演奏会とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 演奏会の意味・解説 

えんそう‐かい〔‐クワイ〕【演奏会】

読み方:えんそうかい

聴衆集めて音楽演奏する催しコンサート


演奏会

作者丁陶希

収載図書近代朝鮮文学日本語作品集19011938 創作篇 2
出版社緑蔭書房
刊行年月2004.6


演奏会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 06:02 UTC 版)

演奏会(えんそうかい、: concert コンサート: recital リサイタル)は、専ら音楽そのものを聞きにくる聴衆をターゲットとして音楽を演奏するイベントポピュラー音楽においては専ら、ライブあるいはライヴ (LIVE) とも呼ばれている。生演奏でなくても、「フィルムコンサート」「ビデオコンサート」というように使われる場合もある。




「演奏会」の続きの解説一覧

演奏会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 03:27 UTC 版)

山形県立山形北高等学校」の記事における「演奏会」の解説

毎年春(近年6月第1週火曜日)には、山形にて定期演奏会開かれる内容は、第1部独奏独唱)や重奏重唱)、第2,3部では、女声合唱管弦楽演奏が行われる。最近は山形テルサ開催されている(それまで山形県県民会館)。

※この「演奏会」の解説は、「山形県立山形北高等学校」の解説の一部です。
「演奏会」を含む「山形県立山形北高等学校」の記事については、「山形県立山形北高等学校」の概要を参照ください。


演奏会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/08 06:23 UTC 版)

けいはんなフィルハーモニー管弦楽団」の記事における「演奏会」の解説

主な演奏会は年2回。大体、6月12月。その他、地元学校での演奏会や、地域行事演奏することもある。 ・精華町交流ホールコンサート 毎年夏休み精華町役場内の交流ホール」にて演奏会を行う。通称、「音楽のおもちゃ箱」 ・第九2018年12月 初めベートーベン交響曲第9番合唱』を演奏した第九演奏するために、オケ主体となって合唱団公募し組織し練習してコンサート行った

※この「演奏会」の解説は、「けいはんなフィルハーモニー管弦楽団」の解説の一部です。
「演奏会」を含む「けいはんなフィルハーモニー管弦楽団」の記事については、「けいはんなフィルハーモニー管弦楽団」の概要を参照ください。


演奏会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/10 03:13 UTC 版)

テネラメンテフィルハーモニー管弦楽団」の記事における「演奏会」の解説

ポータル クラシック音楽第1回創立記念演奏会 ティアラこうとう。 ・第2回定期演奏会 めぐろパーシモンホール。 ・第1回室内楽演奏会 豊洲シビックセンターホール。 ・第3回定期演奏会 めぐろパーシモンホール

※この「演奏会」の解説は、「テネラメンテフィルハーモニー管弦楽団」の解説の一部です。
「演奏会」を含む「テネラメンテフィルハーモニー管弦楽団」の記事については、「テネラメンテフィルハーモニー管弦楽団」の概要を参照ください。


演奏会


演奏会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 03:45 UTC 版)

東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団」の記事における「演奏会」の解説

定期演奏会東京オペラシティコンサートホール、年9回。 ティアラこうとう定期演奏会ティアラこうとう、年4回。 特別演奏会第九特別演奏会、ドラゴンクエスト公演など。

※この「演奏会」の解説は、「東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団」の解説の一部です。
「演奏会」を含む「東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団」の記事については、「東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団」の概要を参照ください。


演奏会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 03:23 UTC 版)

堀井友徳」の記事における「演奏会」の解説

2008年10月北海道室蘭市にて、札幌交響楽団元首打楽器奏者カスタネット奏者の真貝裕司の演奏会の第2部で「堀井友徳世界」と銘打って個展開催された。その際演奏され曲目以下の通り第2部堀井友徳世界ヴァイオリンチェンバロのためのロマンツァ2000)※当日はピアノによる演奏 チェンバロのためのノクチュルヌ2003)※当日はピアノによる演奏 カスタネットヴァイオリンピアノのためのコンサート・アレグロ(2007カスタネットヴァイオリンマリンバピアノのためのパミール・ラプソディ(2008初演

※この「演奏会」の解説は、「堀井友徳」の解説の一部です。
「演奏会」を含む「堀井友徳」の記事については、「堀井友徳」の概要を参照ください。


演奏会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/14 03:59 UTC 版)

明治大学グリークラブ」の記事における「演奏会」の解説

現在、以下の3つの定期演奏会年間活動中心としている。 東京六大学合唱連盟定期演奏会 明立交歓演奏会1962年(昭和37年)以来毎年6月から7月開催される明治大学グリークラブ立命館大学メンネルコールとの交歓演奏会。第1回除き奇数年に東京偶数年に京都あるいは大阪舞台開催されている。 定期演奏会 その他、不定期に各地での演奏旅行行っており、近年では2012年3月沖縄県浦添市での東日本大震災チャリティコンサート2018年3月青森県弘前市での演奏会が開催されている。

※この「演奏会」の解説は、「明治大学グリークラブ」の解説の一部です。
「演奏会」を含む「明治大学グリークラブ」の記事については、「明治大学グリークラブ」の概要を参照ください。


演奏会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/20 02:27 UTC 版)

新声会」の記事における「演奏会」の解説

同人頻繁に自作発表試演会を開催し、また特別演奏会としてシューマンショパン作品演奏集中して行った第4回試演会では同人以外の作曲家多く参加した1949年以降は「作品発表会」と銘打った演奏会を開催した新声会行った演奏会は次の通り

※この「演奏会」の解説は、「新声会」の解説の一部です。
「演奏会」を含む「新声会」の記事については、「新声会」の概要を参照ください。


演奏会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/19 08:45 UTC 版)

九州交響楽団」の記事における「演奏会」の解説

定期演奏会 年間9回(前期4~7月後期9~12月+翌2月)、アクロス福岡福岡シンフォニーホール(1,871席)で公演。 演奏会ごとにタイトル設けている。 天神でクラシック 年間4回、FFGホール(692席)(旧・福岡銀行本店大ホール)で公演小さめホール特性生かし指揮者ナビゲーターによるトークのついたプログラム名曲・午後のオーケストラ 年間4回、土日祝日アクロス福岡福岡シンフォニーホール(1,871席)でマチネ公演そのうち一回年末第九公演となる。 ニューイヤーコンサート 1月初旬開催1985年より毎年催されている。曲目シュトラウスのワルツ・ポルカ等。 北九州定期演奏会 年間2回、北九州芸術劇場(小倉北区)、北九州市立響ホール(八幡東区)で開催過去には、アルモニーサンク北九州ソレイユホール(旧九州厚生年金会館)(小倉北区)、黒崎ひびしんホール等でも開催された。 なお、《天神でクラシック》という名称は、かつて定期演奏会博多区福岡サンパレス行われていたため(福岡市中心部の)『天神で』という表題になったが、現在定期演奏会は天神1丁目にある福岡シンフォニーホールでの公演あるため、計17回はすべて天神での演奏会ということになる。前述のモーツァルトあなたに!》はその前段階企画で、全41回は天神2丁目福岡銀行本店大ホール(現・FFGホール)で行われた

※この「演奏会」の解説は、「九州交響楽団」の解説の一部です。
「演奏会」を含む「九州交響楽団」の記事については、「九州交響楽団」の概要を参照ください。


演奏会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 17:22 UTC 版)

皇紀2600年奉祝曲」の記事における「演奏会」の解説

1940年昭和15年12月7日8日東京歌舞伎座において、松岡洋右来賓向けの招待演奏会が行われ、以下の指揮者により演奏された。 イベール山田耕筰指揮 ヴェレッシュ橋本國彦指揮 ピツェッティガエターノ・コメリ指揮 R.シュトラウスヘルムート・フェルマー指揮 演奏会は続いて12月14日15日一般向けの演奏会が、12月26日27日には大阪歌舞伎座一般向け演奏会が開かれた。その合間を縫って12月18日19日には放送会館第一スタジオから全国放送された(18日イベールヴェレッシュ19日ピツェッティR.シュトラウス)。

※この「演奏会」の解説は、「皇紀2600年奉祝曲」の解説の一部です。
「演奏会」を含む「皇紀2600年奉祝曲」の記事については、「皇紀2600年奉祝曲」の概要を参照ください。


演奏会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 09:21 UTC 版)

オーケストラ・アンサンブル金沢」の記事における「演奏会」の解説

定期公演 石川県立音楽堂コンサートホールフィルハーモニー・シリーズ(全8回) マイスター・シリーズ(全5回) ファンタスティック・オーケストラコンサート(全4回) 国内ツアー東京公演名古屋公演大阪公演石川県公演など。

※この「演奏会」の解説は、「オーケストラ・アンサンブル金沢」の解説の一部です。
「演奏会」を含む「オーケストラ・アンサンブル金沢」の記事については、「オーケストラ・アンサンブル金沢」の概要を参照ください。


演奏会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/11 08:15 UTC 版)

ブラック・ダイク・バンド」の記事における「演奏会」の解説

設立以来、非常に活発な活動続けている。たとえば1897年ではヨークシャー中心に1月20日から12月25日まで、合計103回(系133日)のコンサート行っている。また第二次大戦後は全ヨーロッパ北米日本などへの海外ツアー頻繁に行っている2009年にはシドニーのオペラハウスで演奏会を行った1984年1990年2016年2017年来日している。2019年2年ぶりに来日

※この「演奏会」の解説は、「ブラック・ダイク・バンド」の解説の一部です。
「演奏会」を含む「ブラック・ダイク・バンド」の記事については、「ブラック・ダイク・バンド」の概要を参照ください。


演奏会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 09:40 UTC 版)

日本センチュリー交響楽団」の記事における「演奏会」の解説

定期演奏会ザ・シンフォニーホール(年8プログラム公演回数16回) いずみ定期いずみホール(年4回) センチュリー豊中名曲シリーズ豊中市立文芸術センター(年4回) びわ湖定期公演びわ湖ホール(年1回) その他、東京特別演奏会、京都特別演奏会、その他地公演など。

※この「演奏会」の解説は、「日本センチュリー交響楽団」の解説の一部です。
「演奏会」を含む「日本センチュリー交響楽団」の記事については、「日本センチュリー交響楽団」の概要を参照ください。


演奏会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 01:35 UTC 版)

京都市交響楽団」の記事における「演奏会」の解説

定期演奏会京都コンサートホール年間11プログラム、演奏会回数18回) 地方公演名古屋大阪など。

※この「演奏会」の解説は、「京都市交響楽団」の解説の一部です。
「演奏会」を含む「京都市交響楽団」の記事については、「京都市交響楽団」の概要を参照ください。


演奏会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 00:28 UTC 版)

早稲田大学グリークラブ」の記事における「演奏会」の解説

主な演奏会以下の通り東京六大学合唱連盟定期演奏会 東西四大学合唱演奏会隔年で、東京関西交互に開催定期演奏会 送別演奏会 上記4つの演奏会が活動中心であるが、外部団体稲門会早稲田大学OB会)からの依頼を受けて日本各地で演奏会をすることも多い。録音、および企業テレビ局からの依頼少なくない。また約4年一度海外演奏旅行が行われる。

※この「演奏会」の解説は、「早稲田大学グリークラブ」の解説の一部です。
「演奏会」を含む「早稲田大学グリークラブ」の記事については、「早稲田大学グリークラブ」の概要を参照ください。


演奏会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/10 01:03 UTC 版)

大阪フィルハーモニー交響楽団」の記事における「演奏会」の解説

定期演奏会フェスティバルホール年間10プログラム、演奏会回数20回) 東京定期演奏会サントリーホール東京文化会館など(年間1プログラム、演奏会回数1回開催されなかった年もある。) 岐阜定期演奏会サラマンカホール年間1プログラム、演奏会回数1回) マチネ・シンフォニーザ・シンフォニーホール(年間2プログラム、演奏会回数2回) ソワレ・シンフォニーザ・シンフォニーホール(年間2プログラム、演奏会回数2回) 京都特別演奏会京都コンサートホール年間1プログラム、演奏会回数1回神戸特別演奏会神戸国際会館こくさいホール年間1プログラム、演奏会回数1回新春名曲コンサートフェスティバルホール(年間1プログラム、演奏会回数1回) 3大交響曲の夕べフェスティバルホール年間1プログラム、演奏会回数1回南海コンサート大阪狭山市文化会館SAYAKAホール)、浪切ホール河内長野市立文化会館ラブリーホール)など、南海電鉄沿線ホール年間1プログラム、演奏会回数1回八尾演奏会八尾市文化会館プリズムホール)(年間1プログラム、演奏会回数1回にしなりクラシック大阪フィルハーモニー会館年間2プログラム、演奏会回数2回) 三木第九」演奏会三木市文化会館年間1プログラム、演奏会回数1回) KEIBUN第九演奏会滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール年間1プログラム、演奏会回数1回

※この「演奏会」の解説は、「大阪フィルハーモニー交響楽団」の解説の一部です。
「演奏会」を含む「大阪フィルハーモニー交響楽団」の記事については、「大阪フィルハーモニー交響楽団」の概要を参照ください。


演奏会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 17:09 UTC 版)

パシフィックフィルハーモニア東京」の記事における「演奏会」の解説

定期演奏会東京芸術劇場、年7回。

※この「演奏会」の解説は、「パシフィックフィルハーモニア東京」の解説の一部です。
「演奏会」を含む「パシフィックフィルハーモニア東京」の記事については、「パシフィックフィルハーモニア東京」の概要を参照ください。


演奏会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/31 07:14 UTC 版)

パルテノン多摩」の記事における「演奏会」の解説

様々なソリストリサイタルを行うほか、パルテノン多摩主催新日本フィルハーモニー交響楽団定期演奏会行っているまた、ジャパン・チェンバー・オーケストラ本拠地でもある

※この「演奏会」の解説は、「パルテノン多摩」の解説の一部です。
「演奏会」を含む「パルテノン多摩」の記事については、「パルテノン多摩」の概要を参照ください。


演奏会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 21:37 UTC 版)

ひぐらしのなく頃に」の記事における「演奏会」の解説

ひぐらしのなく頃に奏 2016年9月23日 三鷹市芸術文化センター 風のホールにて開催ひぐらしのなく頃に楽曲弦楽四重奏ピアノ演奏するコンサート出演弦楽四重奏“DEQUAR”、ピアノ:栗原正和、司会:癒月同年10月に、演奏会名と同名CDDVD発売2017年7月から9月にかけて東京上映会および仙台大阪福岡公演が行われた。

※この「演奏会」の解説は、「ひぐらしのなく頃に」の解説の一部です。
「演奏会」を含む「ひぐらしのなく頃に」の記事については、「ひぐらしのなく頃に」の概要を参照ください。


演奏会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/30 04:11 UTC 版)

大阪桐蔭高等学校吹奏楽部」の記事における「演奏会」の解説

大阪桐蔭高等学校吹奏楽部活動内容として特筆すべきは、演奏会の多さである。日本各地会場として年間約80-90公演行っている。演奏会においては高校吹奏楽部あるものの、ミュージカル取り入れるなど、ジャンルとらわれない極めてエンタテイメント性の高いステージ作り上げるまた、ステージ後部にはスクリーン設置し演奏と共に、曲にマッチし映像映し出すことも大阪桐蔭吹奏楽部の演奏会の特徴一つである。 さらに大阪桐蔭吹奏楽部の演奏会には「リクエストコーナー」と呼ばれる名物企画がある。このコーナーではあらかじめ決められた50曲の曲目リストから観客好きな曲をリクエストし、それを即時演奏するというものであるリクエストできる観客は、野球応援演奏の「You are スラッガー」の後に梅田隆司先生がカラーバットでゴムボール客席めがけて打ち、それを取った観客がすることによって選ばれるこれまでに同部上演した主なミュージカル作品以下の通りである。 ●河内湖第10回定期演奏会2015年2月第15回定期演奏会2020年3月) *()内は初演または再演日付 作曲高昌帥 演出飛鳥左近 振付:洋あおい 脚本梅田隆司銀河鉄道の夜第12回定期演奏会2017年2月第17回定期演奏会2022年3月原作宮沢賢治 作曲西村友 脚本中島演出:洋あおい *オリジナルは、劇団ひまわり上演したミュージカル2008年) ●レ・ミゼラブル第15回定期演奏会2020年3月作曲:C.シェーンベルク 振付:洋あおい 演出梅田隆司創作ミュージカル「OGATA洪庵の妻」(第16回定期演奏会2021年3月作曲西村友 振付:洋あおい 脚本演出梅田隆司エリザベート第17回定期演奏会2022年3月作曲シルヴェスター・リーヴァイ

※この「演奏会」の解説は、「大阪桐蔭高等学校吹奏楽部」の解説の一部です。
「演奏会」を含む「大阪桐蔭高等学校吹奏楽部」の記事については、「大阪桐蔭高等学校吹奏楽部」の概要を参照ください。


演奏会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/26 06:43 UTC 版)

立正大学グリークラブ」の記事における「演奏会」の解説

在定的に行われている演奏会は以下の通り定期演奏会毎年2月) その他、全日本合唱コンクール東京都合唱コンクール東京都合唱祭等の演奏会に定期的に参加している。

※この「演奏会」の解説は、「立正大学グリークラブ」の解説の一部です。
「演奏会」を含む「立正大学グリークラブ」の記事については、「立正大学グリークラブ」の概要を参照ください。


演奏会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/18 06:40 UTC 版)

グロリア少年合唱団」の記事における「演奏会」の解説

毎年12月23日メサイア (ヘンデル)全曲演奏会を行っている他に定期演奏会、特別演奏会、ミニコンサート鎌倉合唱祭などに出演する

※この「演奏会」の解説は、「グロリア少年合唱団」の解説の一部です。
「演奏会」を含む「グロリア少年合唱団」の記事については、「グロリア少年合唱団」の概要を参照ください。


演奏会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/27 05:21 UTC 版)

テレマン室内オーケストラ」の記事における「演奏会」の解説

定期演奏会大阪市中央公会堂 東京文化会館 マンスリーコンサート大阪倶楽部 教会音楽シリーズカトリック夙川教会 他、関西中心に依頼公演各文事業学校公演等にも出演している。

※この「演奏会」の解説は、「テレマン室内オーケストラ」の解説の一部です。
「演奏会」を含む「テレマン室内オーケストラ」の記事については、「テレマン室内オーケストラ」の概要を参照ください。


演奏会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/27 23:45 UTC 版)

新ダヴィッド同盟」の記事における「演奏会」の解説

定期演奏会 第1回2010年12月22日(水)ハイドンピアノ三重奏曲 第39番ト長調 Hob.XV-25 作品73の2(佐藤石坂小菅ベートーヴェン弦楽三重奏曲 ハ短調 作品9の3(庄司磯村石坂ウェーベルンヴァイオリンピアノのための4つの小品 作品7(庄司小菅シューマンピアノ五重奏曲 変ホ長調 作品44庄司佐藤磯村石坂小菅第2回2011年12月17日(土)シューベルト三重奏曲 変ホ長調 作品148, D897 〈ノットゥルノ〉(庄司石坂小菅モーツァルトピアノ四重奏曲 第2番 変ホ長調 K.493(佐藤赤坂智子石坂小菅シェーンベルクウェーベルン編曲):室内交響曲 作品9(ピアノ五重奏版)(庄司佐藤赤坂石坂小菅ブラームスピアノ五重奏曲 ヘ短調 作品34庄司佐藤赤坂石坂小菅第3回2012年12月22日(土)ベートーヴェンピアノ四重奏曲 変ホ長調 作品16 レーガー弦楽三重奏曲 第1番 イ短調 作品77b ドヴォルザークピアノ五重奏曲 イ長調 作品81庄司佐藤磯村石坂小菅ドヴォルザークピアノ五重奏曲 イ長調 作品81 から 第3楽章アンコール曲】 第4回Aプログラム2014年10月31日(金)モーツァルトピアノ四重奏曲 第1番 ト短調 K.478(庄司磯村グリーンスミス小菅コダーイヴァイオリンチェロのための二重奏曲 作品7(佐藤グリーンスミスフランクピアノ五重奏曲 ヘ短調庄司佐藤磯村グリーンスミス小菅第4回Bプログラム2014年11月2日(日)シューベルトピアノ三重奏曲 第1番 変ロ長調 D898(庄司グリーンスミス小菅コダーイヴァイオリンチェロのための二重奏曲 作品7(佐藤グリーンスミスブラームスピアノ五重奏曲 ヘ短調 作品34庄司佐藤磯村グリーンスミス小菅第5回2017年12月17日(日)シューマンおとぎの絵本 作品113磯村小菅コダーイ間奏曲庄司磯村石坂シューマン幻想小曲集 作品73石坂小菅ブラームスピアノ四重奏曲 第2番 イ長調 作品26庄司磯村石坂小菅佐藤俊介都合により出演せず。 ※第1回から第2回翌日に、第3回前日愛知県碧南市芸術文化ホールそれぞれ内容の演奏会開催

※この「演奏会」の解説は、「新ダヴィッド同盟」の解説の一部です。
「演奏会」を含む「新ダヴィッド同盟」の記事については、「新ダヴィッド同盟」の概要を参照ください。


演奏会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/15 17:29 UTC 版)

法政大学アリオンコール」の記事における「演奏会」の解説

在定的に行われている演奏会は以下の通り東京六大学合唱連盟定期演奏会 定期演奏会 法関交歓演奏会アリオンコール関西大学グリークラブとの交歓演奏会。偶数年に東京大阪交互に開催され2012年7月現在44回を数える。 その他法政大学校友会同窓会での演奏体育会試合での校歌斉唱など各方面で演奏行っている

※この「演奏会」の解説は、「法政大学アリオンコール」の解説の一部です。
「演奏会」を含む「法政大学アリオンコール」の記事については、「法政大学アリオンコール」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「演奏会」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「演奏会」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



演奏会と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



演奏会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの演奏会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの山形県立山形北高等学校 (改訂履歴)、けいはんなフィルハーモニー管弦楽団 (改訂履歴)、テネラメンテフィルハーモニー管弦楽団 (改訂履歴)、札幌交響楽団 (改訂履歴)、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 (改訂履歴)、堀井友徳 (改訂履歴)、明治大学グリークラブ (改訂履歴)、新声会 (改訂履歴)、九州交響楽団 (改訂履歴)、皇紀2600年奉祝曲 (改訂履歴)、オーケストラ・アンサンブル金沢 (改訂履歴)、ブラック・ダイク・バンド (改訂履歴)、日本センチュリー交響楽団 (改訂履歴)、京都市交響楽団 (改訂履歴)、早稲田大学グリークラブ (改訂履歴)、大阪フィルハーモニー交響楽団 (改訂履歴)、パシフィックフィルハーモニア東京 (改訂履歴)、パルテノン多摩 (改訂履歴)、ひぐらしのなく頃に (改訂履歴)、大阪桐蔭高等学校吹奏楽部 (改訂履歴)、立正大学グリークラブ (改訂履歴)、グロリア少年合唱団 (改訂履歴)、テレマン室内オーケストラ (改訂履歴)、新ダヴィッド同盟 (改訂履歴)、法政大学アリオンコール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS