チェーンストークス呼吸とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生理 > 呼吸 > チェーンストークス呼吸の意味・解説 

チェーンストークス‐こきゅう〔‐コキフ〕【チェーンストークス呼吸】

激し呼吸無呼吸周期的繰り返される状態。中枢神経系心臓に異常がある際などにみられる

[補説] 名称は、スコットランド医師チェーンJohn Cheyne)とアイルランド医学者ストークスWilliam Stokes)の名から。


チェーン・ストークス呼吸


チェーンストークス呼吸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/25 03:28 UTC 版)

チェーンストークス呼吸(チェーンストークスこきゅう、: Cheyne-Stokes respiration)とは、数十秒間程度の無呼吸が続いた後、外呼吸を再開すると1回換気量が次第に増加し、極大に達すると今度は1回換気量が減少して、再び数十秒間の無呼吸に至るというサイクルが続く、異常な外呼吸の仕方である。交代性無呼吸とも呼ばれる。






「チェーンストークス呼吸」の続きの解説一覧



チェーンストークス呼吸と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「チェーンストークス呼吸」の関連用語

チェーンストークス呼吸のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



チェーンストークス呼吸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2021 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのチェーンストークス呼吸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS