松山とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 国家 > > 松山の意味・解説 

まつ‐やま【松山】

読み方:まつやま

生い茂っている山。


まつやま【松山】


まつやま【松山】

読み方:まつやま

岡山県高梁(たかはし)市の旧称。→高梁


松山


松山


松山


松山


松山


松山


松山


松山


松山


松山


松山


松山


松山


松山


松山


松山


松山


松山


松山


松山


松山

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

松山


松山

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

〒089-2107  北海道広尾郡大樹町松山
〒027-0037  岩手県宮古市松山
〒990-2412  山形県山形市松山
〒999-3146  山形県上山市松山
〒968-0101  福島県大沼郡昭和村松山
〒300-0526  茨城県稲敷市松山
〒329-1303  栃木県さくら市松山
〒355-0005  埼玉県東松山市松山
〒356-0027  埼玉県ふじみ野市松山
〒289-2152  千葉県匝瑳市松山
〒204-0022  東京都清瀬市松山
〒950-0112  新潟県新潟市江南区松山
〒953-0016  新潟県新潟市西蒲区松山
〒958-0034  新潟県村上市松山
〒403-0016  山梨県富士吉田市松山
〒501-0562  岐阜県揖斐郡大野町松山
〒635-0111  奈良県高市郡高取町松山
〒716-0051  岡山県高梁市松山
〒814-0131  福岡県福岡市城南区松山
〒800-0303  福岡県京都郡苅田町松山
〒880-0865  宮崎県宮崎市松山
〒900-0032  沖縄県那覇市松山

松山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/12 22:30 UTC 版)

松山(まつやま、しょうざん)




「松山」の続きの解説一覧

松山(まつやま)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/09 21:08 UTC 版)

山岡村 (新潟県)」の記事における「松山(まつやま)」の解説

1889年明治22年)まであった松山村区域現在の新潟市江南区松山。

※この「松山(まつやま)」の解説は、「山岡村 (新潟県)」の解説の一部です。
「松山(まつやま)」を含む「山岡村 (新潟県)」の記事については、「山岡村 (新潟県)」の概要を参照ください。


松山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/05 08:38 UTC 版)

ラフォーレ原宿」の記事における「松山」の解説

詳細は「ラフォーレ原宿・松山を参照 地方出店第一号として1983年昭和58年12月愛媛県松山市松山中央商店街開業したが、建物老朽化などを理由2008年平成20年1月27日をもって閉店した

※この「松山」の解説は、「ラフォーレ原宿」の解説の一部です。
「松山」を含む「ラフォーレ原宿」の記事については、「ラフォーレ原宿」の概要を参照ください。


松山(まつやま)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/02 05:07 UTC 版)

新世紀アイドル伝説 彼方セブンチェンジ」の記事における「松山(まつやま)」の解説

映画脚本家男性

※この「松山(まつやま)」の解説は、「新世紀アイドル伝説 彼方セブンチェンジ」の解説の一部です。
「松山(まつやま)」を含む「新世紀アイドル伝説 彼方セブンチェンジ」の記事については、「新世紀アイドル伝説 彼方セブンチェンジ」の概要を参照ください。


松山(まつやま)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 15:54 UTC 版)

僕は友達が少ない」の記事における「松山(まつやま)」の解説

クロニカ学園2年4組柔道部所属小柄で童顔人懐っこい印象。女バス練習助っ人として小鷹と共に記録係をしていた。斎藤好き。学園行われたクリスマス会夜空星奈のために身体張り暴走した小鷹背負い投げ止めた

※この「松山(まつやま)」の解説は、「僕は友達が少ない」の解説の一部です。
「松山(まつやま)」を含む「僕は友達が少ない」の記事については、「僕は友達が少ない」の概要を参照ください。


松山(まつやま)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 16:39 UTC 版)

ラストイニング」の記事における「松山(まつやま)」の解説

中堅手17番右投左打2年

※この「松山(まつやま)」の解説は、「ラストイニング」の解説の一部です。
「松山(まつやま)」を含む「ラストイニング」の記事については、「ラストイニング」の概要を参照ください。


松山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/10 09:12 UTC 版)

インビジブルレイン」の記事における「松山」の解説

組対四課暴力犯捜査六係係長

※この「松山」の解説は、「インビジブルレイン」の解説の一部です。
「松山」を含む「インビジブルレイン」の記事については、「インビジブルレイン」の概要を参照ください。


松山(まつやま)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/03 11:02 UTC 版)

わいるど☆ぴっち」の記事における「松山(まつやま)」の解説

福山実業野球部員親友であった健司不注意で負傷してしまう。本編には長らく登場しなかったが、第19球で健司再会1年以上入院し続けているが、部活動中の怪我ではなく退院間近になる階段で足を滑らせたりして以前より酷い怪我をするためらしい。なお、第11球では健司京香会話において山内やまうち)」と呼ばれている。

※この「松山(まつやま)」の解説は、「わいるど☆ぴっち」の解説の一部です。
「松山(まつやま)」を含む「わいるど☆ぴっち」の記事については、「わいるど☆ぴっち」の概要を参照ください。


松山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 15:04 UTC 版)

第三四三海軍航空隊」の記事における「松山」の解説

1944年昭和19年)末、軍令部航空部源田実大佐は、日本海軍戦闘機劣勢に対処しようとしていた。源田は「制空権獲得できないこと、つまり戦闘機隊が負けていることが戦争負けている原因だ」と考え制空権獲得して米の攻勢食い止めることを期して1944年12月25日横須賀基地第三四三海軍航空隊編成1945年1月15日源田自ら司令に就任(源田就任まで峰大佐軍令上の司令であったが、実際の司令代理品川淳、川崎照次、志賀淑雄下川有恒隊員務めた。)、19日松山基地着任第三航空艦隊編入編成は、定数48機の3個戦闘飛行隊戦闘301戦闘701戦闘407)と偵察第4飛行隊飛行隊長 橋本敏大尉)。1945年2月1日戦闘401飛行隊飛行隊長浅川正明大尉徳島基地)が若年搭乗員練成飛行隊として編入された。 戦闘機隊には、最新鋭局地戦闘機紫電改集中配備された。源田司令逆境に強い性格という基準で、戦闘機隊長として鴛淵孝大尉(戦闘701)、林喜重大尉(戦闘407)、菅野直大尉(戦闘301)を選んだ新編時における隊員人事個別指名はなく、選別され飛行隊集められ他の航空隊と比べてA級搭乗員偏っていたわけではなくA級各隊10名内外で大半C級搭乗員であり、搭乗員構成日本海軍戦闘機航空隊構成基準踏襲していた。それを古強者当時平均を上回る程度にまでそろえた。未熟なパイロット多かったが、当時有名なベテラン搭乗員多数在籍した機材人材独占感もあり、一部から非難あったようだが、源田司令情熱実行力賜物であった1945年1月フィリピン特攻指揮していた中島正副長任官した際、隊内343空特攻行かされるのかといった空気になった。しかし特攻反対する菅野直隊長源田司令働きかけて3月末中島転出することになった編成と同時にそれぞれ松山、大分、出水基地練成入り1945年昭和20年1月末までには3飛行隊全部が松山基地集結した。松山基地選定は、笠井智一部下推薦で、源田司令地形的に適当と判断して決定した訓練などで長く過ごした松山の市民343空に対して親切であり、基地移動もあったが、343空にとっても松山は思い入れの強い土地になった戦後343空懇親会はいつも松山で開かれ宮崎勇など戦後も松山で暮らした隊員もいる。源田司令この土地最期迎えた戦闘301は、親交のあった松山市内のすき焼屋「喜楽女将今井琴子夫人済美女学院(現済美高校)の女生徒らから紫のマフラー(今井琴子夫人結婚した際に着た白無垢を紫に染め仕立て直し刺繍した物)を贈られた。隊員の名前が刺繍されており、杉田庄一マフラーには、杉田合言葉である「ニッコリ笑へば必ず墜す」が刺繍されていた2月初旬源田司令は、戦死した時に少しでも遺品残せるよう髪と爪を切って遺骨箱に残すことを隊員命じ、自らも行っている2月中旬司令准士官以上に対し、「誓って制空権獲得し戦局挽回期す」という決意示して思想統一をする。 松山基地では編隊戦闘訓練徹底して行い、列機にいかなることがあっても隊長機から離れないように強調された。3月初旬には4対4から8対8の編隊まで完成して編隊戦闘支障なく行われた志賀淑雄飛行によればわれこそはといった在来観念一掃され、4対4から8対8、1616斬新な空戦思想による訓練厳格な規律のもと進められたという。戦闘407中尾秀夫上飛曹は、これまで予想もしなかった空戦戦法次々に取り入れて必死に訓練が行われたという。 しかし、訓練期間時点ですでに燃料不足悩まされ地上運転を制限し自隊で松根油採取し燃料節減努めて訓練苦しい状態で予定通り進まなかった。新機軸のため、半年間は戦闘不参加訓練当てる予定だったが、戦局の悪化訓練期間切り上げられた。戦闘301隊長菅野直大尉が敵をひきつけるため、自分の機体ストライプ模様描き他の戦闘機飛行隊長もそれにならった。色は黄色と言われるが、山田良市によれば、白であるという。 1945年3月13日初の出撃命令下り林喜重大尉指揮40機が発進、敵来襲なし。18日偵4が土佐沖で敵機部隊発見72機が出撃するが、敵が九州方面向かい遭遇なし。 1945年3月19日米機部隊来襲による九州沖航空戦迎撃参加、「松山上空戦」が初陣となった源田司令は「古来これで十分という状態で挑めた戦の例などない。目標は敵戦闘機爆撃機には構うな」と訓示する。事前に敵情入電成功した彩雲は、エンジン不調で米軍機捕捉され被弾高知県津野町の上空において米軍機体当たり試み7時45分ごろ自爆したF6FヘルキャットF4UコルセアSB2Cヘルダイバーから編成された米艦上機160機に対し紫電7機、紫電改56機が迎撃し、米軍機58撃墜戦闘機47対空砲による戦闘機5、爆撃機4、計57機)を報告した日米双方戦果誤認はあったが、日本最後大戦となった交戦した米海軍17爆撃戦闘飛行隊(VBF-17)戦闘機隊長エドウィン・スタンレー・コナント(本名:ジョン・フランシス・ペリー)大尉は「かつて経験したことのない恐るべき反撃受けた。この大空中戦に参加した飛行隊の中で戦闘経験の深いパイロットの意見では、ここで遭遇した日本軍パイロットは、東京方面で出遭ったものより遥かに優れていた。彼らは巧みに飛行機操り甚だしく攻撃的であり、良好な組織性規律空中戦技を誇示していた。彼らの空戦技法アメリカ海軍そっくりだった。この部隊は、戦闘飛行訓練経験をよく積んでいると窺える」と戦闘報告述べている。343空との交戦捕虜になったパイロットは「日本共同作業悪く射撃下手だ思っていたが、343空共同作業射撃レベルが高い」と話した3月24日343空連合艦隊司令長官豊田副武から「機略ニ富ム戦闘指導尖鋭ナル戦闘実施トニヨリ、タチマチニシテ敵機六十余機ヲ撃墜全軍士気昂揚セルハ、ソノ功績ナリ」という感状授与された。 1945年春、機動部隊司令マーク・ミッチャー米海軍中将は「パイロットたち告ぐ」と題し南九州攻撃の際、よく訓練された強力な戦闘機隊が現れた」として「高性能新鋭機で編成され、特に対戦闘機空戦熟達しており、邀撃に際しては明らかに地上からレーダー管制によって指揮されている。彼らは飛行機タイプコルセアにも匹敵する高い上昇率、二機もしくは四機編成による緊密な協同作戦積極果敢な攻撃行動など、明らかに他の戦闘機隊とは違う。これらの熟練した空中アクロバットチームとの最初の遭遇は、それまでの敵爆撃機特攻機簡単に撃墜してきたことによる自信不用意さを身につけたパイロットたち衝撃あたえた。敵が優位な体勢良いチームワーク保っているときは、すみやかな相互支援行動がとれるような隊形飛び、かつ積極的な戦術での高度な支援駆使することにより打ち破ることができる」と秘密通達している。 3月29日戦闘407哨戒のため離陸するが、大和型戦艦1番艦「大和」と秋月型駆逐艦冬月」から笠井智一の機が攻撃を受ける味方識別バンク上下運動をしたが止むことはなかった。これは紫電改機体零戦より一回り大きいためF6Fヘルキャット誤認されたもの。源田司令抗議するが「警戒航行隊形にある進路無断侵入するものは敵味方問わず撃墜が当然」と返信が来る。

※この「松山」の解説は、「第三四三海軍航空隊」の解説の一部です。
「松山」を含む「第三四三海軍航空隊」の記事については、「第三四三海軍航空隊」の概要を参照ください。


松山(まつやま)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 15:40 UTC 版)

松野尾村」の記事における「松山(まつやま)」の解説

1889年明治22年)まであった松山新田区域現在の新潟市西蒲区松山。

※この「松山(まつやま)」の解説は、「松野尾村」の解説の一部です。
「松山(まつやま)」を含む「松野尾村」の記事については、「松野尾村」の概要を参照ください。


松山(まつやま):

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/22 23:53 UTC 版)

千葉パイレーツ」の記事における「松山(まつやま):」の解説

開幕戦より田植え選んだパイレーツサード以降、全く言及されていない

※この「松山(まつやま):」の解説は、「千葉パイレーツ」の解説の一部です。
「松山(まつやま):」を含む「千葉パイレーツ」の記事については、「千葉パイレーツ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「松山」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「松山」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



松山と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



松山のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本郵政株式会社日本郵政株式会社
Copyright (C) 2022 JAPAN POST SERVICE Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの松山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの山岡村 (新潟県) (改訂履歴)、ラフォーレ原宿 (改訂履歴)、新世紀アイドル伝説 彼方セブンチェンジ (改訂履歴)、僕は友達が少ない (改訂履歴)、ラストイニング (改訂履歴)、インビジブルレイン (改訂履歴)、わいるど☆ぴっち (改訂履歴)、第三四三海軍航空隊 (改訂履歴)、松野尾村 (改訂履歴)、千葉パイレーツ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS