ホーニング加工とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 加工 > 加工 > ホーニング加工の意味・解説 

ホーニング加工

ホーン仕上げともいう。主として精密仕上げに用いる研削法。
円柱状の回転工具側面直方体砥石数個取り付けホーンと呼ぶ工具用いて穴の内面精密にみがく。
砥石ワーク面接触させ、一定の荷重加えることにより切れ込み与える。
ホーン代わりに研削材の混ざった液体吹き付けてみがく液体ホーニングという 方法もある。

ホーニング加工


ホーニング加工機

(ホーニング加工 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/29 00:29 UTC 版)

ホーニング加工機(ホーニングかこうき、Honing machine)は、主に加工対象物の内径を精密に研磨する工作機械のことを指す。砥石の付いた工具を使い、加工対象物の内径を研磨することをホーン加工という。自動車部品や各種機械部品など、幅広い分野で用いられている。




「ホーニング加工機」の続きの解説一覧



ホーニング加工と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ホーニング加工」の関連用語

ホーニング加工のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ホーニング加工のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
材料屋.com材料屋.com
Copyright(c) 2004-2020 (有)イーマテリアル
大光電機大光電機
Copylight 2020.DAIKO ELECTRIC CO.,LTD.All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのホーニング加工機 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS