年末年始とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 年末年始の意味・解説 

年末年始

作者黒木淳吉

収載図書黒木淳吉作品集
出版社鉱脈社
刊行年月2002.6


年末年始

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/16 02:16 UTC 版)

年末年始(ねんまつねんし)は、厳密な定義ではないが、1の終わりから翌年の初頭の期間の総称である。(具体的な期間は使用する場面によって異なる)。


注釈

  1. ^ 「年の瀬」という言葉は、江戸時代には庶民にとって年を越えることも一苦労で、このことを越えなければ死をも待っている川の流れの速い"瀬"に喩えている。
  2. ^ 12月28日及び1月4日土曜日に当たる場合は12月28日から1月5日まで、日曜日に当たる場合は12月27日から1月4日までの9連休となる。
  3. ^ 成田国際空港(株)によれば、2006年12月22日から2007年1月8日までに成田国際空港を利用する出入国者数の予測は、過去最高となる約138万人と報じられている[1]
  4. ^ 2000年代まで、JR路線では四国旅客鉄道(JR四国)および西日本旅客鉄道(JR西日本)米子支社管内の路線は、平日・休日ダイヤの区分はカレンダーの曜日及び休日に従っていた。すなわち、1月1日(および振替休日となる1月2日)を除く日が月曜日 - 金曜日に該当する場合、平日ダイヤで運行されていた[2]
  5. ^ 2020年から2021年にかけては、新型コロナウイルス感染症感染拡大の影響により、ほぼ全ての鉄道事業者で終夜運転・最終列車の繰り下げ・始発列車の繰り上げを行わなかった[3]
  6. ^ 神姫バスの一般路線の場合、12月30 - 31日は休日ダイヤ、1月1 - 4日は特別ダイヤとなる。なお、一部路線では運休となる。
  7. ^ 2006年1月1日夜間[7]および2007年1月1日夜間に博多駅で大規模工事を行った例[8]や、2016年1月1日に北海道新幹線設備切替確認のため青函トンネルを通過する全ての旅客および貨物列車を運休した例[9][10]など。

出典

  1. ^ 海外旅行過去最高、成田年末年始138万人”. 日刊スポーツ新聞社. 2007年1月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2006年12月30日閲覧。
  2. ^ 『JR時刻表』(編集・発行 交通新聞社)2007年12月号において、当該管区の路線に対しては「12月30日 - 1月3日は休日時刻で運転します。」の注記がない。
  3. ^ 大みそか終夜運転の中止について - 東京メトロ・2020年12月18日リリース
  4. ^ バスカード等の利用について - 青森市交通部(最終更新2015年4月15日)・「質問3」にお盆や年末年始の利用についての記載がある。
  5. ^ 年末年始期間の貨物列車の運転について (PDF)”. 日本貨物鉄道(JR貨物) (2016年12月13日). 2017年1月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月30日閲覧。
  6. ^ 2020年度 年末年始期間のご利用状況【速報】 (PDF)”. 東日本旅客鉄道仙台支社 (2021年1月6日). 2021年1月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月23日閲覧。
  7. ^ 『JR時刻表』(編集・発行 交通新聞社)2006年1月号 JRニュース3頁
  8. ^ 『鉄道ピクトリアル』(編集・発行 電気車研究会)、2007年2月号、118頁「1月のメモ帳」
  9. ^ 『JR時刻表』(編集・発行 交通新聞社)2016年1月号 JRニュース2頁
  10. ^ 『鉄道ジャーナル』(編集・発行 鉄道ジャーナル社)、2016年3月号、33頁
  11. ^ 2022年1月1日~1月3日は休日割引が適用されません


「年末年始」の続きの解説一覧

「年末年始」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「年末年始」の関連用語

年末年始のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



年末年始のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの年末年始 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS