家訓とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 戒め > 家訓の意味・解説 

家訓

老舗企業事業経営原点として、繁栄しているときも、苦境陥ったときにも、経営者支えとなり、教えとなるよう、創業者によってつくられた経営理念。「お客様第一に心掛けよ」「コツコツ儲ける」などというような、信用の大切さや、安定した経営の大切さを示したものが多い。このような安定志向顧客志向合理性志向経営態度は、特に社会成熟化するにしたがって改めて重んじられるようになっており、商家の家訓に多い顧客第一考え方が、日本商法原点として、大きく評価されるようになっている

家訓

読み方:カクン(kakun)

父や家長子孫一族あるいは家臣対象に説きあかした訓戒


家訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/24 22:45 UTC 版)

家訓(かくん、英語Family precepts)は、公家武家、さらに時代が下って江戸時代になってからは商家でも、その家を守り立て存続させていくために、子孫の戒めとしてその家の当主が書き残して与えたもの。




「家訓」の続きの解説一覧



家訓と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「家訓」の関連用語

家訓のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



家訓のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2020by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの家訓 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS