第二次世界大戦後とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > 第二次世界大戦後の意味・解説 

第二次世界大戦後(冷戦時代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/30 14:54 UTC 版)

バルカンの歴史」の記事における「第二次世界大戦後(冷戦時代)」の解説

バルカン半島各国王制廃止され共和制となる。 1946年 - ユーゴスラヴィア連邦制採用1946年 - ブルガリア王制廃止されブルガリア人民共和国成立する1948年 - ユーゴスラヴィアコミンフォルム除名される1961年 - アルバニアソ連断交以後中国接近1967年 - アルバニア、「無神国家宣言」を行う。 1974年 - ギリシャ軍事独裁政権崩壊し民政移管する同年国民投票により王制から共和制移行する1981年 - ギリシャ欧州共同体加盟する

※この「第二次世界大戦後(冷戦時代)」の解説は、「バルカンの歴史」の解説の一部です。
「第二次世界大戦後(冷戦時代)」を含む「バルカンの歴史」の記事については、「バルカンの歴史」の概要を参照ください。


第二次世界大戦後 (1945-1980)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/25 16:10 UTC 版)

ジュピラー・プロ・リーグ」の記事における「第二次世界大戦後 (1945-1980)」の解説

リーグは1945-46シーズン再開されKVメヘレンタイトル獲得した。このシーズンファーストディビジョンクラブ数が16から19になり、3クラブファーストディビジョン昇格して降格したチームはなかった。得点王賞もこのシーズンから導入されKVメヘレンのベルト・デ・クレインが受賞した。2シーズン後、5クラブ降格して、2クラブ昇格した。1946-47、主軸ストライカーのジェフ・メルマンスを擁するRSCアンデルレヒトワが初めての優勝果たした。同クラブはベルギーサッカー界を席巻し、その後9シーズンの間に6度タイトル獲得した残りタイトルKVメヘレン (1947-48シーズン) 、FCリエジョワ (1951-52・1952-53シーズン) が獲得した1954年ファーストディビジョンで前暦年において最も優れた選手贈られるベルギー・ゴールデン・シュー始まった1950年代後半スタンダールは1957-58シーズン初めトロフィーを掲げると、彼らは1982-83シーズンまでに8タイトル重ね、やがてリーグ内でアンデルレヒト最大のライバルとなっていった。1950年代後半のほかのタイトルロイヤル・アントワープアンデルレヒト獲得した1960年代にはポール・ヴァン・ヒムストアンデルレヒトが6回(1963-64から1967-68シーズンにかけてベルギー記録となっている5連覇を含む)、スタンダール3回リールセ1回優勝したスタンダールはキープレイヤーのウィルフリート・ファン・モールとともに1968-69シーズンから3連覇した。1974-75シーズン20ものクラブ参加したリーグ史上唯一のシーズンだった。ベルギークラブ1970年代からヨーロッパカップ戦良いパフォーマンスを見せ始めた。1975-76シーズンにはアンデルレヒトカップウィナーズカップ優勝しクラブ・ブルッヘUEFAカップ準優勝した(決勝リヴァプールFC敗れる)。1976-77シーズンにはアンデルレヒトカップウィナーズカップ準優勝し(決勝ハンブルガーSV敗れる)、1977-78シーズンにはアンデルレヒトカップウィナーズカップ2度目優勝クラブ・ブルッヘチャンピオンズカップ準優勝した(決勝リヴァプールFC敗れる)。1970年代のベルギー・ファーストディビジョンでは、クラブ・ブルッヘが4回、アンデルレヒトが2回、ヨハン・ボスカンプを擁するR・ホワイト・デアリング・モレンベーク(デアリング・クラブ・ド・ブリュッセルの後身)、ゴールキーパージャン=マリー・プファフ擁するKSKベフェレンそれぞれ1回優勝した

※この「第二次世界大戦後 (1945-1980)」の解説は、「ジュピラー・プロ・リーグ」の解説の一部です。
「第二次世界大戦後 (1945-1980)」を含む「ジュピラー・プロ・リーグ」の記事については、「ジュピラー・プロ・リーグ」の概要を参照ください。


第二次世界大戦後 (1945-1980)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 03:13 UTC 版)

ベルギー・ファースト・ディビジョンA」の記事における「第二次世界大戦後 (1945-1980)」の解説

リーグは1945-46シーズン再開されKVメヘレンタイトル獲得した。このシーズンファーストディヴィジョンクラブ数が16から19になり、3クラブファーストディヴィジョン昇格して降格したチームはなかった。得点王賞もこのシーズンから導入されKVメヘレンのアルベルト・デ・クライン(オランダ語版)が受賞した。2シーズン後、5クラブ降格して、2クラブ昇格した。1946-47、主軸ストライカーのヨセフュス・メルマンス(フランス語版)を擁するRSCアンデルレヒトワが初めての優勝果たした。同クラブはベルギーサッカー界を席巻し、その後9シーズンの間に6度タイトル獲得した残りタイトルKVメヘレン (1947-48シーズン) 、FCリエジョワ (1951-52・1952-53シーズン) が獲得した1954年ファーストディヴィジョンで前暦年において最も優れた選手贈られるベルギー・ゴールデン・シュー始まった1950年代後半スタンダールは1957-58シーズン初めトロフィーを掲げると、彼らは1982-83シーズンまでに8タイトル重ね、やがてリーグ内でアンデルレヒト最大のライバルとなっていった。1950年代後半のほかのタイトルロイヤル・アントワープアンデルレヒト獲得した1960年代にはポール・ヴァン・ヒムストアンデルレヒトが6回(1963-64から1967-68シーズンにかけてベルギー記録となっている5連覇を含む)、スタンダール3回リールセ1回優勝したスタンダールはキープレイヤーのヴィルフリト・ファン・ムル(オランダ語版とともに1968-69シーズンから3連覇した。1974-75シーズン20ものクラブ参加したリーグ史上唯一のシーズンだった。ベルギークラブ1970年代からヨーロッパカップ戦良いパフォーマンスを見せ始めた。1975-76シーズンにはアンデルレヒトカップウィナーズカップ優勝し、クリュプ・ブリュッヘKVUEFAカップ準優勝した(決勝リヴァプールFC敗れる)。1976-77シーズンにはアンデルレヒトカップウィナーズカップ準優勝し(決勝ハンブルガーSV敗れる)、1977-78シーズンにはアンデルレヒトカップウィナーズカップ2度目優勝、クリュプ・ブリュッヘKVチャンピオンズカップ準優勝した(決勝リヴァプールFC敗れる)。1970年代のベルギー・ファーストディヴィジョンでは、クリュプ・ブリュッヘKVが4回、アンデルレヒトが2回、ヨハンネス・ボスカンプ(オランダ語版)を擁するRWDモレンベーク(デアリング・クラブ・ドゥ・ブリュッセル・ソシエテ・ロワイヤルの後身)、ゴールキーパージャン=マリー・プファフ擁するKSKベフェレンそれぞれ1回優勝した

※この「第二次世界大戦後 (1945-1980)」の解説は、「ベルギー・ファースト・ディビジョンA」の解説の一部です。
「第二次世界大戦後 (1945-1980)」を含む「ベルギー・ファースト・ディビジョンA」の記事については、「ベルギー・ファースト・ディビジョンA」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「第二次世界大戦後」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「第二次世界大戦後」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

第二次世界大戦後のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



第二次世界大戦後のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのバルカンの歴史 (改訂履歴)、ジュピラー・プロ・リーグ (改訂履歴)、ベルギー・ファースト・ディビジョンA (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS