トリュフとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > トリュフの意味・解説 

トリュフ

英語:truffe

トリュフとは、和名でセイヨウショウロ西洋松露)と呼ばれるキノコ、および、その子実体呼び名である。あるいは、そのキノコ似せて作られたチョコレート菓子のことである。

【トリュフの語源
「トリュフ」という呼び名フランス語truffe由来している。フランスはトリュフの主な産地でもあり、フランス料理食材として用いるため主な消費地でもある。トリュフは学名Tuberといい、英語名Truffle(トラッフル)という。

トリュフには独特の芳香があり、主に料理香り付け用いられる地下生じるため見つけにくく、嗅覚優れて豚や探させる採取方が伝統的に行われている。産出量決し多くない。トリュフはキャビアフォアグラと共にいわゆる世界三大珍味のひとつ位置づけられる。「黒いダイヤ」と呼ばれることもある稀少食材である。

洋菓子のトリュフはキノコのトリュフに似た色形のチョコレート菓子である。生クリーム洋酒などを練り込ん口溶けのよいチョコレート別種チョコレート覆ったりココアパウダーまぶしたりして作られるキノコのトリュフとの混同回避できる呼称として「トリュフチョコレート」(chocolate truffle)が挙げられるというか「トリュフ」が「トリュフチョコレート」を略した呼び名捉えられる

トリュフ【(フランス)truffe】

読み方:とりゅふ

西洋松露(せいようしょうろ)のこと。特に料理の材料とするものをいう塊状キノコで、独特の芳香があり、卵・料理などに用いる。

形を1似せて作った菓子一口大に丸めたガナッシュチョコレートをかけて固めたもの。

トリュフの画像

トリュフ(仏:truff 英:truffle)


トリュフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/10 13:55 UTC 版)

トリュフとは、地下に生息する子嚢菌子実体のことで、主にセイヨウショウロ(Tuber)属の多くの種のうちの1つである。セイヨウショウロ属以外にも、Geopora、Peziza、Choiromyces、Leucangiumなど100以上の属がトリュフに分類されている[1]。これらの属はPezizomycetesとチャワンタケ目(Pezizales)という目に属している。トリュフに似たいくつかの担子菌類は、RhizopogonやGlomusなど、Pezizalesから除外されている。トリュフは外菌根なので、通常は木の根に密着して生息している。胞子の散布は、菌類を食べる動物(Fungivore)によって行われる[2]。これらの菌類は、栄養素の循環や乾燥に対する耐性など、生態学的に重要な役割を果たしている。


  1. ^ Læssøe, Thomas; Hansen, Karen (September 2007). “Truffle trouble: what happened to the Tuberales?”. Mycological Research 111 (9): 1075–1099. doi:10.1016/j.mycres.2007.08.004. ISSN 0953-7562. PMID 18022534. 
  2. ^ Lepp. “Spore release and dispersal”. Australian National Botanic Gardens. 2016年12月5日閲覧。
  3. ^ Brillat-Savarin, Jean Anthelme (1838) [1825]. Physiologie du goût. Paris: Charpentier. https://archive.org/details/physiologiedugo02savgoog  English translation Archived 2008-07-06 at the Wayback Machine.
  4. ^ “Truffles”. Traditional French Food Regional Recipes From Around France. (2017年). http://www.traditionalfrenchfood.com/truffles.html 2017年1月6日閲覧。 
  5. ^ Fabre, J. H. (Translated by de Mattos, A. T.), 2009. The life of fly. Echo Library, ISBN 9781406863222
  6. ^ Pacioni, G., Bologna, M. A., and M. Laurenzi. 1991. Insect attraction by Tuber: a chemical explanation. Mycological Research 95(12): 1359–1363.
  7. ^ Dubarry, F., and S. Bucquet-Grenet, 2001. The Little Book of Truffles. Flammarion.ISBN 9782080106278.
  8. ^ Chevalier, G., Mousain, D., and Y. Couteaudier, 1975. Association ectomycorhiziennes entre Tubéracées et Cistacées. Annales de Phytopathologie 7: 355-356.
  9. ^ Giovannetti, G., and A. Fontana, 1982. Mycorrhizal synthesis between Cistaceae and Tuberaceae. New Phytologist 92: 533-537.
  10. ^ Wenkart, S., Mills, D., and V. Kagan-Zur, 2001. Mycorrhizal associations between Tuber melanosporum mycelia and transformed roots of Cistus incanus. Plant Cell Reports 20: 369-373.
  11. ^ Ammarellow, A., and H. Saremi, 2008. Mycorrhiza between Kobresia bellardii (All.) Degel and Terfezia boudieri Chatin. Turkish Journal of Botany 32: 17-23.
  12. ^ Morte, A., C. Lovisolo, C., and A. Schubert, 2000. Effect of drought stress on growth and water relations of the mycorrhizal association Helianthemum almeriense-Terfezia claveryi. Mycorrhiza 10: 115-119.
  13. ^ Turgeman, T., Jiftach Ben Asher, J. B., Roth-Bejerano, N., Varda Kagan-Zur, V., Kapulnik, Y., and Y. Sitrit. 2011. Mycorrhizal association between the desert truffle Terfezia boudieri and Helianthemum sessiliflorum alters plant physiology and fitness to arid conditions. Mycorrhiza 21: 623-630.
  14. ^ The Lightning and the Truffle
  15. ^ a b c d e f トリュフの輸入 東京税関、2020年4月19日閲覧。
  16. ^ 美味しいヨーロッパ アウトバウンド促進協議会、2021年12月10日閲覧。
  17. ^ 日本で初めて新種と記載されたトリュフ ―国産トリュフの人工栽培に向けて― 森林総合研究所
  18. ^ 宇田川悟『食はフランスに在り』小学館ライブラリー、1994年、62-67頁。ISBN 978-4062025898
  19. ^ a b c d キノコの栽培方法 -トリュフ類(Tuber spp.) (PDF)”. 特許庁. 2016年10月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年10月12日閲覧。
  20. ^ a b 大和弥寿、国内トピックス」『日本食品保蔵科学会誌』 2001年 27巻 3号 p.165-167, doi:10.5891/jafps.27.165
  21. ^ Giant truffle sets record price BBC News. Sunday, 2 December 2007
  22. ^ 世界一高価な2300万円の白トリュフ、香港の晩さん会に AFP通信 2007年11月15日


「トリュフ」の続きの解説一覧

トリュフ(Truffles)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 08:31 UTC 版)

ピーナッツ (漫画)」の記事における「トリュフ(Truffles)」の解説

ライナススヌーピーを豚がわりにしてトリュフ狩り行った森の中で出会った女の子で、スヌーピーライナスハートつかんでいる黒髪他のキャラクターよりも比較的目が大きくリボンをつけている。ライナス巡りサリー大喧嘩したことがある鶴書房版では名前が「しょうろ」と訳されていて、これはトリュフの和名が“松露しょうろ)”であることに由来している。またキャラクター紹介では英語名読みが「トラッフルズ」とされていた

※この「トリュフ(Truffles)」の解説は、「ピーナッツ (漫画)」の解説の一部です。
「トリュフ(Truffles)」を含む「ピーナッツ (漫画)」の記事については、「ピーナッツ (漫画)」の概要を参照ください。


トリュフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/15 15:05 UTC 版)

パルムの樹」の記事における「トリュフ」の解説

アルカナ辺境の地で、辺り一面砂地広がっているパルム造り出されたところ。

※この「トリュフ」の解説は、「パルムの樹」の解説の一部です。
「トリュフ」を含む「パルムの樹」の記事については、「パルムの樹」の概要を参照ください。


トリュフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/15 14:39 UTC 版)

クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!」の記事における「トリュフ」の解説

5つ星A級グルメラヴァーズ一人オネエ系の男性モデルKABA.ちゃん

※この「トリュフ」の解説は、「クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!」の解説の一部です。
「トリュフ」を含む「クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!」の記事については、「クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「トリュフ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

トリュフ

出典:『Wiktionary』 (2021/06/26 07:52 UTC 版)

名詞

トリュフ

  1. 西洋松露食材名。

発音(?)

と↘りゅふ

翻訳


「トリュフ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

トリュフのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



トリュフのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本チョコレート・ココア協会日本チョコレート・ココア協会
Copyright (c) 2022 chocolate & cocoa association of japan All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトリュフ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのピーナッツ (漫画) (改訂履歴)、パルムの樹 (改訂履歴)、クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのトリュフ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS