アイルランド語とは? わかりやすく解説

アイルランド語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 18:30 UTC 版)

アイルランド語(アイルランドご、愛: Gaeilge [ˈɡeːlʲɟə]: Irish)は、インド・ヨーロッパ語族ケルト語派に属する言語である。現存するゲール語の一つであり、しばしばアイルランド・ゲール語アイリッシュ・ゲール[2]、あるいは西ゲール語, 愛蘭土語、愛蘭語, 愛語とも呼ばれる。アイルランド共和国第一公用語であり、2007年以降欧州連合の公用語の一つである[3]


  1. ^ Gordon, R. G., Jr. 編 (2005) Ethnologue: Languages of the World, Fifteenth edition, "Gaelic, Irish". SIL International(2008年3月23日アクセス)
  2. ^ : Irish Gaelic
  3. ^ 駐日欧州委員会代表部 編 (2007) 『ヨーロッパ』通巻第248号、22頁
  4. ^ 国情報 > アイルランド”. Studybooking.com. 2018年4月11日閲覧。
  5. ^ ディクソン, R・M・W (2001) 『言語の興亡』 (ISBN 4-00-430737-6ISBN 978-4-00-430737-2) 大角翠 訳、岩波書店〈岩波新書〉、152頁
  6. ^ ここでいう「軟音」は、スラヴ語学におけるそれとは用法が異なることに注意。音声の項を参照。


「アイルランド語」の続きの解説一覧

アイルランド語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/16 06:33 UTC 版)

現在の正書法では使用されない弱化した子音を示すために、かつて ḃ, ċ, ḋ, ḟ, ġ, ṁ, ṗ, ṡ, ṫ が使われていた。

※この「アイルランド語」の解説は、「ドット符号」の解説の一部です。» 「ドット符号」の概要を見る


アイルランド語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/24 07:39 UTC 版)

アイルランド語はEU公用語1つとなったのは2007年1月1日以降であるが、アイルランド語はアイルランドの第1公用語であり、北アイルランドでも少数言語となっている。1973年アイルランドEEC加盟したが、それ以来EUの諸条約ではアイルランド語を公用語と同じように扱い正式に条約において使用される言語として認証された。またEU機関に対してもアイルランド語を使用することができるようになった2005年6月13日ルクセンブルクにおいて第2667回欧州連合理事会総務対外関係理事会における全会一致での決定を受けて、アイルランド語がEU21番目の公用語とされることが発表された。ただし特例規定され他の公用語とは違ってすべての文書がアイルランド語に翻訳されないとされた 。しかしながらこの決定により欧州議会欧州連合理事会承認され法令はアイルランド語に翻訳され、またアイルランド語から翻訳され文書欧州議会総会欧州連合理事会会合において用いることができるようになった。なおこの規定は2007年1月1日より効力発するようになった。アイルランド語をEU公用語として翻訳文書発行にかかる費用は年350ユーロ程度見込まれている。この規定は発効から4年以内見直されその後5年ごとに再検討される。 アイルランド語は加盟国内においてあまり使用されていないEU公用語であり、2006年統計調査ではアイルランド人口424万人であるが、多少知識を持つ者は166万人であるが、完全な母語としているのは、僅か4から8万人の間とみられている。また北アイルランドでは、アイルランド語の知識多少あると自己申告した者は(2001年国勢調査時)165000人である。さらに小規模ではあるがアイルランド語を話すコミュニティ世界中にあり、最もコミュニティ規模大きアメリカでは25,000人がアイルランド語を話すことができる。

※この「アイルランド語」の解説は、「欧州連合の言語」の解説の一部です。» 「欧州連合の言語」の概要を見る


アイルランド語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/26 02:44 UTC 版)

á, é, í, ó, ú は各母音長音を表す。ただしすべての長母音アキュート・アクセントがつくわけではない

※この「アイルランド語」の解説は、「アキュート・アクセント」の解説の一部です。» 「アキュート・アクセント」の概要を見る


アイルランド語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/16 06:33 UTC 版)

現在の正書法では使用されない弱化した子音を示すために、かつて ḃ, ċ, ḋ, ḟ, ġ, ṁ, ṗ, ṡ, ṫ が使われていた。

※この「アイルランド語」の解説は、「ドット符号」の解説の一部です。» 「ドット符号」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

アイルランド語

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 07:25 UTC 版)

言語コード
ISO639-1 ga
ISO639-2 gle
ISO639-3 gle
SIL -

名詞

アイルランドアイルランドご)

  1. アイルランド共和国第一公用語で、インド・ヨーロッパ語族ケルト語派属す言語ゲール語一種であり、スコットランド・ゲール語等と区別し、「アイルランド・ゲール語」・「アイリッシュ・ゲール(語)」と呼ばれるが、単に、ゲール語という場合はアイルランド語を指す場合が多い。主にアイルランド島西部に点在するゲールタハトという地域話される

翻訳




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

アイルランド語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アイルランド語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアイルランド語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのドット符号 (改訂履歴)、欧州連合の言語 (改訂履歴)、アキュート・アクセント (改訂履歴)、ドット符号 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのアイルランド語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS