ a b c “次期首相とも目される「ミスター・クリーン」、民主党・岡田克也氏の素顔”. フランス通信社. (2009年5月2日). http://www.afpbb.com/article/politics/2597039/4017883 2009年10月29日閲覧。 
  86. ^ “融通効かない“ロボコップ岡田”…民主後継争い激化”. 夕刊フジ (産業経済新聞社). (2009年5月12日). http://www.zakzak.co.jp/top/200905/t2009051211_all.html 2009年10月29日閲覧。 
  87. ^ a b “岡田氏、政策通の原理主義者 頑固な「ロボコップ」”. 産経新聞. (2009年5月14日). http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/253844/ 2009年7月7日閲覧。 
  88. ^ 東京スポーツ お宝スーパースター列伝「世界中で買い集めたカエルの置物」”. 岡田かつや ホームページ (2007年10月31日). 2009年10月29日閲覧。
  89. ^ 岡田克也 (2009年3月18日). “東南アジア歴訪でカエルの置物を買う…失敗談も”. 岡田かつや TALK-ABOUT. 2009年10月29日閲覧。
  90. ^ 著書『政権交代』
  91. ^ 岡田克也父と子の野望162頁12行目〜163頁6行目
  92. ^ 岡田克也父と子に野望161頁13行目
  93. ^ 岡田克也父と子の野望162頁1行目〜2行目
  94. ^ 岡田克也父と子の野望162頁3行目〜11行目
  95. ^ 平成6年発行の四日市市立中部西小学校の保護者だよりより
  96. ^ 平成6年の伊勢新聞で記事で、匿名の誘拐未遂事件の記事がある。未遂であったので公表されなかったが四日市南警察署警備が付いた
  97. ^ 「岡田語り」』著者岡田克也。出版社、武田ランダムハウスジャパン。平成22年6月24日発売。1500円(税込)
  98. ^ 岡田克也 (2008年8月15日). “大失敗…生涯初の朝寝坊、その原因は……”. 岡田かつや TALK-ABOUT. 2009年10月29日閲覧。
  99. ^ 早野透『政治家の本棚』
  100. ^ 週刊新潮2010年11月18日号
  101. ^ http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20090626AT3S2502J25062009.html
  102. ^ “震災の実態とかけはなれた政府・民主の認識 議事録で明らかに”. 産経新聞. (2011年3月22日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110322/plc11032201300004-n2.htm 2011年3月22日閲覧。 
  103. ^ 2009年9月14日 AERA 真面目さがたまらない。
  104. ^ asahi.com2010年9月16日
  105. ^ “「アルコール中毒の人にビール」岡田副代表が定額給付金批判”. 読売新聞. (2008年12月23日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20081223-OYT1T00419.htm 
  106. ^ “「お言葉に陛下の思いを」と外相 閣僚懇で宮内庁に検討要請”. 共同通信 (47NEWS). (2009年10月23日). http://www.47news.jp/CN/200910/CN2009102301000400.html 2011年9月19日閲覧。 
  107. ^ a b ““選挙中の発言、公約でない”岡田外相 思わずポロリ”. しんぶん赤旗. (2009年11月5日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-11-05/2009110502_03_1.html 
  108. ^ “選挙中の発言、公約でない=普天間めぐり岡田外相-衆院予算委”. 時事通信社. (2009年11月5日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009110400997 
  109. ^ 岡田幹事長が前原外相の続投支持産経ニュース 2011年3月5日
  110. ^ “岡田副総理、原発事故は「幸運だった」”. 読売新聞. (2012年10月6日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20121006-OYT1T01002.htm 
  111. ^ 民主・岡田氏「政策より非自民を優先」 次期衆院選の候補者調整 産経ニュース 2014年10月6日
  112. ^ 両代表共同記者会見詳報 岡田氏「野合で何が悪い」 松野氏「政権交代へ第一歩」産経新聞
  113. ^ 「野合でなんで悪い。必ず政権交代」 民・維で新党へテレビ朝日
  114. ^ 衆議院予算委員会 2号1990年2月3日
  115. ^ 岡田代表 通産官僚時代に兼職、親族会社の役員就任 国家公務員法違反 産経新聞 2004年6月9日
  116. ^ “献金偽装、自民が騒ぎ立てている…民主・岡田氏”. 読売新聞. (2009年7月4日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090704-OYT1T00771.htm 
  117. ^ 週刊朝日 2009年4月3日号
  118. ^ “西松報道、「週刊朝日」に抗議=民主・岡田氏”. 時事通信. (2009年3月24日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=200903/2009032400825 2009年6月6日閲覧。 
  119. ^ 週刊朝日 2009年4月10日増大号
  120. ^ “中国艦船、海自艦船にレーダー照射 1月30日に政府は抗議”. 日本経済新聞. (2013年2月5日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS05037_V00C13A2000000/ 2013年2月11日閲覧。 
  121. ^ “尖閣国有化前から射撃レーダー照射 政府関係者明かす”. 朝日新聞. (2013年2月6日). http://news.goo.ne.jp/article/asahi/politics/TKY201302060145.html 2013年2月11日閲覧。 
  122. ^ “「尖閣国有化前から複数回、レーダー照射あった」日中関係悪化を懸念して民主党政権公表せず?”. J-CASTニュース. (2013年2月7日). http://www.j-cast.com/2013/02/07164585.html 2013年2月11日閲覧。 
  123. ^ 貴紙掲載記事について2013年2月7日
  124. ^ 日経・レーダー照射報道―事実に反し確認もない、検証と訂正を公式ブログ 2013年2月8日
  125. ^ レーダー照射報道―防衛相も否定、日経は誠意ある回答と訂正を公式ブログ 2013年2月20日
  126. ^ 野田佳彦前代表が中国レーダー照射事案の一部報道に「事実無根」のコメント民主党ホームページ 2013年2月7日
  127. ^ 母の妹の夫(=義叔父)。だが、母とはいとこ同士(=いとこおじ)でもある。
  128. ^ livedoor ニュース、榊原夏著『岡田克也、父と子の野望』より
  129. ^ 岡田久保著『オカダヤ社史』







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「岡田克也」の関連用語

岡田克也のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

塩本

カワアイサ

Golf Plus

ダイカスト法

はしご

マダラヨコバサミ

アコム

ウォーキング





岡田克也のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの岡田克也 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS