建仁寺とは? わかりやすく解説

けんねん‐じ【建仁寺】

けんにんじ(建仁寺)」の音変化


けんにん‐じ【建仁寺】


建仁寺

寺院名辞典では1989年7月時点の情報を掲載しています。

建仁寺

読み方:けんにんじ

  1. 建仁寺垣のこと、即ち割つた竹で作つた垣根のこと。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

建仁寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/23 12:35 UTC 版)

建仁寺(けんにんじ)は、京都市東山区にある臨済宗建仁寺派大本山寺院山号は東山(とうざん)。本尊釈迦如来。開基(創立者)は源頼家開山栄西である。かつて京都五山の第3位であった。「建仁寺の学問面」などと呼ばれる。


  1. ^ 京都府歴史遺産研究会編『京都府の歴史散歩 中』山川出版社、2011年、p.136
  2. ^ 「関雪年表」(白沙村荘 橋本関雪記念館公式サイト)
  3. ^ 華蔵界 第37号 臨済宗建仁寺派宗務本院発行 2013年3月
  4. ^ 『臨済宗大本山 建仁寺』2016年パンフレット
  5. ^ 『京都の禅寺散歩』竹貫元勝 雄山閣出版 1994年7月発行
  6. ^ 京都府歴史遺産研究会編『京都府の歴史散歩 中』山川出版社、2011年、p.137
  7. ^ 佐和隆研ほか編『京都大事典』淡交社、1984年、p.981
  8. ^ 特別展 栄西と建仁寺(東京国立博物館・読売新聞社・NHK・NHKプロモーション 2014)
  9. ^ 平成29年9月15日文部科学省告示第117号
  10. ^ 国宝・重要文化財の指定について(文化庁サイト)
  11. ^ 京都府指定・登録文化財
  12. ^ 四頭茶会案内パンフレット 大本山建仁寺発行 2014年
  13. ^ 相伴客の捧げる天目碗に、僧侶が立ったまま浄瓶の湯を注ぎ、右手の茶筅で茶を点てる。『別冊太陽 栄西と臨済禅 禅宗寺院の古式茶礼を伝える』禅文化研究所監修 平凡社発行 2014年 p53-55


「建仁寺」の続きの解説一覧

建仁寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/15 01:08 UTC 版)

建仁寺の護持会「健和会」は、2014年迎え開山栄西800年大遠忌記念して2013年11月22日境内北門前と開山堂前の2ヶ所石塔建立除幕したいずれも北木石使っている。北門前の石塔は高さ3m小堀泰厳管長揮毫で「建仁寺」、開山堂前の石塔は「栄西禅師入定塔」と掘られている。

※この「建仁寺」の解説は、「北木石」の解説の一部です。» 「北木石」の概要を見る


建仁寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/15 01:08 UTC 版)

建仁寺の護持会「健和会」は、2014年迎え開山栄西800年大遠忌記念して2013年11月22日境内北門前と開山堂前の2ヶ所石塔建立除幕したいずれも北木石使っている。北門前の石塔は高さ3m小堀泰厳管長揮毫で「建仁寺」、開山堂前の石塔は「栄西禅師入定塔」と掘られている。

※この「建仁寺」の解説は、「北木石」の解説の一部です。» 「北木石」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「建仁寺」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



建仁寺と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

建仁寺のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



建仁寺のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの建仁寺 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの北木石 (改訂履歴)、北木石 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS