千姫とは? わかりやすく解説

せんひめ【千姫】

読み方:せんひめ

[1597〜1666]徳川秀忠長女豊臣秀頼(とよとみひでより)と政略結婚させられたが、大坂城落城後、本多忠刻(ほんだただとき)と再婚夫の死後出家して天樹院号した大坂城落城の際に姫の救出に功のあった坂崎出羽守事件、忠刻没後乱行などの俗説があり、歌舞伎などに脚色されている。


千姫

作者竹田道子

収載図書さぎ草ものがたり
出版社神戸新聞総合出版センター
刊行年月2001.10


千姫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/12/02 05:07 UTC 版)

千姫(せんひめ)は、安土桃山時代から江戸時代の女性。豊臣秀頼本多忠刻正室。父は徳川秀忠、母は浅井長政の三女である浅井江太閤豊臣秀吉の養女・達子)。号は天樹院


  1. ^ 『幕府祚胤伝』による。ただし、山科言経の日記『言経卿記』慶長二年五月十四日条では5月10日とされている。
  2. ^ a b c d 桑田忠親『桃山時代の女性』(吉川弘文館、1972年)42頁-43頁
  3. ^ 千姫異聞
  4. ^ 千姫』(1954年 大映木村惠吾監督、京マチ子主演、『千姫御殿』(1960年 大映)三隅研次監督、山本富士子主演
  5. ^ 戦国艶物語・千姫編』(1969年 朝日放送)における千姫(星由里子)や『大奥』(1983年 関西テレビ)における千姫(三原順子)など
  6. ^ 『一条家譜』


「千姫」の続きの解説一覧

千姫(せんひめ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 14:55 UTC 版)

百器徒然袋――雨」の記事における「千姫(せんひめ)」の解説

榎木津元子爵飼っている銭亀。亀とは思えない程素早い赤坂料亭から脱走し行方不明になる。

※この「千姫(せんひめ)」の解説は、「百器徒然袋――雨」の解説の一部です。
「千姫(せんひめ)」を含む「百器徒然袋――雨」の記事については、「百器徒然袋――雨」の概要を参照ください。


千姫 (せんひめ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/10 04:53 UTC 版)

GATE 7」の記事における「千姫 (せんひめ)」の解説

家光の妹。蒼生千夜(あおいちや)と名乗り西陣高校編入して来る。1年生

※この「千姫 (せんひめ)」の解説は、「GATE 7」の解説の一部です。
「千姫 (せんひめ)」を含む「GATE 7」の記事については、「GATE 7」の概要を参照ください。


千姫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/21 01:10 UTC 版)

くノ一忍法帖」の記事における「千姫」の解説

徳川家康孫娘豊臣家嫁ぎ豊臣秀頼の妻となったが、大阪城落城の際救出された。豊臣家滅ぼした祖父家康激しく憎んでおり、真田くノ一五人衆率いて対立するオリジナルビデオ版ではお由比から「忍法やどかり」で最後胎児受け取り、自ら出産する

※この「千姫」の解説は、「くノ一忍法帖」の解説の一部です。
「千姫」を含む「くノ一忍法帖」の記事については、「くノ一忍法帖」の概要を参照ください。


千姫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/29 21:07 UTC 版)

戦国無双シリーズ」の記事における「千姫」の解説

甲斐姫コレクション武将一人

※この「千姫」の解説は、「戦国無双シリーズ」の解説の一部です。
「千姫」を含む「戦国無双シリーズ」の記事については、「戦国無双シリーズ」の概要を参照ください。


千姫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/07 16:09 UTC 版)

城塞 (小説)」の記事における「千姫」の解説

秀頼の正室家康孫娘亡き秀吉遺言によって、6歳時に4つ上の秀頼と結婚し大坂城嫁いできた。淀殿は秀頼が千姫に近づくことを喜ばず何かにつけ遠ざけようとしてきたが秀頼は彼女に好意持ち、千姫の方も秀頼を慕ったため夫婦仲悪くはなかった。

※この「千姫」の解説は、「城塞 (小説)」の解説の一部です。
「千姫」を含む「城塞 (小説)」の記事については、「城塞 (小説)」の概要を参照ください。


千姫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/15 23:12 UTC 版)

真田十勇士 (柴田錬三郎・本宮ひろ志の漫画)」の記事における「千姫」の解説

家康孫娘で秀頼の妻。「部下思い」の一面見せた以外、特に性格描写がない。

※この「千姫」の解説は、「真田十勇士 (柴田錬三郎・本宮ひろ志の漫画)」の解説の一部です。
「千姫」を含む「真田十勇士 (柴田錬三郎・本宮ひろ志の漫画)」の記事については、「真田十勇士 (柴田錬三郎・本宮ひろ志の漫画)」の概要を参照ください。


千姫(せんひめ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/09 05:18 UTC 版)

劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!」の記事における「千姫(せんひめ)」の解説

徳川秀忠の娘で、豊臣秀頼正室我が侭性格才蔵に連れられて、豊臣秀頼の元から幸村の砦にいやいや疎開するところでハナ出会う敵地潜入しようとしたハナ自分変装させ、自分脱走した

※この「千姫(せんひめ)」の解説は、「劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!」の解説の一部です。
「千姫(せんひめ)」を含む「劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!」の記事については、「劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!」の概要を参照ください。


千姫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/06 02:07 UTC 版)

徳川家康 (山岡荘八)」の記事における「千姫」の解説

秀頼の正室家康内孫秀忠小督長女

※この「千姫」の解説は、「徳川家康 (山岡荘八)」の解説の一部です。
「千姫」を含む「徳川家康 (山岡荘八)」の記事については、「徳川家康 (山岡荘八)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「千姫」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



千姫と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「千姫」の関連用語

千姫のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



千姫のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの千姫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの百器徒然袋――雨 (改訂履歴)、GATE 7 (改訂履歴)、くノ一忍法帖 (改訂履歴)、戦国無双シリーズ (改訂履歴)、城塞 (小説) (改訂履歴)、真田十勇士 (柴田錬三郎・本宮ひろ志の漫画) (改訂履歴)、劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生! (改訂履歴)、徳川家康 (山岡荘八) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS