事象とは? わかりやすく解説

じ‐しょう〔‐シヤウ〕【事象】

ある事情のもとで、表面現れた事柄現実出来事現象。「自然界の—」

数学で、試行結果起こ事柄例えば、さいころ投げるという試行結果からは一から六の目のどれかが出るという事象が起こる。


事象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/10 06:10 UTC 版)

事象じしょう




「事象」の続きの解説一覧

事象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 09:20 UTC 版)

1950年代に、らがから下峡谷跳んでいると報じられたために、地元の人々はこのを「死の」("Bridge of Death")または「イヌ自殺」("Dog Suicide Bridge")[要出典]と呼び始めた。この話は2000年代後半から2010年代前半より目立つようになった元のそれら事件報告され以降、@media screen{.mw-parser-output .fix-domain{border-bottom:dashed 1px}}落下のために少なくとも50匹のイヌ死亡したが、600匹以上が跳んだが、それでも生き残っている。[要出典] 2004年に、ケネス・メイクルは家族ゴールデン・レトリバー一緒に歩いていた。そのとき、そのイヌが突然逃げだしから跳び降りた。それは生き残ったが、その経験によってトラウマ負った2005年に入ると、少なくとも5匹の他のイヌも6か月間跳び越えた。2014年に、キャシーという名前のスプリンガー・スパニエル一緒に歩いていたアリス・トレボローは、オーバートゥーンでの奇妙な体験報告した。「わたしは駐めていたし彼女はとても従順なので、わたしは彼女のリードをつけませんでした...わたしと息子は、キャシーのほうへ歩きましたキャシー橋の上の何かを見つめていました...彼女はまちがいなく彼女をジャンプさせる何かを見ました。何か不吉なことが起こってます。女にとってはそれほど人柄でありませんでした」("I had parked up and as she is so obedient I didn't put her lead on...Me and my son walked toward Cassie, who was staring at something above the bridge... she definitely saw something that made her jump.There is something sinister going on. It was so out of character for her.")

※この「事象」の解説は、「オーバートン橋」の解説の一部です。» 「オーバートン橋」の概要を見る


事象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/26 03:20 UTC 版)

手帳・全般 2002年版 - 2001年春にほぼ日手帳プロジェクト始動し、2001年冬に「ほぼ日手帳2002」を発売2004年版 - 日別ダイアリーに「日々の言葉」を掲載するうになる2005年版 - ロフトでの店頭販売開始する2006年版 - 「spring」の発売開始2007年版 - 「ほぼ日刊イトイ新聞サイト内で「ほぼ日手帳CLUB」というコンテンツ作られる2008年版 - オプション商品を「すてきな文房具」として展開開始2011年版より「TOOLS & TOYS」と改称)。後述関連商品を参照2009年版 - グラフィックデザイナー佐藤卓による意匠見直しが行われる。 2009年版 - A5判カズン」の発売開始2009年版 - 「オリジナル日曜始まり発売開始2010年版 - 方眼大きさが3.7mmと決着2011年版 - ビジネス手帳の「ほぼ日手帳2011 WEEKS」を発売2011年版 - オリジナルおよびカズンの巻付録を、雑誌じゃらんリクルート)、danchu(プレジデント社)とのコラボレーションにより改訂2011年版 - 「日々の言葉」の選出に、外部選考委員による選考実施カバー 2002年版 - ナイロンカバー紺色の1色のみ。 2003年版 - 「バタフライストッパー」採用2004年版 - 革カバー登場外側ポケット採用2005年版 - 「カバー・オン・カバー発売開始2007年版 - 「プリントカバー」登場2009年版 - オリジナル用ファブリックカバー登場カズンカバー登場2010年版 - カバー全色一斉発売から、春まで月毎に分けて発売開始変更2010年版 - カズン用プリントカバーと革カバー登場

※この「事象」の解説は、「ほぼ日手帳」の解説の一部です。» 「ほぼ日手帳」の概要を見る


事象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 09:20 UTC 版)

1950年代に、らがから下峡谷跳んでいると報じられたために、地元の人々はこのを「死の」("Bridge of Death")または「イヌ自殺」("Dog Suicide Bridge")[要出典]と呼び始めた。この話は2000年代後半から2010年代前半より目立つようになった元のそれら事件報告され以降、@media screen{.mw-parser-output .fix-domain{border-bottom:dashed 1px}}落下のために少なくとも50匹のイヌ死亡したが、600匹以上が跳んだが、それでも生き残っている。[要出典] 2004年に、ケネス・メイクルは家族ゴールデン・レトリバー一緒に歩いていた。そのとき、そのイヌが突然逃げだしから跳び降りた。それは生き残ったが、その経験によってトラウマ負った2005年に入ると、少なくとも5匹の他のイヌも6か月間跳び越えた。2014年に、キャシーという名前のスプリンガー・スパニエル一緒に歩いていたアリス・トレボローは、オーバートゥーンでの奇妙な体験報告した。「わたしは駐めていたし彼女はとても従順なので、わたしは彼女のリードをつけませんでした...わたしと息子は、キャシーのほうへ歩きましたキャシー橋の上の何かを見つめていました...彼女はまちがいなく彼女をジャンプさせる何かを見ました。何か不吉なことが起こってます。女にとってはそれほど人柄でありませんでした」("I had parked up and as she is so obedient I didn't put her lead on...Me and my son walked toward Cassie, who was staring at something above the bridge... she definitely saw something that made her jump.There is something sinister going on. It was so out of character for her.")

※この「事象」の解説は、「オーバートン橋」の解説の一部です。» 「オーバートン橋」の概要を見る


事象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 02:58 UTC 版)

景気の名称は、内閣府による景気基準日付の各景気拡張拡大)期間や後退期間によって、マスコミ等が命名し一般的に用いられているが公的に定まっていないため通称である。主な好景気の名称の例として神武景気」・「岩戸景気」・「いざなぎ景気」・「平成景気バブル景気)」(四大景気)などと呼ばれている。

※この「事象」の解説は、「通称」の解説の一部です。» 「通称」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

事象

出典:『Wiktionary』 (2021/08/18 12:07 UTC 版)

この単語漢字

第三学年
しょう
第五学年
音読み 音読み

発音

じ↘しょー

名詞

(じしょう)

  1. できごとことがら
  2. 確率論試行結果起こる事柄で、確率対応させる対象なるもの

関連語


「事象」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



事象と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「事象」に関係したコラム

  • FXのアノマリー一覧

    FXのアノマリー(anomaly)とは、FX(外国為替証拠金取引)において、ファンダメンタルズやテクニカルでは理論的な裏付けのできない事象のことです。以下は、FXにおいてアノマリーといわれる事象の一覧...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

事象のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



事象のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2022 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの事象 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのオーバートン橋 (改訂履歴)、ほぼ日手帳 (改訂履歴)、オーバートン橋 (改訂履歴)、通称 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの事象 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS