アポトーシスとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 原子力防災基礎用語 > アポトーシスの意味・解説 

アポトーシス

多細胞生物細胞生物個体の持つ制御機構指示にしたがって細胞が自ら生命絶つ自殺機構をもっている。この綿密機構によって起こる特徴的細胞死のことをアポトーシスという。 壊死ネクローシス)と対比される。 アポトーシス

アポトーシス

同義/類義語:プログラム細胞死
英訳・(英)同義/類義語:apoptosis, Apoptosis

多細胞生物発生過程で、組織形成する際に特定の細胞特定の時期に死ぬ現象手指形成や、線虫発生過程落葉などが例。細胞が死ぬ機構はアポトーシスによる。

プログラムされた細胞死

同義/類義語:アポトーシス
英訳・(英)同義/類義語:programmed cell death, apoptosis

多細胞生物発生過程で、組織形成する際に特定の細胞特定の時期に死ぬ現象手指形成や、線虫発生過程落葉などが例。細胞が死ぬ機構はアポトーシスによる。

アポトーシス

【英】: Apoptosis
体の形作り新旧細胞の入替えなどの多く生命現象にかかわる細胞除去のためのシステムで「細胞自殺過程」を指す。生理的および病理的要因から損傷した細胞など、その細胞不要になった時点で、生体内細胞環境を保つ(ホメオスタシス)ために死ぬようにプログラムされている。

オタマジャクシ発生に伴う尾の消失手指形成過程における指と指の間の「水かき」の消失、あるいは免疫細胞成熟過程における「自己」を認識する免疫細胞除去などがその例とされる

この細胞死は遺伝子プログラムされており、さらにそれがガン関連遺伝子(ガン遺伝子ガン抑制遺伝子)と密接な関係があること、免疫系発達調節にも深く関与していることが明らかとなってきて、研究進んでいる。

細胞

遺伝子


アポトーシス

アポトーシスとは、生体不要になった細胞排除するために、細胞自らがプログラム作動させて自殺する細胞現象のことです。食品中には腫瘍細胞が自ら死滅する作用(アポトーシス作用)を誘導し、細胞死滅させるものがあります

アポトーシス

Apoptosis

【概要】 プログラムされた細胞死(programmed cell death, cellular suicide)。アポ離れる+プトーシス=離れる、が語源オタマジャクシになるときはシッポが短くなる。これは計画的シッポ細胞が死んで行くためである。つまり細胞中には役目が終わったら死ぬようにあらかじめ遺伝子設計図書かれている抗癌剤にさらされた癌細胞が死ぬのもアポトーシス。HIVを作っているCD4細胞早死にするのもアポトーシスである。一方例え火傷細胞が死ぬのは細胞壊死(えし、necrosis)という。 

【詳しく】 細胞表面Fas抗原と言う物質あらわれ、これに適切な刺激が加わると内部自殺指令が伝わって行く。HIV感染症では、HIV感染ていない細胞まで巻き込まれて死んで行くのは、HIVがこのメカニズム誘導しているという説が有力になっている

《参照》 HIVCD4


アポトーシス

【仮名】あぽとーしす
原文apoptosis

細胞死の一種で、細胞内における分子レベル一連の過程経て細胞死に至る。不要細胞異常な細胞排除することを目的とした正常な過程である。がん細胞では、アポトーシスのプロセス阻害されている場合がある。「programmed cell deathプログラム細胞死)」とも呼ばれる

アポトーシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/22 15:16 UTC 版)

アポトーシスアポプトーシス[1] (apoptosis) とは、多細胞生物の体を構成する細胞の死に方の一種で、個体をより良い状態に保つために積極的に引き起こされる、管理・調節された細胞の自殺すなわちプログラムされた細胞死(狭義にはその中の、カスパーゼに依存する型)のこと。ネクローシス(necrosis)の対義語として使われる事が多い。


  1. ^ 神奈木玲児 細胞の自然死(アポプトーシス)に伴う糖鎖抗原の変化とその遺伝子的背景の研究 1994
  2. ^ Merriam-Webster Apoptosis
  3. ^ J. F. R. Kerr, A. H. Wyllie, A. R. Currie Apoptosis: A Basic Biological Phenomenon with Wide-ranging Implications in Tissue Kinetics 1972
  4. ^ この経路に免疫系がかかわっており、自己免疫から抗原と認識される蛋白質を尾に発現させ、異物として排除する。新潟大学の井筒ゆみ助教(2009年10月現在)が証明し、生物の発生に免疫系が関与する事例を初めて示したとして2009年10月に米国科学アカデミー紀要に発表した。


「アポトーシス」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アポトーシス」の関連用語

アポトーシスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アポトーシスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
文部科学省文部科学省
Copyright (C) 2019 文部科学省 All rights reserved.
環境防災Nネットホームページ原子力防災基礎用語集
JabionJabion
Copyright (C) 2019 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
バイテクコミュニケーションハウスバイテクコミュニケーションハウス
copyright© communication house of biotechnology
農林水産省
Supplement Kuchikomi RankingSupplement Kuchikomi Ranking
(C)2019 All Rights Reserved. 健康食品のあり方を考える日本サプリメント評議会の運営です。
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2019, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2019 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアポトーシス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS