クリアランス (医学)とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > クリアランス (医学)の意味・解説 

クリアランス (医学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/24 00:21 UTC 版)

医学においてクリアランス: clearance)は腎臓などによる排泄能力の大きさを表す。クリアランスには腎臓以外の器官が関与していることもあるが、一般にクリアランスは腎クリアランスもしくは血漿クリアランスとほぼ同義に用いられる。個々の物質はろ過特性によって、固有のクリアランスを示す。クリアランスは、糸球体によるろ過、傍尿細管毛細血管からネフロンへの分泌、ネフロンから傍尿細管毛細血管への再吸収からなる機構である。


  1. ^ Seldin DW (2004). “The development of the clearance concept”. J. Nephrol. 17 (1): 166–71. PMID 15151274. 
  2. ^ Babb AL, Popovich RP, Christopher TG, Scribner BH (1971). “The genesis of the square meter-hour hypothesis”. Transactions - American Society for Artificial Internal Organs 17: 81–91. PMID 5158139. 
  3. ^ Gotch FA (1998). “The current place of urea kinetic modelling with respect to different dialysis modalities”. Nephrol. Dial. Transplant. 13 Suppl 6: 10–4. doi:10.1093/ndt/13.suppl_6.10. PMID 9719197. http://ndt.oxfordjournals.org/cgi/reprint/13/suppl_6/10 2010年10月26日閲覧。. 
  4. ^ Gotch FA, Sargent JA, Keen ML (2000). “Whither goest Kt/V?”. Kidney Int. Suppl. 76: S3–18. doi:10.1046/j.1523-1755.2000.07602.x. PMID 10936795. 
  5. ^ 式(11)は定常状態にのみ適用されうる。物質の血漿中濃度が一定でない場合はクリアランスK は一般式(9)から算出されなければならない。


「クリアランス (医学)」の続きの解説一覧

「クリアランス (医学)」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

クリアランス (医学)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



クリアランス (医学)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクリアランス (医学) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS