ホーネットとは? わかりやすく解説

ホーネット【hornet】

読み方:ほーねっと

スズメバチ


ホーネット

ホーネット ホーネット・デラックス
通称名 ホーネット
車名・型式 ホンダ・BA-MC31
全長×全幅×全高(m) 2.035×0.740×1.050
軸距(m) 1.410
最低地上高(m) 0.155
シート高(m) 0.745
車両重量kg 168
乾燥重量kg 151
燃料消費率km/L 32.0(60km/h定地走行テスト値)
乗車定員(人) 2
最小回転半径(m) 2.6
エンジン型式・種類 MC14E・水冷4ストロークDOHC 4バルブ 4気筒
総排気量cm3 249
内径×行程mm 48.5×33.8
圧縮比 11.5
最高出力kWPS]/rpm 29[40]/14,000
最大トルクN・mkg・m]/rpm 24[2.4]/11,000
キャブレター型式 VP05
始動方式 セルフ式
点火装置形式 フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量(L) 16
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1 速 2.733
2 速 2.000
3 速 1.590
4 速 1.318
5 速 1.111
6 速 0.965
減速比1次2次 2.966/3.214
キャスター角(度)/トレール量(mm 25°45´/100
タイヤサイズ 130/70ZR 16MC(61W)
180/55ZR 17MC(73W)
ブレーキ形式 油圧式ディスク
油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック
スイング・アーム式
フレーム形式 ダイヤモンド(モノバックボーン)

ホーネット

名前 Hodnett

ホーネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/20 00:21 UTC 版)

ホーネット (Hornet) とは、スズメバチの英称。




「ホーネット」の続きの解説一覧

ホーネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 05:11 UTC 版)

BLOODY MONDAY」の記事における「ホーネット」の解説

Kに雇われ凄腕クラッカークラッカーの中で名の通った存在で、ハッキングによって数々の犯罪犯している。テロ組織信者ではないが、Kと手を組み(しかし、Kを「妄執者」と密かに罵っている事からも信用していない事が伺え、Kもまたホーネットを「安いブタ」と罵っており、ホーネットにとってはファルコンこと藤丸よりも自分上であること証明するため、Kにとってはファルコンこと藤丸自身の計画邪魔する厄介者早急に始末したいためという利害の一致によって、手を組んでいるに過ぎない)、ファルコンこと藤丸妨害工作仕掛ける。一度は藤丸不意打ちという形で破るものの、二度目対決では藤丸仕掛けた罠にはめられ形で敗北自身の犯罪記録含めた個人情報流出させられTHIRD-iに連行された。その途中藤丸ファルコン)と対面する初対面且つ最初で最後対面)も反省する様子は全くなく、不敵な笑み浮かべていた。南海には「ヘドがでるよ、ああゆう輩には」と言われた

※この「ホーネット」の解説は、「BLOODY MONDAY」の解説の一部です。
「ホーネット」を含む「BLOODY MONDAY」の記事については、「BLOODY MONDAY」の概要を参照ください。


ホーネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/11 05:27 UTC 版)

ウィングコマンダー」の記事における「ホーネット」の解説

キラービー中隊使用機体である。小型機なので非常に速度が出るもののレーザー砲二門わずかなミサイルしか搭載することはできない

※この「ホーネット」の解説は、「ウィングコマンダー」の解説の一部です。
「ホーネット」を含む「ウィングコマンダー」の記事については、「ウィングコマンダー」の概要を参照ください。


ホーネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 13:16 UTC 版)

Quake」の記事における「ホーネット」の解説

ボスキャラクター司令官クラス巨大な飛行型ストログ。両肩に取付けられ改良型チェーンガンと、下半身からロケット弾4連射放ち攻撃してくる。

※この「ホーネット」の解説は、「Quake」の解説の一部です。
「ホーネット」を含む「Quake」の記事については、「Quake」の概要を参照ください。


ホーネット(Hornet)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 19:23 UTC 版)

CODE リョーコ」の記事における「ホーネット(Hornet)」の解説

ハチ型のモンスター。羽はデリケート天井にこすれてバランス崩し落ちることもある。ローチスターと同じように耐久力そこまでなく、体全体柔らかい攻撃は針のレーザーと毒の液体。毒の液体はかなり強力で地面落ちてからもしばらく滞留し続ける。踏むことでたちどころにライフポイントが減ってしまう。レーザーは非常に連射力が高いが、その分精度は低い。互い衝突自爆することもあった。

※この「ホーネット(Hornet)」の解説は、「CODE リョーコ」の解説の一部です。
「ホーネット(Hornet)」を含む「CODE リョーコ」の記事については、「CODE リョーコ」の概要を参照ください。


ホーネット(AV-14 Hornet)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 02:03 UTC 版)

Halo 3」の記事における「ホーネット(AV-14 Hornet)」の解説

地球軍航空機ヘリコプターのような外見をしたジェット機で、分類困難である垂直離着陸可能ないわゆるVTOL機で、機関銃ミサイル搭載航空機としては速度が遅いが、前後左右斜め上あらゆる方向動けるため大変使い勝手良い

※この「ホーネット(AV-14 Hornet)」の解説は、「Halo 3」の解説の一部です。
「ホーネット(AV-14 Hornet)」を含む「Halo 3」の記事については、「Halo 3」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ホーネット」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ホーネット」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ホーネットのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ホーネットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
HONDAHONDA
COPYRIGHT (C) 2022 Honda Motor Co., Ltd. and its subsidiaries and affiliates. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのホーネット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのBLOODY MONDAY (改訂履歴)、ウィングコマンダー (改訂履歴)、Quake (改訂履歴)、CODE リョーコ (改訂履歴)、Halo 3 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS