吹奏楽とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 音楽 > 奏楽 > 吹奏楽の意味・解説 

すいそう‐がく【吹奏楽】

木管金管楽器主体とし、打楽器加え編成演奏される音楽


吹奏楽


吹奏楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/15 04:00 UTC 版)

吹奏楽(すいそうがく、: Blasmusik)は、最も広義には、管楽器を主体として演奏される音楽の総称である。一般には、ヨーロッパ軍楽隊アメリカスクールバンド、すなわち西洋の木管楽器金管楽器を主体とし、弦楽器・特殊楽器・打楽器による編成で演奏される器楽を指す。軍隊国民士気を鼓舞するための実用音楽を背景に発達したものの、今では、コンサートホールにおける演奏会マーチングバンドなどの活動が中心となっている。




注釈

  1. ^ 最後に当該コンクールでエレキベースが使用されたのは、2005年NTT西日本中国吹奏楽クラブによる「トリビュート・トゥ・カウント・ベイシー・オーケストラ」(真島俊夫編曲)。
  2. ^ 全日本アンサンブルコンテスト実施規定 (PDF)
    第6条 各グループの編成は3名以上8名までとする。
    第9条 2 同一パートを2名以上の奏者で演奏することは認めない。

出典

  1. ^ 吉村 2001、156-157頁。
  2. ^ 上尾 2000、152-183頁。
  3. ^ 社会史 2001、59-63頁。
  4. ^ 社会史 2001、38-43頁。
  5. ^ a b バンドスタディ 2005、88-89頁。
  6. ^ 洗足学園音楽大学 コース紹介
  7. ^ a b c 社会史 2001、113-120頁。
  8. ^ 全日本吹奏楽連盟
  9. ^ Band Power
  10. ^ 「爆音系」が減る? 聖地「普門館」消えた影響
  11. ^ Band Journal 2015年4月号
  12. ^ 事典 2017、67-69頁。
  13. ^ 平成27年度一般幹部候補生(陸上自衛隊(大卒程度試験)音楽要員)採用のご案内
  14. ^ Band Journal 『バンドジャーナル』
  15. ^ Pipers|管楽器専門月刊誌パイパーズのサイト
  16. ^ 吹奏楽マガジン Band Power(BP)



吹奏楽

出典:『Wiktionary』 (2018/05/13 07:06 UTC 版)

名詞

吹奏 すいそうがく

  1. 西洋木管楽器金管楽器主体とし、打楽器やその他を加え十数人から100程度編成演奏される音楽

関連語

翻訳




吹奏楽と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「吹奏楽」の関連用語

吹奏楽のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



吹奏楽のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2020 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの吹奏楽 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの吹奏楽 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS