奏者とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 奏者の意味・解説 

そう‐しゃ【奏者】

楽器演奏する人。「バイオリン奏者

天皇上皇奏上する人。また、奏上取り次ぎをする人。

室町時代以降武家で、関白将軍取り次ぎをする役。また、その人

奏者番」の略。


そう‐しゃ【奏者】

〔名〕

天皇上皇に事を奏上する人。また、奏上取次をする人。

国基集(1102頃)「おほやけに申す事侍りしに申文にそへて奏者の御もとに」

源平盛衰記14C前)一八「或時院御所法住寺殿参りて、御奉加の由言上す御遊折節なるに依て、奏者(ソウシャ)此由を申入れず

将軍家諸大名家・大寺院などで、諸事主人取次ぐ役職また、その人奏者役

春日社記録中臣祐賢記・文永二年(1265)八月二一日「奏者出雲都維那観乗」

謡曲正尊(1541頃)「昨日路次より歓楽て候ふほどに、誰がござありたりともお奏者な申しとのことて候

③ (━する) 主人取次をすること。

*成簣堂本論語抄(1475頃)公冶長第五「赤がきょうそくたうて、朝廷にあって、客人物の云、そうしゃしつべしと云」

咄本醒睡笑(1628)三「始めて奉公に出でつる侍のありしが、奏者する人に御名字はと問はれ、磯貝答ふ

④ 「そうしゃばん奏者番)」の略。

安井夫人(1914)〈森鴎外〉「其次の年に藩主が奏者(ソウシャ)になられて」

(5) 楽器演奏する人。

わらんべ草(1660)三「笛吹あどの事は、そうしゃ方、其外少づつの事、笛の役なり」


奏者

読み方:ソウジャ(souja)

取次申次をする人。


奏者

作者吉田音

収載図書夜にが身をひそめるところ Think―ミルリトン探偵シリーズ 1
出版社筑摩書房
刊行年月2006.12
シリーズ名ちくま文庫


奏者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/05/06 17:17 UTC 版)

奏者(そうしゃ)




「奏者」の続きの解説一覧



奏者と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「奏者」の関連用語

奏者のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



奏者のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの奏者 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS