12月16日とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 12月16日の意味・解説 

12月16日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/19 08:23 UTC 版)

12月16日(じゅうにがつじゅうろくにち)はグレゴリオ暦で年始から350日目(閏年では351日目)にあたり、年末まであと15日ある。


  1. ^ “夫婦同姓「合憲」、女性の再婚禁止期間「違憲」 最高裁”. 日本経済新聞. (2015年12月16日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG16H4T_W5A211C1000000/ 2017年2月20日閲覧。 
  2. ^ 梅田未央”. 日本タレント名鑑. 2021年1月20日閲覧。
  3. ^ プロフィール”. 2021年1月9日閲覧。
  4. ^ 島木譲二さん 昭和19年生まれだった”. デイリースポーツ online (2016年12月17日). 2021年5月4日閲覧。
  5. ^ 作家・脚本家の早坂暁さん死去 代表作「夢千代日記」”. 朝日新聞デジタル (2017年12月17日). 2020年11月21日閲覧。
  6. ^ “金子務氏が死去 科学史家”. 日本経済新聞社. (2020年12月25日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQODG25A7I0V21C20A2000000 2021年1月30日閲覧。 
  7. ^ “出口典雄さん死去 演出家”. 時事通信社. (2020年12月22日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020122200516&g=soc 2021年1月30日閲覧。 
  8. ^ 朝日新聞2020年12月22日朝刊
  9. ^ 25話モノローグより
  10. ^ 『ガルパン・アルティメット・ガイド〜ガールズ&パンツァーを100倍楽しむ本〜』廣済堂出版、2013年、52頁。ISBN 978-4-331-25286-4
  11. ^ 近江彼方 CV:鬼頭明里|虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 公式ホームページ”. 2020年12月16日閲覧。
  12. ^ 石田スイ『東京喰種トーキョーグール:re』5巻、集英社、2015年。ISBN 978-4-08-890331-6
  13. ^ 岸本斉史『NARUTO -ナルト- [秘伝・闘の書] キャラクター オフィシャルデータ BOOK』集英社ジャンプ・コミックス〉、2005年、77頁。ISBN 4-08-873734-2
  14. ^ 桐ヶ谷透子”. 「バンドリ!ガールズバンドパーティ!」公式サイト. 2020年4月6日閲覧。
  15. ^ a b ゲーム内のプロフィールより。
  16. ^ 古舘春一『ハイキュー!!』4巻、集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2013年、194頁。ISBN 978-4-08-870555-2
  17. ^ 『マブラヴ オルタネイティヴ メモリアルアートブック』電撃大王編集部 編、アスキー・メディアワークス、2012年、58頁。ISBN 978-4-04-891212-9
  18. ^ アイドルマスター ミリオンライブ! | バンダイナムコゲームス公式サイト 2014年7月23日閲覧。
  19. ^ ノノ CV:佳村はるか|うらら迷路帖 公式ホームページ”. TBSテレビ. 2017年3月5日閲覧。
  20. ^ キャラクター”. 【公式】キングスレイド|超本格リアルタイム3DバトルRPG. 2020年7月9日閲覧。
  21. ^ 『マブラヴ オルタネイティヴ メモリアルアートブック』電撃大王編集部 編、アスキー・メディアワークス、2012年、4頁。ISBN 978-4-04-891212-9
  22. ^ 『マブラヴ オルタネイティヴ メモリアルアートブック』電撃大王編集部 編、アスキー・メディアワークス、2012年、73頁。ISBN 978-4-04-891212-9
  23. ^ CHARACTER”. 音楽原作キャラクターラッププロジェクト『ヒプノシスマイク』オフィシャルサイト. 2019年12月30日閲覧。


「12月16日」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「12月16日」の関連用語

12月16日のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



12月16日のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの12月16日 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS