開拓とは? わかりやすく解説

かい‐たく【開拓】

読み方:かいたく

[名](スル)

山林原野などを切り開いて田畑居住地道路をつくること。開墾。「荒野を—する」

新し分野・領域進路などを切り開くこと。「販路を—する」


開拓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/29 06:11 UTC 版)

開拓(かいたく)とは、未開の地に分け入り住居農地を造り、に変え、社会基盤である道路鉄道治水また安定的な供給を図り最終的に社会都市を形成していく初期の過程を指す。転じて、新しい分野や販路などの拡大の意味でも用いられる。




「開拓」の続きの解説一覧

開拓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/08/30 11:47 UTC 版)

アバディーン (サウスダコタ州)」の記事における「開拓」の解説

アバディーン市すなわちブラウン郡ヨーロッパ人開拓者が入る前、およそ1700年から1879年まではスー族インディアンこの地域に住んでいた。1820年代コーカサス人毛交易商が初め現れて交易基地築き1830年代半ばまで交易続けられた。この地域の最初の開拓者」はアリカラ族インディアンであり、その後他の部族加わることになったコーカサス開拓者集団現在のブラウン郡入ったとき、その集団人間が4人、馬3頭、ラバ2頭、牛15頭および荷車2両に過ぎなかった。翌春には別の集団加わり、現在サウスダコタ州コロンビアとなっている地域次から次と移民到着し始めたこの町1879年6月15日設立された。 開拓者大半はコーカサス人であり、続いてインディアン多かった。この傾向今日でも続いている

※この「開拓」の解説は、「アバディーン (サウスダコタ州)」の解説の一部です。
「開拓」を含む「アバディーン (サウスダコタ州)」の記事については、「アバディーン (サウスダコタ州)」の概要を参照ください。


開拓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/03/05 13:48 UTC 版)

デラウェア植民地」の記事における「開拓」の解説

1631年オランダによる初期開拓から1682年ペンシルベニア植民地による支配の時まで、後にデラウェア州となった土地何度もその所有者変えたこのためデラウェア宗教的に文化的に多様な人々からなる大変異質な社会となったオランダのためにアジアへの北西航路を探るために、1609年ヘンリー・ハドソンが行った航海間に現在のデラウェア湾入ったハドソンはそこを南の川 (South River)と名付けたが、これは1610年にサミュエル・アーゴールが風に吹き寄せられコース外れた後で川を発見し変えられた。アーゴールは後にそのバージニア植民地第2代総督だった第3代ディ・ラ・ワーレ男爵トマス・ウエストに因んで川の名前デラウェア名付けたオランダイギリス初期この土地いかよう種類開拓地造ることにも興味示さなかった。最初に真にこの土地開拓しようという試みは、1631年オランダ28人の男性集団派遣して、ルイス・クリークのヘンローペン岬内陸に砦を建設したきだった。この最初の植民地大きな群がいたことと鯨油作るという利点生かすために造られた。しかし、1632年までに、植民地住民全部誤解のために先住インディアン虐殺されることになった1638年ニュースウェーデン会社とピーター・ミヌイットがデラウェア最初の恒久的開拓地作り、ミンクァンキルに前哨基地も造った。このスウェーデン人開拓地前哨基地スウェーデン女王に因んでクリスチーナ砦と改名された。初期の有名な知事はジョハン・プリンツ大佐であり、この新し植民地10年間支配し1654年にジョン・ライジングと交代したスウェーデン支配1655年終わったピーター・ストイフェサントオランダ艦隊率いて現れスウェーデンの砦を占領し植民地支配権確立したニューアムステルダムの町が造られ毛皮貿易中心植民地管理本部とされた。 1664年イングランドヨーク公ジェームズニューアムステルダム占領した後でロバート・カー卿がデラウェア川派遣された。カーはニューアムステルを奪いそこをニューキャッスル改名した。これでオランダによる植民地支配事実上終わり北アメリカにおけるオランダ領有権主張全て消えたデラウェア1664年から1682年までヨーク公代理人によってニューヨーク植民地から統治された。 1681年ウィリアム・ペンイングランド王チャールズ2世からペンシルベニア植民地特許された後でペンヨーク公デラウェア土地請い後に受け取ったペンは、デラウェア人々多様な民族混合であったために、その統治が大変難しかったペンシルベニアデラウェア下流郡の政府合併させよう試みた双方地域の代表が激しく衝突したので、1701年ペン2つの別々の議会を持つことに同意したデラウェア人はニューキャッスルで会し、ペンシルベニア人はフィラデルフィア議会を開くことになったデラウェアスウェーデン人フィンランド人オランダ人フランス人およびイギリス人民族坩堝となり、本拠であり続けた

※この「開拓」の解説は、「デラウェア植民地」の解説の一部です。
「開拓」を含む「デラウェア植民地」の記事については、「デラウェア植民地」の概要を参照ください。


開拓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/08 02:43 UTC 版)

ウェイン郡 (ウェストバージニア州)」の記事における「開拓」の解説

ウェイン郡となった地域は、すでにそこに住んでいたインディアンから常に脅威あったために白人の開拓が始まったのは1794年以降だった。この年、"マッド"・アンソニー・ウェイン将軍が、フォールン・ティンバーズの戦いショーニー族インディアン破りこの地域は安全なものになったヨーロッパ人による最初の恒久的開拓地ができたのは1800年頃であり、当時はカナー郡に属していた。初期開拓者大半は自給自足農民だった。自分達の食べ食料栽培し、羊を育て毛織物織り周辺のから切り出した木材建物を建て、家具道具作った自分達で作れないよう商品交易基地提供された。後にウェインディクソン、イーストリンの南、ラバレットに製粉所ができ、トウモロコシ小麦挽いて小麦粉などを作った

※この「開拓」の解説は、「ウェイン郡 (ウェストバージニア州)」の解説の一部です。
「開拓」を含む「ウェイン郡 (ウェストバージニア州)」の記事については、「ウェイン郡 (ウェストバージニア州)」の概要を参照ください。


開拓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/10 13:47 UTC 版)

メルボルン (フロリダ州)」の記事における「開拓」の解説

南北戦争後パイオニアの家族到着しメルボルンの町は元奴隷達によって1867年設立された。 最初の開拓者リチャード・W・グッド、その父のジョン・グッド、コーンスウェイト・ジョン・ヘクター、ピーター・ライト船長、バラーム・アレン、トマス・メイソンだった。メルボルンの町は元「クレーン・クリーク」と呼ばれており、最初の郵便局長であり、オーストラリアメルボルン生涯大半過ごしてきたイギリス人、コーンスウェイト・ジョン・ヘクターの栄誉称えてメルボルン改名された。ヘクター地域多くの住民と共にメルボルン墓地埋葬されている最初の学校1883年建設され、現在はフロリダ工科大学が所有しており、そのキャンパスでは恒久的な展示物となっている。1885年までに人口70になっていた。グレーター・アレン・チャペルのアフリカ人メソジスト・エピスコパル教会1885年設立され、現在も活動続けている。 1890年代後半、ブラウンリー・マクスウェル葬儀場オープンし、現在も営業続けている。黒人が所有した最古の企業タッカーのカットレイト水道工事である。1934年開設された。 1900年代初期家屋フロリダ固有の枠組み建設されることが多かった1942年後半海軍メルボルン航空基地設立され第二次世界大戦のために新しく従軍した海軍海兵隊パイロット訓練した基地としての利用1946年まで続けられその後現在のメルボルン国際空港大半構成するものになっている1969年オーガリー市とメルボルンで合併のための住民投票が行われ、現在のメルボルン市が誕生した

※この「開拓」の解説は、「メルボルン (フロリダ州)」の解説の一部です。
「開拓」を含む「メルボルン (フロリダ州)」の記事については、「メルボルン (フロリダ州)」の概要を参照ください。


開拓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/20 10:23 UTC 版)

大航海時代Online」の記事における「開拓」の解説

プレイヤー国家は、中南米東岸領地1港、東南アジア同盟港1港の「開拓地」を持つ。開拓地には、港の発展段階指標として通常の発展度」の他に文化度・商業度・武装度があり、アイテム・船・発見物カード納入によって上昇する

※この「開拓」の解説は、「大航海時代Online」の解説の一部です。
「開拓」を含む「大航海時代Online」の記事については、「大航海時代Online」の概要を参照ください。


開拓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/04 10:13 UTC 版)

イーダイナ (ミネソタ州)」の記事における「開拓」の解説

イーダイナの町はミネソタ州リッチフィールド郡区の一部として始まった1850年代17家族、その大半はアイルランドにおける大飢饉結果として移民して来た者達がミネソタ入って当時リッチフィールド郡区だったところの南西部土地登記したその後にイングランドスコットランド農夫続き、ミネハハ・クリーク近く土地登記したベアード地区グライムズ地区どちらもアメリカ合衆国国家歴史登録財指定されている)、およびカントリークラブ地区がイーダイナの北東部にあり、町になった最初期ものである1888年郡区住人集会開いてリッチフィールド郡区から分離して新し設立検討した。この考えは町の中で受け入れられ移行監督する委員会作られた

※この「開拓」の解説は、「イーダイナ (ミネソタ州)」の解説の一部です。
「開拓」を含む「イーダイナ (ミネソタ州)」の記事については、「イーダイナ (ミネソタ州)」の概要を参照ください。


開拓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 17:28 UTC 版)

孫権」の記事における「開拓」の解説

230年黄龍2年)、衛温諸葛直に兵1万与え、夷洲と亶洲の探索行わせた。約1年後231年)、諸葛直衛温帰国したが、亶洲へは遠すぎたため到達できず、兵の八割から九割を疫病失っていた。成果は夷洲の現地民を数千連れ帰っただけであった同年、孫布に命じて魏への偽りの降伏申し出て、魏の対呉司令官王淩は孫布を迎えに行くために出兵し、潜伏していた孫権軍大敗した233年嘉禾2年)、公孫淵が呉に戦馬供給していた。3月孫権顧雍陸遜張昭重臣諫止聞かず公孫淵内通信じて張弥・許晏・賀達らに九錫礼物策命書と兵1万持たせ派遣した結果家臣予想通り公孫淵孫権派遣した使者斬り恩賞奪った上で魏に寝返ってしまった。激怒した孫権は自ら公孫淵征伐行おうとしたが、薛綜らの諫止により思いとどまった234年嘉禾3年)、三方攻略期した孫権諸葛亮連絡して共に魏領を攻めるが、敵味側戦線膠着状態に陥ることになった。魏の援軍迫ったので、曹叡親征軍が来ると聞く撤退したまた、陸遜諸葛瑾襄陽攻めたが、江夏郡安陸石陽平定した。この年から3年間、諸葛恪陳表顧承らを派遣して山越討伐し、降伏した山越の民を呉の戸籍組み込み兵士として6万人徴兵した。 235年嘉禾4年)、魏は孫権に、馬と真珠翡翠などを交換したい申し入れてくる。孫権は「真珠翡翠確かに貴重な珍品であるが、私には必要のないものだ。その代わりに馬が手に入るなら拒否する必要もない」と、交易受け入れた236年嘉禾5年)に五銖銭500238年嘉禾7年)に五銖銭1,000価値を持つ貨幣発行した酷吏とされる呂壱重用していたが、238年赤烏元年)に悪事露見し処刑した239年赤烏2年)、公孫淵は魏に対して挙兵し、呉に援軍求めた呉の人々は皆その使者斬ろうとしたが、ひとり羊衜だけは援軍送り遼東救援するよう提案した孫権はこれを聞き入れ援軍として羊衜・孫怡・鄭冑派遣した公孫淵は魏に討たれたが、その後処置苛烈を極めるものであった。呉の援軍が魏の張持・高慮を破ると、遼東の人を連携として帰国した遼隧の戦い)。 241年赤烏4年4月全琮諸葛恪朱然諸葛瑾歩騭などに命じて四路から魏を攻め5月皇太子であった長男孫登33歳病没すると、6月全ての戦線で呉の軍勢撤退した。しかし、六安・芍陂・樊城・柤中の破壊労働力掠奪ルート確保成功するなど作戦目標に合致した戦果挙げ諸将褒賞があった(芍陂の役)。 翌242年赤烏5年)、三男孫和太子立てた。しかし、当時寵愛していた四男の孫覇孫和同等の処遇したため立太子期待する孫覇派と、廃太子防ごうとする孫和派との対立招いた同年孫権聶友校尉陸凱に3の兵を与えて珠崖・儋耳の地を討たせ、このとき珠崖郡が再び設置された。後に朱然命じて魏の柤中へ侵攻した呉軍各地に分散させていたところを魏の忠と胡質襲撃されたが、朱然果敢な戦略800人の軍勢前方の忠が退却してしまったため、後方にいた胡質退却した一方諸葛恪は軽兵のみで魏領を奇襲し舒城攻め落とし長江北岸住民移住させた。 243年赤烏6年正月諸葛恪は魏を攻めたが、六安魏軍大い破り、謝順軍を破り謝順を斬り魏軍人々捕虜にした。12月司馬懿は呉を攻めるが、気象学者助言諸葛恪柴桑移らせ孫権は自ら軍を率いてこれを迎撃した。結局司馬懿十余日で舒城陥落させることができずに退却した244年赤烏7年)、歩騭朱然らは、蜀は魏と通じて呉を攻めようとしていると言上したが、孫権はこれを信ぜずこう言った「人の言うことはあてにならぬ。私は諸君為に家の存亡賭けてこれを保証しよう」。果たして、蜀漢そのような企て無く孫権予想通りだった。 245年赤烏8年)、魏からの降将である馬茂謀反を起こす馬茂符節令の貞・無難督の虞欽・牙門将の志たちと共に孫権暗殺計画を練るが、事前に事が見通して失敗終わっている246年赤烏9年)、朱然上表して、前年起きた魏からの投降者馬茂による孫権暗殺未遂事件報復として、再び魏の柤中に侵攻し曹爽討伐に出る。朱然勇猛により曹爽万余人以上を失い大した被害を受けて退却した朱然はこれを見逃さ魏軍追撃し歩兵騎兵6千率いた魏の李興撃ち破り、数千人を斬り1000人ほどを捕虜にした 。 247年赤烏10年)、孫権諸葛壱に命じ魏の諸葛誕誘き寄せようと謀り自身も軍を率いて出陣した諸葛誕らはこれに乗らず撤退した248年赤烏11年)、交州九真郡の夷賊らが呉に対して反乱起こし、この報告聞いた孫権は、陸胤らに命じて平定させた。陸胤説得したことにより反乱首魁である黄呉ら三千家余り反乱者ら三余り降伏したその後周辺の郡の反乱平定し降伏者を兵士として軍に編入し強勢誇ったという。 兄弟不仲聞いた孫権息子家臣たちとの往来禁止し学問に励むよう訓戒をした。孫権忠告2人聞き入れなかったために、250年赤烏13年)に両者権力廃止し対立両派排して孫亮太子立て後継者君主権強化目指していた(二宮事件)。のちに孫権は、中央に孫和帰らせる為に彼の名誉を回復しよう考えたが、孫和憎悪してた長女の全公主弾劾により思いとどまっている。同年文欽偽の降伏申し入れてきたが、朱異はこれを見破り、孫権信用しないよう申し入れた孫権呂拠命じ大軍率いて文欽身柄引き取り行かせたが、文欽現れなかった。 251年太元元年)、長江氾濫し城門まで浸かる被害出て孫権視察した際、呂拠大船つなぎとめて被害が出るのを防ぐために尽力した孫権はこれを喜び呂拠を盪寇将軍とした。11月風疾重体になると諸葛恪政務の処理を一任した。諸法令への意見について、孫権そのつど聴許した。百姓大喜びした。魏の文欽は、六安その本営を定めると、多くの砦を設け、これを交通の要所要所配置して、呉からの逃亡者たちをそこにまねき寄せ国境地域略奪はたらいた朱異は、こうした情況を見ると、みずからその部下二千人を率いて文欽のとりで七つ急襲をかけて打ち破り数百敵兵の首を斬った

※この「開拓」の解説は、「孫権」の解説の一部です。
「開拓」を含む「孫権」の記事については、「孫権」の概要を参照ください。


開拓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/22 09:33 UTC 版)

農園ホッコリーナ」の記事における「開拓」の解説

更地農地にする操作初期状態農地は2カ所だが、実際はレベル1でも4カ所まで農地作成可能。既に農地になっている所を開拓する元の更地に戻すことができる。

※この「開拓」の解説は、「農園ホッコリーナ」の解説の一部です。
「開拓」を含む「農園ホッコリーナ」の記事については、「農園ホッコリーナ」の概要を参照ください。


開拓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/18 09:05 UTC 版)

ドーバー (ニューハンプシャー州)」の記事における「開拓」の解説

歴史家のジェレミー・ベルナップに拠ればこの地域はアベナキ族インディアンによって「ウィコハメット」と呼ばれていた。最初に地域探検したとされるヨーロッパ人は、1603年イングランドブリストルから来たマーティン・プリングだった。1623年ロンドン魚屋ウィリアム・ヒルトンとエドワード・ヒルトン兄弟がヒルトンズ・ポイントとして町を設立したドーバーニューハンプシャー州最古の恒久的開拓地であり、国内では7番目だった州内当初作られた4タウンシップ1つであり、以前はダーラム、マッドベリー、ニューイントン、リーの町を含んでいた。またサマーズワースとロリンズフォードの町も含んでおり、これらはニューイチャワノック川(現在のサーモンフォールズ川)から採ってインディアンがニューイチャワノックと呼んでいた所だった。 ピスカタカ川とコチェチョ川およびベラミー川が合流する近くで、ヒルトン兄弟上陸しており、そこは今日ドーバーポイントのヒルトン公園となっている。この兄弟ロンドンラコニア会社派遣した者達であり、ピスカタカ川周辺植民地漁業基地設立することが意図されていた。しかし、1631年になっても家が3軒あるだけだった。 1633年ニューイングランドへの入植計画したイングランドピューリタン集団が、コチェチョ・プランテーションを購入した。その集団にはセイおよびセレ子爵ブルック男爵ジョン・ピム入っていた。彼等アメリカにおける植民地化奨励しており、その年に主にブリストルから多くの開拓者がヒルトンズ・ポイントに到着した彼等は町の名をブリストル改名した近く岡の上に濠で囲まれ集会所建設し、その東に監獄建てた

※この「開拓」の解説は、「ドーバー (ニューハンプシャー州)」の解説の一部です。
「開拓」を含む「ドーバー (ニューハンプシャー州)」の記事については、「ドーバー (ニューハンプシャー州)」の概要を参照ください。


開拓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/04 17:32 UTC 版)

那須野が原」の記事における「開拓」の解説

那珂川#那珂川開発史」も参照大田原市以西那須連峰山麓部までの一帯は、伏流となる河川多く井戸湧出させるまでに数十 - 100m以上を掘削する必要がある。また北側那珂川水量こそ豊富であるものの深い谷底流れ南側箒川もまた扇状地の最も低くなっている場所流れているため、ここから田畑へと水を引くことができない蟇沼用水木ノ俣用水のように小規模な用水路引かれることもあったものの、那須野が原では広範囲に砂礫層が堆積しているため、保水力が弱く水田用水路から地中へと浸透してしまう。また地面耕せ大量に石が出るため、農作業には柄が短く頑丈に作られた特別な鍬を必要とした。 このように那須野が原は元々水資源乏しく農地には適さない地域であり、江戸末期まではほとんど集落のない原野であった。しかし明治政府殖産興業政策により、1885年明治18年)に日本三大疏水一つ数えられる那須疏水開削され、那珂川の上流域から導水されたことで用水確保目処が立ち、これが開拓を進め大きなきっかけとなるその後幾つかの困難はあったものの、地道な除礫や土壌改良井戸掘技術の向上揚水ポンプ普及もあって、那須野が原広大な荒地灌漑され、緑豊か農業生産地、酪農となった。現在は酪農米産県内一の生産高誇っている。

※この「開拓」の解説は、「那須野が原」の解説の一部です。
「開拓」を含む「那須野が原」の記事については、「那須野が原」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「開拓」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

開拓

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 23:18 UTC 版)

名詞

かいたく

  1. 山林荒地切り開いて耕地にすること。
  2. 新しい分野領域進路などを切り開くこと。

発音(?)

か↗いたく

動詞

活用

サ行変格活用
開拓-する



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

開拓のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



開拓のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの開拓 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアバディーン (サウスダコタ州) (改訂履歴)、デラウェア植民地 (改訂履歴)、ウェイン郡 (ウェストバージニア州) (改訂履歴)、メルボルン (フロリダ州) (改訂履歴)、大航海時代Online (改訂履歴)、イーダイナ (ミネソタ州) (改訂履歴)、孫権 (改訂履歴)、農園ホッコリーナ (改訂履歴)、ドーバー (ニューハンプシャー州) (改訂履歴)、那須野が原 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの開拓 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS