アデノウイルスとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > その他の生物 > DNAウイルス > アデノウイルスの意味・解説 

アデノウイルス

【仮名】あでのういるす
原文adenovirus

気道眼の感染症引き起こす一群ウイルス。アデノウイルスは遺伝子治療利用されており、そうしたウイルスには腫瘍撃退するような遺伝子組み込まれる。

アデノウイルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/23 06:05 UTC 版)

アデノウイルスは、二重鎖直鎖状DNAウイルスで、カプシドは直径約80nmの正20面体の球形粒子をしており、エンベロープは持たない。アデノウイルスは感染性胃腸炎ライノウイルス等とともに、「風邪症候群」を起こす主要病原ウイルスの一つと考えられている。




  1. ^ Viruses – Complete Genomes”. NCBI. 2013年1月17日閲覧。
  2. ^ Human adenovirus E overview”. NCBI. 2013年1月17日閲覧。
  3. ^ Adenoviruses”. MicrobiologyBytes. 2013年1月17日閲覧。
  4. ^ a b Branton, Philip; Marcellus, Richard C. (2011). “23”. In Nicholas H. Acheson. Adenoviruses (2 ed.). John Wiley & Sons, Inc.. 
  5. ^ Protein Details for Human adenovirus E”. NCBI. 2013年1月17日閲覧。
  6. ^ Russell, WC (2009年1月). “Adenoviruses: update on structure and function”. Journal of General Virology 90: 1–20. doi:10.1099/vir.0.003087-0. http://vir.sgmjournals.org/content/90/1/1.long 2013年1月17日閲覧。. 
  7. ^ PHA3612: receptor internalization and degradation protein alpha”. NCBI. 2013年1月17日閲覧。
  8. ^ PHA3620: CR1 beta membrane glycoprotein”. NCBI. 2013年1月17日閲覧。
  9. ^ PHA3615: E3 gp19K protein”. NCBI. 2013年1月17日閲覧。
  10. ^ PHA3613: E3 14.7K protein”. NCBI. 2013年1月17日閲覧。
  11. ^ PHA3605: control protein E4orf4”. NCBI. 2013年1月17日閲覧。
  12. ^ 岡本健太郎、福田光成、重見律子 ほか、アデノウイルス3型による脳炎・脳症の2例 脳と発達 36巻 (2004) 6号 p.487-491, Template:10.11251/ojjscn1969.36.487
  13. ^ 酒井忠和、長秀男、安倍隆 ほか、アデノウイルス肺炎の2剖検例 日本小児呼吸器疾患学会雑誌 14巻 (2003) 1号 p.11-15, doi:10.5701/jjpp.14.11
  14. ^ a b 腸管アデノウイルス (PDF) 食品安全委員会
  15. ^ 森功次、林志直、佐々木由紀子 ほか、アデノウイルス41型による集団胃腸炎事例について 感染症学雑誌 77巻 (2003) 12号 p.1067-1073, doi:10.11150/kansenshogakuzasshi1970.77.1067
  16. ^ 荻野博明、鍋谷政広、中林大 ほか、放牧育成牛にみられたアデノウイルスによる出血性腸炎 日本獣医師会雑誌 45巻 (1992) 3号 p.170-173, doi:10.12935/jvma1951.45.170
  17. ^ 野田伸司 他:感染症学雑誌 55(5), 355‑365, 1981。
  18. ^ 山田正夫、アデノウイルス・ベクター ウイルス 36巻 (1986) 1号 p.11-21, doi:10.2222/jsv.36.11


「アデノウイルス」の続きの解説一覧



アデノウイルスと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アデノウイルス」の関連用語

アデノウイルスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アデノウイルスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2019 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアデノウイルス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS