濾過とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 学術 > 濾過 > 濾過の意味・解説 

ろ か -くわ [1]

スル
液体をこして混じり物をのぞくこと。 雨水を-して飲料水にする


濾過

読み方:ロカroka

液体をこして混じり物をのぞくこと


濾過

英語 filtration

流体中に懸濁、あるいは分散する固形物粒子類と液成分とを分離する操作をいう。ろ材(フィルター)には一般的に綿や合成繊維などの繊布合成紙フェルト金網などが使われている。ろ材表面堆積した濾過ケーク阻害され、重力だけではスラリーろ材円滑に通過しない場合が多<、加圧したり負圧かけたり遠心力利用して濾過効率よくする自動車部品製造工程では、切削加工研削加工ホーニング加工用のクーラント中のチップ砥粒粉などを濾過分離するため諸種濾過装置利用されており、自動車には、エンジンオイル燃料含まれる浮遊異物除去する目的や、空気中の砂塵などを濾過する濾過器装着されており、エンジン気化器への障害を防いでいる。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ろ過

(濾過 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/15 14:40 UTC 版)

ろ過(ろか、濾過沪過: filtration)とは、液体または気体固体が混ざっている混合物を、細かいがたくさんあいた多孔質(ろ材)に通して、穴よりも大きな固体の粒子を液体または気体から分離する操作である。さんずいに遠慮の「慮」。字義は「こし取る」。)が常用漢字でないため、一般には「ろ過」と表記されることもあるが、交ぜ書きを避けるために、「沪過」という略字を用いて表記する専門家もいる[1]




  1. ^ 「濾」の字の代わりに三水「氵」に「戸」を付した「沪」という漢字を使い、「沪過」のように表記されることがある(ユニコード 27818)。文部省が1954年(昭和29年)に発行した学術用語集・化学編において、当用漢字(後に常用漢字)には含まれていないが化学においては一般に使用されているため教科書などで使用しても良い漢字として「沪」を指定している。


「ろ過」の続きの解説一覧

濾過

出典:『Wiktionary』 (2017/07/16 14:11 UTC 版)

名詞

(ろか)

  1. 液体気体多孔質通し固体粒子取り除くこと。

発音

ろ↘か

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
濾過-する



濾過と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「濾過」の関連用語

濾過のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



濾過のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのろ過 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの濾過 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS