腎臓とは? わかりやすく解説

じん‐ぞう〔‐ザウ〕【腎臓】


腎臓

読み方:ジンゾウ(jinzou)

脊椎動物泌尿器系臓器の一


腎臓

英訳・(英)同義/類義語:kidney

血液中老廃物ろ過し、原尿生成する器官
「生物学用語辞典」の他の用語
個体の器官や組織など:  腎節  腎糸球体  腎細管  腎臓  腎静脈  腎髄質  

腎臓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/24 06:15 UTC 版)

腎臓(じんぞう、ラテン語: ren英語: kidney)は、泌尿器系器官の1つ。血液からの老廃物や余分な水分の濾過及び排出を行って尿を生成するという、体液恒常性の維持を主な役割とする。


注釈

  1. ^ : pronephros
  2. ^ : mesonephros
  3. ^ : metanephros
  4. ^ : rein
  5. ^ : rognon
  6. ^ : Rognons de bœuf

出典

  1. ^ a b ネコと腎臓病とAIM研究 | 2020年 | 記事一覧 | 医学界新聞 | 医学書院” (日本語). www.igaku-shoin.co.jp. 2021年7月16日閲覧。
  2. ^ 一般社団法人日本腎臓学会サイト >> 一般の方へ >> 1.腎臓の構造と働き 2.尿細管(2020 年 2 月 25 日閲覧)
  3. ^ 京都医療センター. “京都医療センター広報誌 うづら便り(通算144号)”. 2021年10月3日閲覧。
  4. ^ 廣田 千恵子、カブディル・アイナグル 『中央アジア・遊牧民の手仕事 カザフ刺繍: 伝統の文様と作り方』誠文堂新光社、2019年、46頁。 


「腎臓」の続きの解説一覧

腎臓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 15:04 UTC 版)

ジクロフェナク」の記事における「腎臓」の解説

パキスタンで、ジクロフェナク曝露され動物死体食べたハゲワシが、急性腎不全起こして死亡したNSAIDsは、薬物敏感なヒト・動物の腎臓におけるプロスタグランジン合成によって起こる腎臓への影響関係している。腎臓ではCOX-1とCOX-2両方存在するため、選択的COX-2阻害剤使ってこの影響出てしまう。そのため、薬物敏感なヒト選択的COX-2阻害剤を使う場合でも予防措置取っておかなければならない

※この「腎臓」の解説は、「ジクロフェナク」の解説の一部です。
「腎臓」を含む「ジクロフェナク」の記事については、「ジクロフェナク」の概要を参照ください。


腎臓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/04 08:22 UTC 版)

SGK1」の記事における「腎臓」の解説

SGK1アルドステロンインスリンIGF-1によるENaC調節影響与えており、腎臓でのNa+排出調節関与していることが示唆されている。抗利尿ホルモンADH)やインスリンによるENaC活性化SGK1依存しているか、ADH/インスリンSGK1によってそれぞれ誘導されて同じ標的収束する依存的な経路反映したものであることが指摘されている。腎臓でのENaC機能鉱質コルチコイド作用は、部分的にSGK1存在依存している。ある研究では、SGK1インスリンによる腎臓でのNa+保持重要な役割果たしていることが明らかにされているSGK1鉱質コルチコイドによって調節されるNaCl恒常性において、少なくとも2つ役割担っているNaCl摂取と腎臓でのNaCl再吸収双方SGK1依存していることは、過剰なSGK1活性によって経口でのNaCl吸収と腎臓でのNaCl保持同時に促進され動脈高血圧引き起こされうることを示唆している

※この「腎臓」の解説は、「SGK1」の解説の一部です。
「腎臓」を含む「SGK1」の記事については、「SGK1」の概要を参照ください。


腎臓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/24 20:06 UTC 版)

人体の急所」の記事における「腎臓」の解説

肝臓と同様

※この「腎臓」の解説は、「人体の急所」の解説の一部です。
「腎臓」を含む「人体の急所」の記事については、「人体の急所」の概要を参照ください。


腎臓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 06:20 UTC 版)

排出器官」の記事における「腎臓」の解説

脊椎動物排出器である腎臓は、上記のものとはかなり異なった構造をしているが、実際には関連がある構造と考えられる脊椎動物排出器本来の形体の背中側側面に沿って体の前から後ろまで続くものであった見られ現在の腎臓はその後端部だけが発達したものである前腎はからだの前の方生じ構造的に腎管とほぼ同等である無顎類終生これを持つ。中腎それより後方に生じて腎管似た構造を持つが、それに併せて糸球体があり、マルピーギ小体形成している。一般魚類や両生類の腎臓はこれである。後腎多数マルピーギ小体含み、もはや体腔口を開いた部分はない。陸上脊椎動物では前腎中腎退化し後腎だけが残る。

※この「腎臓」の解説は、「排出器官」の解説の一部です。
「腎臓」を含む「排出器官」の記事については、「排出器官」の概要を参照ください。


腎臓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/10 04:49 UTC 版)

スターリング方程式」の記事における「腎臓」の解説

糸球体毛細血管は、健康な態で連続した糖衣層を持ち内皮通過して腎尿細管到達する溶媒の総濾過量( J v {\displaystyle J_{v}} )は、通常約125ml/min(約180リットル/日)である。糸球体毛細血管J v {\displaystyle J_{v}} は、糸球体濾過率GFR)としてよりよく知られている体内他の毛細血管では、 J v {\displaystyle J_{v}} は通常5ml/分(約8リットル/日)であり、体液求心性および送出リンパ管を介して循環戻される。[要出典]

※この「腎臓」の解説は、「スターリング方程式」の解説の一部です。
「腎臓」を含む「スターリング方程式」の記事については、「スターリング方程式」の概要を参照ください。


腎臓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 07:58 UTC 版)

関節リウマチ」の記事における「腎臓」の解説

関節リウマチ自体は腎臓をおかさないが、合併するシェーグレン症候群ステロイドおよび非ステロイド性消炎鎮痛薬による間質性腎炎や金製剤d-ペニシラミンAAアミロイドーシスによる糸球体病変膜性腎症が多い)がおこりうるブシラミンリマチルはしばし蛋白尿をおこすため検尿が行われる。

※この「腎臓」の解説は、「関節リウマチ」の解説の一部です。
「腎臓」を含む「関節リウマチ」の記事については、「関節リウマチ」の概要を参照ください。


腎臓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 17:13 UTC 版)

人工多能性幹細胞」の記事における「腎臓」の解説

2013年10月熊本大学グループが、iPS細胞から糸球体尿細管両方伴った3次元の腎臓組織試験管内構築することに成功2015年10月京都大学グループが、iPS細胞からつくった腎臓になる前の細胞をつくり、それを急性腎障害マウス移植し、その症状緩和した報告する課題は、排泄される尿をどのように体外へ導くか、とのこと

※この「腎臓」の解説は、「人工多能性幹細胞」の解説の一部です。
「腎臓」を含む「人工多能性幹細胞」の記事については、「人工多能性幹細胞」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「腎臓」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

腎臓

出典:『Wiktionary』 (2021/06/20 11:57 UTC 版)

名詞

じんぞう

  1. 左右一対ある器官で、ヒトの場合こぶし大でソラマメ形をしており背中側に近い腹部にある。血液中の不要物質濾し取って尿作り出すのが主な働きである。
  2. 東洋医学における、生命エネルギー貯蔵生殖排尿つかさどる臓器現代医学における腎臓や泌尿器生殖器にほぼ相当する。

発音

派生語

関連語

翻訳

脚注

  1. じんぞう【腎臓】」『大辞林松村明 編、三省堂1988年 ISBN 4-385-14000-6

「腎臓」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

腎臓のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



腎臓のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
サイボクサイボク
Copyright(C)2022株式会社埼玉種畜牧場
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの腎臓 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのジクロフェナク (改訂履歴)、SGK1 (改訂履歴)、人体の急所 (改訂履歴)、排出器官 (改訂履歴)、スターリング方程式 (改訂履歴)、関節リウマチ (改訂履歴)、人工多能性幹細胞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの腎臓 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS