ケルト祖語とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ケルト祖語の意味・解説 

ケルト祖語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/03 02:47 UTC 版)

ケルト祖語(ケルトそご、: Proto-Celtic)は、紀元前800年頃に話されていたケルト語派の共通の祖先とされる言語である。汎ケルト語: Common Celtic)ともいう。印欧語族のうちで最も早くヨーロッパ大西洋岸に到達したことで知られ、その語彙比較再構により多くが再建されている。骨壷文化の西端に位置しヨーロッパを鉄器時代へと導いたハルシュタット文化原郷として推定されるが、それに影響を及ぼしたとされるキンメリア文化の担い手について、ゲルマン系のキンブリ人やシカンブリ人の他にケルト系のウェールズ人を対応させる説が存在している。






「ケルト祖語」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ケルト祖語」の関連用語

ケルト祖語のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ケルト祖語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのケルト祖語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS