大野治長とは?

おおのはるなが おほの- 【大野治長】 ○

?~1615安土桃山時代武将通称修理亮しゆりのすけ)。豊臣秀吉・秀頼に仕えた。関ヶ原の戦いでは徳川方についたが、のち秀頼に再仕。大坂夏の陣に敗れ、秀頼に殉じた。

大野治長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/02 15:42 UTC 版)

大野 治長(おおの はるなが)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将豊臣氏の家臣。兄弟に、治房治胤治純、子は大野治徳、治安(弥十郎)ほか。官位従四位下修理大夫知行15,000石。


  1. ^ 豊臣家直轄領の大野村と大野城址 大野治長・道犬親子ゆかりの地 京丹後市
  2. ^ 『浅野考譜』
  3. ^ 小林, p.161 , 小林計一郎「日本一の兵 真田幸村」.
  4. ^ 小林, p.310 , 清水昇「真田一族関係人物事典」.
  5. ^ a b c 藤本.


「大野治長」の続きの解説一覧



大野治長と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大野治長」の関連用語

大野治長のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大野治長のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大野治長 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS