ウェーバーとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 技術者 > 技術者 > 各国の技術者 > ウェーバーの意味・解説 

ウェーバ [1] 【weber】

ドイツ物理学者ウェーバーにちなむ〕

ウェーバー 【Weber】 ○

Carl Maria von W.〕 (1786~1826ドイツ-ロマン派オペラ確立した作曲家。「魔弾の射手」「オイリアンテ」「オベロン」などのオペラのほか,「舞踏への勧誘」など多く器楽曲声楽曲を残す。
Ernst Heinrich W.〕 (1795~1878ドイツ生理学者心理学者知覚弁別閾(いき)法則立て聴力検査法に音叉を使う方法開発。 → ウェーバーの法則

Wb

〖weber〗

ウェーバー 【Weber】


ウェーバー (Weber, Wilhelm Eduard)

ウェーバーという人は

ヴィルヘルム・エドゥアルト・ウェーバー ヴィルヘルム・エドゥアルト・
ウェーバー

ヴィッテンベルク大学神学教授次男として、1804年ヴィッテンベルク生まれる。 1822年からハレ大学シュワイガー師事し、音響学専攻する。ウェーバーの博士論文教師資格論文音響に関するのだった

1828年、ウェーバーはベルリン開かれた学会で、フンボルト紹介によりガウス知己を得る。 ガウス推薦により、1831年に彼はゲッチンゲン大学物理学教授となり、ガウス共同地磁気電磁気の単位系の研究を行う。

ウェーバーの主な経歴

1833年電磁電信機ガウスとともに発明する。 5本の電線と5つの磁針を用いた反射電流電信機であり、地磁気観測所研究所間の約83kmを実際に電信した。 これ以前電信使用する文字数通信線の本数が同じだけ必要であり、実用的とは言えないものだった。 この発明を耳にしたクックイギリス戻りホイートストンとともに電信機完成させる。

1846年ガウス磁気で行ったのと同様に長さ質量時間の3項目を用いて静電単位決定する。 1840年頃から力学的な単位長さ[cm]、質量[g]、時間[sec]を用いるc.g.s.単位系一般的となっていた。 言ってしまえばガウス磁気単位もウェーバーの静電単位も当然の帰結ではある。

1851年電流電気抵抗絶対測定完成させる。 アンペールの法則出発点として定めるもので、検流計改良し、固定コイルの間に2本の可動コイル配置してその振れ角から電流絶対測定するダイナモメーター電流力計)を製作するダイナモメーター交流電流電圧測定することができた。これを最初に提案したのはキルヒホッフであるが、完成させたのがウェーバーであった。

1856年静電単位電磁単位の比が光の速度にほぼ等しいことをコールラウシュとともに実証する。 当時光速フーコーによってすでに測定されていたが、電磁波存在はまだ知られていない。 当然その速度光速一致するということも知られていない。 ウェーバーとコールラウシュは同じ電気量測定静電的電磁的に測定して両者比較し、3.1×10^10[cm/sec]という値を得る。 発見当時はさほど注目されなかったが、後にマクスウェル電磁気学理論の重要な伏線であることが明らかになった。

1859年コプリ・メダル受賞した。

磁束の単位・ウェーバー

現在ウェーバーの名は、磁束単位ウェーバー[Wb]として、SI組立単位に残っている。


ウェーバー

【英】:Weber, Carl Maria von
[ドイツ]  1786~1826

2007年5月 執筆者: 朝山 奈津子

ドイツ作曲家ピアニスト音楽著述家巡業歌劇団の家に生まれハイドンモーツァルト、J.A.ヒラーパイジェッロなどのジングシュピール早くから親しんだ。父は、兄の娘コンスタンツェが嫁いでモーツァルト縁戚となったことから、自分息子音楽教育にも熱心で、各地の有名音楽家弟子入りさせた。13歳ですでにオペラを書いて上演されている。40歳で早世するまで、あらゆる方面作品を残したが、とりわけドイツ語台本神話題材によるオペラジャンルとして確立し、ヴァーグナー大きな影響与えた。
 ヴェーバー当代随一ピアノ奏者としても名高かった。身体小柄だったが10度和音をとらえる並外れ長い指を持ち演奏技術においてはフンメルモシェレスツェルニーらにも全くひけをとらなかったと言われる

ピアノ独奏曲

ピアノ合奏

管弦楽ピアノ


ウェーバー

名前 WaberWebberWeberVeberWeaver

ウェーバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/22 01:38 UTC 版)

ウェーバーヴェーバー


  1. ^ 「観戦必携/すぐわかる スポーツ用語辞典」1998年1月20日発行、発行人・中山俊介、39頁。


「ウェーバー」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ウェーバー」の関連用語

ウェーバーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ウェーバーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
電気史偉人典電気史偉人典
Copyright(C) 2019 電気史偉人典 All rights reserved
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2019 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウェーバー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS