財閥とは? わかりやすく解説

ざい‐ばつ【財閥】

読み方:ざいばつ

第二次大戦前日本で、コンツェルン形態をとり、同族閉鎖的な所有支配のもとに持株会社中核として多角的経営行っていた独占的巨大企業集団三井三菱住友安田など。

金持ちのこと。「別荘があるなんて、君のところは—だね」


財閥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/12 00:14 UTC 版)

財閥(ざいばつ、: Zaibatsu, Financial clique〈金融派閥〉)は、一族独占的出資による資本を中心に結合した経営形態。


  1. ^ デジタル大辞泉
  2. ^ 呉錦堂 ご きんどうコトバンク
  3. ^ “相場師”呉錦堂『海鳴りやまず ―神戸近代史の主役たち』神戸新聞 (神戸新聞出版センター、1977年)
  4. ^ 韓国に世界がア然! 財閥経済犯に「釈放」待望論 先進国では考えられない… (3/3ページ)”. 夕刊フジ (2015年1月15日). 2018年8月1日閲覧。
  5. ^ [社説]イ・ジェヨンへの“温情判決”は有銭無罪の復活か”. ハンギョレ (2018年2月6日). 2019年8月31日閲覧。
  6. ^ 「里港藍家」の栄枯盛衰と激動の台湾史権田猛資のフォルモサニュース第14号(2018年9月20日) 一般財団法人自由アジア協会
  7. ^ a b c 『タイワニーズ』野嶋剛、小学館、2018、p46-47


「財閥」の続きの解説一覧

財閥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/09 03:22 UTC 版)

安田」の記事における「財閥」の解説

安田善次郎設立した安田財閥安田講堂 - 東京大学講堂安田保善社 明治安田生命保険 安田不動産

※この「財閥」の解説は、「安田」の解説の一部です。
「財閥」を含む「安田」の記事については、「安田」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「財閥」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

財閥

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 02:41 UTC 版)

名詞

ざいばつ

  1. 同族により出資された持株会社中核とし、子会社多角的経営をさせている企業集団

発音(?)

ざ↗いばつ

諸言語への影響


「財閥」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

財閥のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



財閥のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの財閥 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの安田 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの財閥 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS