三十とは?

み‐そ【三十】

数のさんじゅう。「三十日(か)」「三十路


みそ‐じ〔‐ぢ〕【三十/三十路】

古くは「みそち」》

30歳。「—を越える」→十路

30。みそ。

「—あまり二つの相(かたち)八十(やそ)種(くさ)とそだれる人の踏みし跡どころ稀にもあるかも」〈仏足石歌


さん‐じゅう〔‐ジフ〕【三十/×卅】

10の3倍の数。

30歳。みそじ。


さん‐じゅう ‥ジフ 【三十】

〔名〕

① 一〇の三倍の数。

源氏100114頃)宿木「子もちの御前衝重(ついがさね)三十、ちごの御ぞ、五襲(いつかさね)にて」〔詩経小雅・無羊〕

年齢の三〇歳をいう。

源氏100114頃)賢木「卅にてぞ、今日また九重を見給ひける」〔礼記内則


み‐そ【三十】

〔名〕

① 三〇。名詞助数詞前に直接つけて用いる。→みそじ。

物の数を、声に出して順に唱えながら数えるときの三〇。

源氏100114頃)空蝉「十(とを)・二十(はた)・みそ・四十(よそ)なとかさふるさま」


みそ‐じ ‥ぢ 【三十・三十路】

〔名〕 (「じ」は接尾語古くは「みそち」)

① 数の三〇。

仏足石歌753頃)「彌知(ミソチ)あまり二つの相(かたち)八十種(やそくさ)とそだれる人の蹈みし足跡どころ稀にもあるかも」

② 三〇歳。三〇年。

春曙抄(10C終)一四三「三十(ミソヂ)あまりばかりなる女の」


30

(三十 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/04 15:49 UTC 版)

30三十参拾參拾、さんじゅう、みそ、みそじ)は自然数、また整数において、29の次で31の前の数である。




「30」の続きの解説一覧

三十

出典:『Wiktionary』 (2019/11/01 16:20 UTC 版)

数詞

さんじゅう

  1. 30、みそ、
  2. 年齢30歳。
    • 三十にして立つ。

翻訳



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「三十」の関連用語

三十のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



三十のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの30 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの三十 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS