痙攣とは? わかりやすく解説

けい‐れん【××攣】

読み方:けいれん

[名](スル)全身的または部分的に筋肉収縮し不随意運動起こすこと持続的にみられる強直性のもの、間欠的にみられる間代性のものなどがあり、脳疾患髄膜炎中毒ホルモン異常などが原因。「唇を—させる」

「痙攣」に似た言葉

痙攣

読み方:ケイレン(keiren)

筋肉不随意に急激な収縮起こす現象


痙攣

【仮名】けいれん
原文spasm

こむらがえりなど、筋肉筋肉群が突然収縮すること。

痙攣、こむらがえり

【仮名】けいれん
原文cramp

筋肉急に収縮する際に生じ鋭い痛みのこと。痙攣は腹部や脚に起こることが多い。

痙攣

作者ギイ・ド・モーパッサン

収載図書モーパッサン怪奇傑作集
出版社福武書店
刊行年月1989.7
シリーズ名福武文庫


痙攣

作者高行健

収載図書
出版社集英社
刊行年月2005.5


痙攣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/04 15:32 UTC 版)

痙攣(𫞬挛、けいれん、convulsion)とは、不随意に筋肉が激しく収縮することによって起こる発作。痙攣のパターンは多種多様であるが、大きく全身性の場合と体の一部分である場合とに分けることができる。 痙攣を新規に発症した場合には、医療機関を受診することが重要である。


  1. ^ Neuroendocrinology. 1989 Jan;49(1):33-9. PMID 2716948
  2. ^ Neurology. 2005 Sep 13;65(5):668-75. PMID 16157897
  3. ^ Neurology. 2006 Aug 8;67(3):544-5. PMID 16894135
  4. ^ Emergency Medicine Clinical Essentials p858 ISBN 9781437735482



痙攣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 20:14 UTC 版)

越中詩郎」の記事における「痙攣」の解説

DDT等を食らった後、下肢痙攣させる鶴田直伝とも言われる

※この「痙攣」の解説は、「越中詩郎」の解説の一部です。
「痙攣」を含む「越中詩郎」の記事については、「越中詩郎」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「痙攣」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「痙攣」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



痙攣と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

痙攣のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



痙攣のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2022 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの痙攣 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの越中詩郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS