岩崎弥太郎とは?

いわさき‐やたろう〔いはさきやタラウ〕【岩崎弥太郎】

[1835~1885]実業家土佐の人。弥之助の兄。三菱財閥創始者。藩船などの払い下げを受けて三菱商会創立明治政府保護による独占的海運事業として発展した。


岩崎弥太郎

作者童門冬二

収載図書日本復興者たち
出版社光人社
刊行年月2003.2

収載図書日本復興者たち
出版社講談社
刊行年月2006.1
シリーズ名講談社文庫


岩崎弥太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/21 13:51 UTC 版)

岩崎 弥太郎[1](いわさき やたろう、天保5年12月11日1835年1月9日〉- 明治18年〈1885年2月7日[要出典])は、幕末から明治時代にかけて活動した土佐藩士・実業家明治維新後は明治政府の支援の下に事業家として成功を収めて三菱財閥の創業者(初代総帥)となり、現在の三菱グループの礎を作った。(後に)、雅号東山。別名を土佐屋善兵衛。彌太郎とも書く[2]




  1. ^ 三菱史料館展示室に展示中の史料によると存命当時、活字は「岩﨑」を用いており、本人の署名は「岩嵜」であった。一方『平成新修 旧華族家系大成 上巻』(霞会館1996年刊)では「岩崎」となっており、現在の岩崎家は「岩崎」の表記を用いている。
  2. ^ 三菱グループなどでは「岩崎彌太郎」表記を用いている(参照:岩崎彌太郎年表
  3. ^ a b c d 成田誠一,三菱史料館,岩崎彌太郎物語,Vol.1,三菱人物伝.「マンスリーみつびし」2002年5月号.
  4. ^ a b c 成田誠一,三菱史料館,岩崎彌太郎物語,Vol.2,三菱人物伝.「マンスリーみつびし」2002年6月号.
  5. ^ a b 成田誠一,三菱史料館,岩崎彌太郎物語,Vol.4,三菱人物伝.「マンスリーみつびし」2002年8月号.
  6. ^ a b c d e 成田誠一,三菱史料館,岩崎彌太郎物語,Vol.5,三菱人物伝.
  7. ^ a b c 成田誠一,三菱史料館,岩崎彌太郎物語,Vol.6,三菱人物伝.
  8. ^ 『長崎奉行所記録』及び『土佐群書集成第19巻』(高知市民図書館発行)
  9. ^ 『岩崎弥太郎不屈の生き方』武田鏡村、PHP研究所, Nov 16, 2012
  10. ^ 成田誠一,三菱史料館,岩崎彌太郎物語,Vol.7,三菱人物伝.
  11. ^ 鍋島高明、高知新聞社、高知経済人列伝、P42
  12. ^ a b c d 成田誠一,三菱史料館,岩崎彌太郎物語,Vol.8,三菱人物伝.
  13. ^ a b c d 成田誠一,三菱史料館,岩崎彌太郎物語,Vol.10,三菱人物伝.
  14. ^ 佐々木誠治「近代海運業の発展と財閥」神戸大学経済経営研究32号1、1982,p3-6
  15. ^ vol.11 三菱マークの起源 三菱グループ
  16. ^ a b c d e 成田誠一,三菱史料館,岩崎彌太郎物語,Vol.18,19,20,三菱人物伝.
  17. ^ a b c 成田誠一,三菱史料館,岩崎彌太郎物語,Vol.12,三菱人物伝.
  18. ^ 三菱財閥 - コトバンク
  19. ^ a b c d e 成田誠一,三菱史料館,岩崎彌太郎物語,Vol.13,14,三菱人物伝.
  20. ^ 『江戸商家の家訓に学ぶ商いの原点』荒田弘司、すばる舎, 2006 「第6章 事業の行き先に国家を見よ 三菱岩崎家の訓え」
  21. ^ a b c d e 成田誠一,三菱史料館,岩崎彌太郎物語,Vol.15,16,17,三菱人物伝.
  22. ^ 赤塚不二夫は、ビル・ゲイツは、足利尊氏は...。成功者たちの「フシギな習慣」12選 ライフハッカー 2013年9月09日
  23. ^ a b c d e f g h i j 佐藤朝泰 『門閥 旧華族階層の復権立風書房、1987年4月10日第1刷発行、ISBN 4-651-70032-2、262-263頁。
  24. ^ 佐藤 『門閥』 264-265頁。
  25. ^ 岩崎家傳記刊行会 編纂 『岩崎久彌傳』 東京大学出版会1961年12月2日発行、152頁。
  26. ^ a b c 『財界家系譜大観 第3版』 現代名士家系譜刊行会、1977年12月1日発行、511頁。
  27. ^ a b c 『財界家系譜大観 第4版』 現代名士家系譜刊行会、1980年8月1日発行、416頁。
  28. ^ a b c 『財界家系譜大観 第5版』 現代名士家系譜刊行会、1982年8月1日発行、450頁。
  29. ^ 『官報』第479号「賞勲叙任」1885年2月7日。


「岩崎弥太郎」の続きの解説一覧



岩崎弥太郎と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「岩崎弥太郎」の関連用語

岩崎弥太郎のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



岩崎弥太郎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの岩崎弥太郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS