片桐且元とは?

かたぎりかつもと 【片桐且元】 ○

1556~1615安土桃山江戸初期武将通称市正いちのかみ)。近江の人。豊臣秀吉仕え賤ヶ岳七本槍一人。秀頼の後見役方広寺鐘銘事件大坂城を去る。大坂冬・夏の陣では徳川方についた。

片桐且元(かたぎり かつもと) 1556~1615

○助作 直盛 直倫 且盛 東市正
◇父:片桐直貞 弟:片桐貞隆 子:片桐采女出雲守孝利、九兵衛、為元
 北近江浅井氏家臣浅井氏滅亡直前にその下を去り、羽柴秀吉仕える。賤ヶ岳の戦いでは七本槍一人として武名をあげた。その後朝鮮出征などで功をあげる。また、秀吉検地奉行務め、その行政能力の高さもうかがえる秀吉死後豊臣秀頼後見役として重要な地位にあり、一方で徳川家康信任を受け摂津茨城城主となって豊臣徳川折衝役となった。しかし、方広寺鐘銘事件から豊臣方の信任を失い、大坂城を出る。大坂落城後、豊臣見捨てたと世の批判を受け、切腹したといわれる

片桐且元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/28 15:18 UTC 版)

片桐 且元(かたぎり かつもと)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将大名賤ヶ岳の七本槍の一人。




注釈

  1. ^ 天正18年(1590年)の小田原征伐では「直倫」の名が使用されている。
  2. ^ 小田原征伐の陣立書から、この時点での本来の兵役義務で負う動員数を逆算すると、福島正則が5700、石田三成が3000、且元が600の手勢となる[6]
  3. ^ 浅利事件の際には、浅利頼平を擁護する前田利家浅野長政、佐々正孝らの側ではなく、秋田実季を擁護する、長束正家、木村重茲ら奉行側の立場に且元は立って、手を引かせた[7]
  4. ^ 近衛信尹に出された、栗東寺の移転が免れたことへの御礼の書状[9]
  5. ^ 豊臣家の家老に昇進したとある[13]
  6. ^ 3月27日の後陽成天皇の譲位、4月12日の後水尾天皇の即位の儀式に立ち会うため。
  7. ^ 前日に出立し、会見当日に入洛した秀頼は、且元の京都三条屋敷で衣装を整え、隊列を組み直して二条城へ向かい、朝8時頃に到着した。
  8. ^ 青銅1万7千貫(63.75トン)に対し、鋳物師およそ100人とその棟梁14人、外鋳師およそ3,000人。
  9. ^ 呪願(祈願者)は三宝院門跡の義演、證誠(証人)は照高院門跡の道澄、天台宗僧500人の引頭は竹内門跡の良尚法親王、真言宗500人の引頭は、随心院門跡の増孝。
  10. ^ 京都大工頭の従四位下・中井正清により、記名されていないことに対する不服申し立てが、奈良興福寺などの写しを添えて行われた。
  11. ^ 東福寺聖澄が「家」「康」の間に文字を入れたこと、建仁寺の慈稽、南禅寺の景洪、天竜寺の令彰4人が、大御所の諱を用いたことを不敬とした。また聖澄と慈稽は、前文の「外施仁政」は、後水尾天皇の諱の「政仁」に障りがあるとした。東福寺の守藤は、天皇の諱は避けるべきだが、前将軍(大御所)の諱を避けるべきかどうかは判らないとした。
  12. ^ 五山の僧侶たちは、清韓が故意に不祥な語句を作ったと回答したが、五山外の妙心寺の海山のみ、「清韓の文章は世に知られ、至らない者に判決は難しい。凶詞書く人物でもなく、天下泰平を祝し、功徳を著したものに違いない」などと擁護した[28]
  13. ^ 右大臣唐名を用いた「右僕射源朝臣家康」は「源氏の長者である家康を射る」、「君臣豊楽 子孫殷昌」は「豊臣を君として子孫までの繁栄を祈る下心」とした[27]
  14. ^ 大野治長は大坂へ報告に戻る。
  15. ^ 8月下旬に大坂より、大野治長兄弟の母で淀殿の乳母の大蔵卿局が派遣された。正栄尼が随行していた[23]
  16. ^ 辻善之助は『片桐且元論』で、こちらの説を採っている。
  17. ^ 京都の勝重に対面した且元より1日早く帰坂していた大蔵卿局が、家康の不興を重大視していなかったため、その見解の相違から疑惑が生じた[32]
  18. ^ 信雄は27日に城を退去。
  19. ^ 淀殿よりの呼び出しを名目に且元に登城が求められたが、月代を剃り風邪を引いたとしてこれを拒否した[31]
  20. ^ 領地召し上げを知らせる使者が駿府・江戸へ送られた。
  21. ^ 徳川方の宣戦布告を知らされた後は、徳川軍の使用のために茨木城を明け渡すべきかなどの問い合わせを行なっている[23]
  22. ^ 且元は乗り物に乗り、抜き身の刀・弓・火縄のかかった銃を持った侍50名ほどに周りを固められていたという[33]
  23. ^ 18日の秀吉の月命日に秀頼が城内の豊国社に参拝することを予想して砲撃し、淀殿の侍女2人を即死させたとしている[35]
  24. ^ 武蔵国多摩川沿岸の六郷で秀忠に謁見。
  25. ^ 竜田陣屋。在・奈良県生駒郡斑鳩町龍田南。
  26. ^ これにより法隆寺が放火されたとの噂が各地に流れている[36]
  27. ^ 前田利常隊と松平忠直隊の間に布陣。豊臣方が崩れた後は城内に突入している[29]
  28. ^ 申告は3千石で実高は5万石だった[38]

出典

  1. ^ a b c d e f 曽根 2001
  2. ^ 浅井長政書状(石川武美記念図書館(旧お茶の水図書館)成簣堂文庫蔵)(長浜市長浜城歴史博物館 2015, p. 9(写真掲載))
  3. ^ 『寛政譜』
  4. ^ a b c d e 譜牒余録
  5. ^ 嵐瑞澂「丹波の太閤検地について-多紀郡奥田谷村を中心として-」『兵庫史学』24号、1960年。
  6. ^ 『伊達家文書』
  7. ^ 『秋田家文書』
  8. ^ 『片桐文書』
  9. ^ 『鹿苑日録』
  10. ^ 『片桐家朱印状』
  11. ^ 桑田忠親『豊臣秀吉研究』角川書店、1975年。
  12. ^ 『大津城攻防戦闘要図』、『筑紫古文書』
  13. ^ 『慶元記』
  14. ^ 高柳 & 松平 1981, p.75
  15. ^ 中村孝也『徳川家康文書の研究』
  16. ^ 『菅家文書』
  17. ^ 『大日本史料』「伏見御城番御所之覚」
  18. ^ 『狭山町史』
  19. ^ 『大坂御陣覚書』
  20. ^ 『東武談叢』
  21. ^ 『イエズス会報告集』
  22. ^ 『パゼー日本耶蘇教史』
  23. ^ a b c d e f g 本光国師日記
  24. ^ 『梵舜日記』
  25. ^ a b c d e f 『駿府記』
  26. ^ 『義演准后日記』
  27. ^ a b 『摂戦実録』
  28. ^ 『武徳編年集成』
  29. ^ a b c d e 『山本日記』
  30. ^ 『北川遺書記』
  31. ^ a b 『伊達政宗記録事跡』
  32. ^ 『寛政重修諸家譜』
  33. ^ 『大坂御陣山口休庵咄』
  34. ^ 『吉川文書』
  35. ^ 『大三川志』
  36. ^ 『言緒卿記』『孝亮宿禰日次記』『東大寺雑事記』
  37. ^ 参謀本部編 国立国会図書館デジタルコレクション 『日本戦史. 大阪役』 元真社、1893年http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/771061/115 国立国会図書館デジタルコレクション 
  38. ^ 『高野山文書』


「片桐且元」の続きの解説一覧



片桐且元と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「片桐且元」の関連用語

片桐且元のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



片桐且元のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
戦国武将覚書戦国武将覚書
Copyright (C) 2020 戦国武将覚書 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの片桐且元 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS