江戸初期とは? わかりやすく解説

江戸初期

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/12 01:40 UTC 版)

日本の篆刻史」の記事における「江戸初期」の解説

室町時代流行した私印江戸時代初期に見られ藤原惺窩林羅山などの儒者中心に用いられた。また本阿弥光悦俵屋宗達などの芸術家独自の印を用いている。これらの印章誰が刻したのかは明らかではない。ただこの時代にあって石川丈山篆刻は他とは異なり明代文人趣味に通じる華美な様式取り入れられている。明人との交友あることから篆刻学び自ら刻した可能性もあり、日本篆刻先駆者のひとりとできる。丈山除けばこの時代印章概して実用目的で用いられ正しい篆法・印法・刀法に則っていない。

※この「江戸初期」の解説は、「日本の篆刻史」の解説の一部です。
「江戸初期」を含む「日本の篆刻史」の記事については、「日本の篆刻史」の概要を参照ください。


江戸初期

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 03:24 UTC 版)

新川 (東京都中央区)」の記事における「江戸初期」の解説

寛永元年1624年向井忠勝屋敷地東方沼沢地幕府寄進霊巌下賜され埋立の後霊巌寺建立された。寛永7年1630年)には東南角に向井忠勝屋敷地拝領し代々向井将監支配による御船手組番所置かれた。またその北には越前堀囲まれ越前福井藩越前松平家中屋敷明治まで存続した。また明暦以前古地図にはこれ以外にも旗本等の屋敷が散見される。 町人地としては以下の町成立していた。 霊岸島町 霊岸島門前 - 霊岸島と共に移転した寛政3年1791年霊岸島表門前町霊岸島裏門前町分立した。 東湊町一・二丁目 - 町名亀島川対岸湊町に因る。当初は左衛門町と称した南新堀一・二目 - 元6年1620年)頃新堀川整備され成立した対岸現在の日本橋箱崎町には北新堀町成立した

※この「江戸初期」の解説は、「新川 (東京都中央区)」の解説の一部です。
「江戸初期」を含む「新川 (東京都中央区)」の記事については、「新川 (東京都中央区)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「江戸初期」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「江戸初期」の関連用語

江戸初期のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



江戸初期のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日本の篆刻史 (改訂履歴)、新川 (東京都中央区) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS