豊臣秀頼とは?

とよとみ‐ひでより【豊臣秀頼】

[1593〜1615]安土桃山時代武将秀吉次男。6歳で家督相続前田利家養育されたが、関ヶ原の戦いののち、摂津河内(かわち)・和泉(いずみ)60万石大名におとされた。のち、徳川秀忠の娘千姫結婚したが、大坂夏の陣敗れ、母の淀君とともに自殺


豊臣秀頼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/22 15:43 UTC 版)

豊臣 秀頼(とよとみ ひでより / とよとみ の ひでより、旧字体豐臣秀賴)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての大名太閤豊臣秀吉の三男で庶子。




  1. ^ 慶長18年(1613年)に誕生。元禄年間初めに死去。墓所は鎌倉東慶寺[2]
  2. ^ 羽柴名字は確認されていない[3]





豊臣秀頼と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「豊臣秀頼」の関連用語

豊臣秀頼のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



豊臣秀頼のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2021 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの豊臣秀頼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS