楽団とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 団体 > 団体 > 楽団の意味・解説 

がく‐だん【楽団】

読み方:がくだん

音楽演奏する団体。「管弦—」


バンド (音楽)

(楽団 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/21 06:02 UTC 版)

バンド: band)または楽団(がくだん)は、楽曲演奏する集団のこと。


注釈

  1. ^ ただし、ロックバンドにボーカルが必須という訳ではなく、ベンチャーズフォーカススティーヴ・モーズ・バンドなど、インストゥルメンタル主体のロックバンドも存在する。
  2. ^ ただしエマーソン・レイク・アンド・パーマーによるタルカスの一部や悪の経典#9第一印象で、キーボードプレイヤーが演奏の低音部を片手で担当し、ベーシストがギターを担当するという例もある。
  3. ^ 結成からジェフ・ベックの脱退まで。
  4. ^ コメディアングループとしての活動が著名だが本来はバンド。

出典



「バンド (音楽)」の続きの解説一覧

楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/11 23:33 UTC 版)

ZOMBIE LOLITA」の記事における「楽団」の解説

チャナ -CHANA-(団長/Guitar) ゾンビロリータ団長作曲作詞イラストデザインメイク構成演出劇作家、バンドプロデューサー。 HIDEATH -ヒデス-(Drum) 「劇団チャイナマーブル」からのオリジナルメンバーブラストビート高速ドラミングを主に得意とする黒色乙女 -くろいろおとめ-(Guitar/vocal) 2011年加入2015年1月より休養のため一時脱退当初はヴォーカルのみの参加だったが現在はギターメインとなっている。 DAHLIA紅蓮飛鳥肥溜下子、グロリア月乃るび、愛弓を担当わんたろう -WANTARO-(Bass2005年一時加入2012年復活し正式加入ライブパフォーマンス女装などを得意とし積極的に行う姿が度々見られる義眼城柊子 -ぎがんじょうとうこ-(key board2013年加入鍵盤から効果音まで担当している。

※この「楽団」の解説は、「ZOMBIE LOLITA」の解説の一部です。
「楽団」を含む「ZOMBIE LOLITA」の記事については、「ZOMBIE LOLITA」の概要を参照ください。


楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 06:29 UTC 版)

仙台市」の記事における「楽団」の解説

仙台フィルハーモニー管弦楽団 クラシック音楽専用つくられ仙台市青年文化センター・コンサートホールを本拠とするプロオーケストラ本拠他に宮城県民会館イズミティ21でも定期演奏会コンサート行っている

※この「楽団」の解説は、「仙台市」の解説の一部です。
「楽団」を含む「仙台市」の記事については、「仙台市」の概要を参照ください。


楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/17 15:35 UTC 版)

根本雄伯」の記事における「楽団」の解説

すべて現在関わっているもの2004年 - ペレアス室内管弦楽団 首席 2004年 - グルノーブル・ルーヴル宮音楽隊首席 2005年 - ポワトゥーシャラント管弦楽団 首席 2006年 - ムジカ・ニゲラ国際音楽祭 芸術監督2010年 - アンサンブル・ムジカ・ニゲラ 音楽監督

※この「楽団」の解説は、「根本雄伯」の解説の一部です。
「楽団」を含む「根本雄伯」の記事については、「根本雄伯」の概要を参照ください。


楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 04:00 UTC 版)

吹奏楽」の記事における「楽団」の解説

特に厳密な編成定められていない

※この「楽団」の解説は、「吹奏楽」の解説の一部です。
「楽団」を含む「吹奏楽」の記事については、「吹奏楽」の概要を参照ください。


楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/16 10:24 UTC 版)

ラデク・バボラーク」の記事における「楽団」の解説

順に過去に関わったもの、すべて首席ホルン奏者として年代不明 プラハ・フィルハーモニア 1994年-1996年 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 1996年-2000年 ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団 2000年-2009年 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 現在関わっているもの山形交響楽団2018年4月より首席客演指揮者水戸室内管弦楽団 サイトウ・キネン・オーケストラ アフラートゥス・クインテット木管五重奏団1997年ミュンヘン国際音楽コンクール優勝 ラデク・バボラーク・アンサンブル自身設立したホルン弦楽四重奏(曲によって変更あり)で構成される団体 チェコ・シンフォニエッタ自身指揮者として設立 チェコ・ホルン・コーラスバボラーク曰くチェコ内の最高のホルン奏者集めた、高い音楽性クオリティ持った最高のアンサンブル」。 各団体発表するプロフィール微妙なズレについては、ノートページ参照

※この「楽団」の解説は、「ラデク・バボラーク」の解説の一部です。
「楽団」を含む「ラデク・バボラーク」の記事については、「ラデク・バボラーク」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「楽団」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

楽団

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 03:23 UTC 版)

名詞

 がくだん

  1. 音楽演奏する団体

発音(?)

が↗くだん

「楽団」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



楽団と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

楽団のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



楽団のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバンド (音楽) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのZOMBIE LOLITA (改訂履歴)、仙台市 (改訂履歴)、根本雄伯 (改訂履歴)、吹奏楽 (改訂履歴)、ラデク・バボラーク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの楽団 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS