ブタとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 動物 > ブタ > ブタの意味・解説 

ブタ

作者ロアルド・ダール

収載図書こわいい動物
出版社評論社
刊行年月2006.10
シリーズ名ロアルド・ダールコレクション


ブタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/26 14:01 UTC 版)

ブタ、学名:Sus scrofa domesticus仮名転写:スース・スクローファ・ドメスティクス)、英名:pig)は、哺乳綱鯨偶蹄目イノシシ科動物で、イノシシSus scrofa)を家畜化したものである。主に食用(豚肉)とされる。


  1. ^ 豚にも自己意識がある?:鏡像を理解できることが判明 原文:WIRED.jp 2009年10月8日掲載
  2. ^ 異種移植でブタに脚光なぜ 臓器の大きさや生理機能が人に似る『日本経済新聞』電子版(2017年8月4日)2018年4月16日閲覧。
  3. ^ スー・ドナルドソン/ウィル・キムリッカ. 人と動物の政治共同体. 尚学社. p. 170. 
  4. ^ 公衆衛生についての観念が希薄な時代・地域においては、人間の排泄物を食べさせて育てる豚便所が設えられていた例もある。
  5. ^ 鳴き声以外全部食べる!豚1頭を食べ尽くす沖縄の「豚正月」って?ソーキ汁、とんかつ、中味汁 うるま市で体験会『琉球新報』2018年1月25日(2018年4月16日閲覧)。
  6. ^ ハラル(ハラール)について一般社団法人・日本ハラル協会(2018年4月16日閲覧)。
  7. ^ 出典 国際連合食糧農業機関(FAO)統計 [1]
  8. ^ a b c d 社団法人 畜産技術協会調査
  9. ^ 独立行政法人 動物衛生研究所 講演要旨より
  10. ^ a b 国産畜産物安心確保等支援事業 「アニマルウェルフェアの考え方に対応した飼養管理指針」より抜粋
  11. ^ a b c “子豚の歯を麻酔なしで切断” (日本語). 畜産動物のためのサイト:動物はあなたのごはんじゃない. (2016年1月22日). http://www.hopeforanimals.org/pig/426 2018年5月10日閲覧。 
  12. ^ http://www.onegreenplanet.org/animalsandnature/states-that-have-banned-cruel-gestation-crates-for-pigs/9 States That Have Banned Cruel Gestation Crates for Pigs
  13. ^ EFSA(European Food Safety Authority)2007年「The risks associated with tail biting in pigs and possible means to reduce the need for tail docking considering the different housing and husbandry systems」
  14. ^ https://www.nfacc.ca/codes-of-practice/pig-codecode of practice
  15. ^ Danish Agriculture & Food Council「Danish pig production in a European context」 Norwegian Agricultural Economics Research Institute「Norwegian pig producers’view on animal welfare」
  16. ^ http://www.globalmeatnews.com/Industry-Markets/EC-to-consider-additional-laws-on-animal-welfareEC to consider additional laws on animal welfare(2014.2 Grobal Meat)
  17. ^ http://www.thepigsite.com/swinenews/36621/researchers-examine-pig-behaviour-to-assess-pain/Researchers Examine Pig Behaviour to Assess Pain 19 May 2014
  18. ^ 雑誌「養豚情報」2017年7月号参照
  19. ^ https://lin.alic.go.jp/alic/month/domefore/2017/aug/wrepo02.htmエーリック 畜産の情報 2017年8月号 EUの養豚・豚肉産業~多様な産地と経営体~
  20. ^ 「オセアニアを知る事典」平凡社 p250 1990年8月21日初版第1刷
  21. ^ 新美(2009)、p.95
  22. ^ 新美(2009)、p.96
  23. ^ 新美(2009)、p.96
  24. ^ 西本「下郡桑苗遺跡出土の動物遺体」『下郡桑苗遺跡』
  25. ^ 西本「可能性が高まった縄文ブタの飼育」『最新縄文学の世界』1999年
  26. ^ 新美(2009)、p.98
  27. ^ 西本「弥生時代のブタについて」『国立歴史民俗博物館研究報告 第36集』(1991年)、西本「弥生時代のブタの形質について」『国立歴史民俗博物館研究紀要 第61集』(1993年)
  28. ^ 新美(2009)、p.97 - 98
  29. ^ 甲元眞之(2005):稲作の伝来 青驪 2巻, 2005-7-15 p.37-40
  30. ^ 小澤智生(2000):縄文・弥生時代に豚は飼われていたか? (特集 縄文時代研究の新動向) -- (食料と水場遺構), 季刊考古学 (73), 17-22, 2000-11, 雄山閣出版
  31. ^ 渡部琢磨・石黒直隆・中野益男・松井章・本郷一美・西本豊弘「弥生時代の遺跡から出土したイノシシの遺伝学的解析-Ancient DNA解析に基づく考察-」『動物考古学 20』
  32. ^ 本来の字義。現代中国語でも同じである。
  33. ^ 食の研究所豚汁がまだ「おふくろの味」ではなかった時代 2014.03.14 澁川 祐子
  34. ^ 野瀬泰申、『天ぷらにソースをかけますか? ニッポン食文化の境界線』pp174-176、2009年3月30日、新潮文庫
  35. ^ 食肉公正競争規約第4条-5、第10条-5及び、規約に基づく食肉公正競争規約施行規則
  36. ^ 姫路グルメポーク・桃色吐息
  37. ^ 八鹿豚
  38. ^ 八鹿豚を育てる
  39. ^ 『農トリップ まるっと玉城』 株式会社ゼロ(月刊Simple) 編、玉城町、2013年2月5日、30頁。全国書誌番号:22523136
  40. ^ 『毎日新聞』朝刊2018年4月11日「【ハマりました】ミニブタ/賢くてツンデレ頼れる 背中」用語解説。
  41. ^ 21世紀研究会編『食の世界地図』文藝春秋・P254



ブタ

出典:『Wiktionary』 (2009/03/02 19:59 UTC 版)

名詞

  1. (ぶた)学術的表記詳細は"ぶた"参照





ブタと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ブタ」の関連用語


2
78% |||||

3
78% |||||

4
78% |||||

5
72% |||||

6
72% |||||

7
72% |||||

8
72% |||||



ブタのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ブタのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブタ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのブタ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2018 Weblio RSS