スーパーホーネットとは? わかりやすく解説

スーパーホーネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/28 08:36 UTC 版)

スーパーホーネット (Super Hornet) は、日本競走馬である。馬名は、アメリカなどで運用されている戦闘攻撃機F/A-18E/Fの愛称である「スーパーホーネット(「ホーネット(F/A-18)」を超越したという意味)」が由来となっている。


スーパーホーネット血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ノーザンダンサー系
[§ 2]

*ロドリゴデトリアーノ
Rodrigo de Triano
1989 栗毛
父の父
El Gran Senor
1981 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Sex Appeal Buckpasser
Best in Show
父の母
Hot Princess
1980
*ホットスパーク Habitat
Garvey Girl
Aspara Crimson Satan
Courtside

ユウサンポリッシュ
1997 鹿毛
*エルセニョール
El Senor
1984 芦毛
Valdez Exclusive Native
Sally Stark
Sunrise Sue Grey Dawn
Sophistry
母の母
*エルゼビアー
Elzevir
1984 鹿毛
Elocutionist Gallant Romeo
Strictly Speaking
Friendly Relations Nearctic
Flaring Top
母系(F-No.) 8号族(FN:8-f) [§ 3]
5代内の近親交配 Nearctic4×4=12.50% [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ スーパーホーネット 5代血統表2017年9月12日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com スーパーホーネット 5代血統表2017年9月12日閲覧。
  3. ^ JBISサーチ スーパーホーネット 5代血統表2017年9月12日閲覧。
  4. ^ netkeiba.com スーパーホーネット 5代血統表2017年9月12日閲覧。
  1. ^ SUPER HORNET (K602) - Racing Information” (英語). 香港賽馬會(The Hong Kong Jockey Club). 2016年2月24日閲覧。
  2. ^ 超級黃蜂 (K602) - 馬匹資料 - 賽馬資訊” (中国語). 香港賽馬會(The Hong Kong Jockey Club). 2016年2月24日閲覧。
  3. ^ スーパーホーネットが引退、種牡馬へ”. ラジオNIKKEI. 2022年4月29日閲覧。
  4. ^ スーパーホーネット念願かなわず引退 Archived 2010年11月13日, at the Wayback Machine. サンケイスポーツ 2010年11月7日閲覧
  5. ^ スーパーホーネットが移動競走馬のふるさと案内所、2016年10月5日閲覧
  6. ^ 2019年の供用停止種雄馬”. ジャパン・スタッドブック・インターナショナル公式ウェブサイト. 軽種馬登録ニュース (2020年3月3日). 2020年4月11日閲覧。
  7. ^ サ行での検索結果”. 引退名馬. ジャパン・スタッドブック・インターナショナル. 2020年4月11日閲覧。


「スーパーホーネット」の続きの解説一覧

スーパーホーネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/09 13:46 UTC 版)

ホーネット (タミヤ)」の記事における「スーパーホーネット」の解説

1993年12月8日ホーネット進化版に相当する『スーパーホーネット』が発売された。

※この「スーパーホーネット」の解説は、「ホーネット (タミヤ)」の解説の一部です。
「スーパーホーネット」を含む「ホーネット (タミヤ)」の記事については、「ホーネット (タミヤ)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「スーパーホーネット」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

スーパーホーネットのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スーパーホーネットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスーパーホーネット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのホーネット (タミヤ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS