直接目的語とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 文法 > 目的語 > 直接目的語の意味・解説 

ちょく せつもくてきご [0] 【直接目的語】

目的語の一。「 A に B を与える」という時の「 B を」に相当するもの。

目的語

(直接目的語 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/31 07:45 UTC 版)

目的語(もくてきご、ラテン語: objectum)は、構成素文の成分の一つ。客語または補語対象語)と呼ぶ場合もある。ロマンス諸語では目的補語と呼ぶことが多い。日本語ではおもに格助詞「を」や「に」で示される。目的語を示す目的格と呼ぶ。


  1. ^ 現代英語では疑問代名詞・関係代名詞 whom の代わりに、本来は主格である who を使うのが一般的である(目的語として前置詞に続く場合を除く)。
  2. ^ to 不定詞(to に続くのが動詞)はこれに含まない。ただし、不定詞には副詞的用法もあり、この場合は動詞の目的語ではない。


「目的語」の続きの解説一覧



直接目的語と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「直接目的語」の関連用語

直接目的語のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



直接目的語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの目的語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS