福島正則とは?

ふくしま‐まさのり【福島正則】

[1561〜1624]安土桃山江戸初期武将尾張の人。幼少時から豊臣秀吉に従い各地歴戦賤ヶ岳(しずがたけ)の戦いでは七本槍筆頭として活躍関ヶ原の戦いでは徳川方に属し、安芸(あき)広島城主となったが、城の修築でとがめられ所領没収信濃に移された。


福島正則

作者大栗丹後

収載図書戦国武将まんだら秘本三十人伝
出版社春陽堂書店
刊行年月1999.8
シリーズ名春陽文庫


福島正則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/09 17:25 UTC 版)

福島 正則(ふくしま まさのり)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての日本武将で、大名賤ヶ岳の七本槍七将の一人としても知られている。




注釈

  1. ^ 桶屋(おけや)とは、・井戸側などの製造・修理・販売をする業者であるが、その職人をも指す。後述する「桶大工(おけだいく)」は、桶を作る職人のことで、「桶結師(おけゆいし)」とも呼ばれる。「桶屋」が第2義として「桶の職人」である「桶大工」をも指すことから、本項で記述している「桶屋」と「桶大工」が桶にたずさわる異なる職業(製造販売業者と職人)を指すのか同じ職業を指すのかは、特定する術が無い。
  2. ^ 『浅野家文書』の「羽柴秀吉陣立書」2通に名前がある。うち1通には「うしろのそなへ」として「福島市兵衛殿三百」とある。もっともこれは計画書であり、必ずしもこの通りに出陣したとは限らない。
  3. ^ 秀吉からの朱印状が存在するが、日付だけで年は書いていない。秀吉からは統治についての心構えを記した書状がほぼ同時期の9月8日付けに出されており、こちらの内容から、正則が伊予を与えられたのは天正15年(1587年)であると推測されている。
  4. ^ 『駒井日記』に正則の出陣の事が書かれているため、これ以前に1度は帰国していたと思われる。
  5. ^ 正則が先陣と決まっていたにもかかわらず、井伊直政松平忠吉の抜け駆けによって開始されたとされているが、実際は抜け駆け行為は霧の中での偶発的な遭遇戦という形をとっており、戦闘開始はそれに続く福島隊の宇喜多隊に向けた銃撃戦に求めるべきとされている。また、7月7日付で家康から諸将に出された軍法の第4条で抜駆けは厳禁されており、合戦開始時においても、合戦後においても正則から直政に対して何らの抗議めいた態度は示されておらず、直政の開戦時における行為は、かなり抑制されたものであって、正則の名誉を傷つけないように配慮されたものと推測されている[26]
  6. ^ 秀信は正則にとって、主筋(織田信長の家臣が豊臣秀吉で、正則はその家臣である)に当たるため、恩義により助命を嘆願した。

出典

  1. ^ 福尾、藤本, p. 11.
  2. ^ 尾張群書系図部集
  3. ^ 甥。尾張群書系図部集
  4. ^ 甥、姉と別所重宗の子。尾張群書系図部集では父を別所吉治とする。
  5. ^ 福尾、藤本, p. 1.
  6. ^ 『系図纂要』『福島家系図』
  7. ^ 福尾、藤本, p. 4.
  8. ^ a b c 福尾、藤本, p. 14.
  9. ^ 『福島氏世系之図』『福島家系譜』などによる
  10. ^ 福尾、藤本, p. 13.
  11. ^ 福男、藤本, p. 16.
  12. ^ 福尾、藤本, p. 17.
  13. ^ 福尾、藤本, pp. 19-20.
  14. ^ 福尾、藤本, pp. 24-25.
  15. ^ 福尾、藤本, p. 25.
  16. ^ 福尾、藤本, p. 32.
  17. ^ 福尾、藤本, p. 34.
  18. ^ a b 黒田基樹「福島正則文書の基礎的研究」『芸備地方史研究』210・211号、1998年。
  19. ^ 福尾、藤本, p. 64.
  20. ^ a b 福尾、藤本, p. 69
  21. ^ 日本戦史・朝鮮役, 補伝 征韓録[1]
  22. ^ 福尾、藤本, p. 76.
  23. ^ 村川, p. 27; 福尾、藤本, p. 78.
  24. ^ 『島津家文書』二‐九七八
  25. ^ 福尾、藤本, p. 90.
  26. ^ 笠谷, p. 69-73.
  27. ^ 福尾、藤本, p. 133.
  28. ^ 福尾、藤本, p. 154.
  29. ^ 村川, p. 35頁.
  30. ^ 福尾、藤本, p. 170.
  31. ^ 福尾、藤本, p. 172.
  32. ^ a b c 福尾、藤本, p. 179
  33. ^ 福尾、藤本, p. 78.
  34. ^ 福尾、藤本, p. 33.
  35. ^ 橋本, 「蔵人五位と五位蔵人」.
  36. ^ a b 木下, 「織豊期の武家官位」
  37. ^ 福尾、藤本, pp. 135-136.
  38. ^ 福尾、藤本, p. 97.
  39. ^ 福尾、藤本, pp. 155-157.
  40. ^ 福尾、藤本, p. 164.


「福島正則」の続きの解説一覧



福島正則と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「福島正則」の関連用語

福島正則のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



福島正則のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの福島正則 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS